タグ:チョウ ( 273 ) タグの人気記事

旅立ち・・・

 今日も昨日に引き続き、荒れ模様だった天気のせいで庭じゅうに散らかった落ち葉を掃除。秋の風情を乗せて漂う煙を見やりながら、ふとツワブキを見ると、何と!小さいホシホウジャクが飛来してるではないですか!

 しかし、あいにく手元にカメラはないし、ヒマを持て余して「早く掃除が終わらないか」と待機していたネコ共がウロウロしてるし…で、今まで撮ってない「ツワブキとホシホウジャクの取り合わせ」は撮れず終いでした(^_^;

 「もう居ないだろうな」なんて思いながら裏山へ行くと、すっかり茶色が多くなった一面に、ポツリポツリと咲く名残の花に、いくつかの昆虫が来ていました。 お互い元気で、また来年も会いたいね!

d0089024_2164558.jpg

↑  0183
百日草にアズチグモが、と思ってカメラを向けると「おやー!?」普段「巣」を張らない蜘蛛なのに糸を出してる!



d0089024_219583.jpg

↑  0184
そうです。例の「糸を風に乗せて飛び立つ」準備をしていたのです。でも、そういう状況と言うことは、風が強いということで・・・。ピントが定まりません! もっと悔しいのは、「今だ!」と、飛び立つ瞬間にシャッターを切ったのですが、無反応!バッファーが一杯でした(-_-;
 でも、写真にこそ撮れませんでしたが、その一瞬に立ち会えたのですから幸せです。


d0089024_21201456.jpg

↑  0185
ホシホウジャクです。時期を外して、仲間と会う確立も少なく孤独で・・・だけど精一杯生きて…。


d0089024_21244247.jpg

↑  0186
多分今年最後のホシホウジャク君だから…何枚かアップしちゃおう(^^)


d0089024_21262254.jpg

↑  0187
羽の運動が単なる上下動じゃないことが良く判ります。


d0089024_21282712.jpg

↑  0188
これはサルビアで吸蜜。


d0089024_2130245.jpg

↑  0189
キチョウも居ました!
d0089024_2132063.jpg

↑  0190
そしてヒメアカタテハも・・・今年会えた昆虫たちにありがとう!来年もよろしくね(^^)
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-10-26 21:33 | 昆虫
 昨日・今日と、絶好の撮影日よりでしたが、あいにくこういう時に限って雑用が一杯。少しだけ裏山を偵察しましたが、ここは地形からか「風の道」になってて、我が家が無風の時でも常に風が吹いている・・という「ありがた涙」が出そうな場所で、今日も花マクロは問題外!

 それでも今年最後になるかもしれないアオスジアゲハに出会えました。羽根も随分傷んでて、それでも精一杯蜜集めして・・出来る限り綺麗に撮ってやろうと思いました。

d0089024_1944194.jpg

↑ 0169
僕が何故アオスジアゲハが好きかというと、このシンプル且つ大胆なストライプの模様が「自然の創作」と思えないぐらいに美しいからです。…最新のモダンアートにも匹敵すると思いませんか!?
ウインドサーフィンの帆(?)やスポーツカイトのデザインでも似合いそうです!



d0089024_19483870.jpg

↑ 0170
しかもこのブルー…透過光で見ると一層美しく、ブルーも微妙に変化してるんですよね。


d0089024_19515583.jpg

↑ 0171
で、花も随分傷んできた百日草の葉上で、セセリチョウが何やら怪しい動きを・・。メスを巡って2匹の雄が恋のサヤアテ中!(僕にはセセリチョウの雌雄を判断する能力はありませんから、「状況」で雌雄を推察しています)


d0089024_19545211.jpg

↑ 0172
まず1匹の♂がアタック!盛んに♀のお尻のあたりを頭?で突付いています。


d0089024_19563483.jpg

↑ 0173
すると、すかさず別の♂も割り込んで「俺だって彼女が好きだよー!」


d0089024_19575268.jpg

↑ 0174
たちまち♀を巡って「取っ組み合い」のバトルが・・(^^ゞ でも、人間と違って「武器」などの卑怯で野蛮な手段は用いないし、ましてや某国のように核兵器もちらつかせないし・・・平和なもんです…昆虫の世界は。 この後メスが急に飛び立ち、2匹の♂も我先に後を追っていずこかへ飛び去りました(^^)


d0089024_2015425.jpg

↑ 0175
帰りがけに見つけた蜘蛛の巣。どうしてこういうパターンが出来たかは不明ですが、蜘蛛の糸は時に思いがけない模様を見せてくれて楽しいですね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-10-09 20:06 | 昆虫

徐々に秋も深まり・・

 裏山に咲く花も少なくなり、必然的に昆虫たちも減ってきてるように感じます。でも、そんな状況ゆえか、健気に頑張ってる昆虫たちを見つけると、思わず「頑張れ!」とエールの一つも送りたくなるのは、人間の勝手な感傷なのでしょうね。

d0089024_15145478.jpg






→0145
鬱蒼とした木陰の中、一瞬白い帯がヒラヒラしたと思ったら、傍の墓石に停まったのがこれ。これはホタルガで間違いないと思いますが…(^^; それにしても実に美しくて立派な触角ですね。



d0089024_15191069.jpg






→0146
別アングルで。この立派な触覚も、真っ赤な頭部も、そして鮮やかな羽根のラインも・・みんな理由があってのことなんでしょうが…


d0089024_15234079.jpg






→0147
紫蘇の花ではバッタ君が休憩中


d0089024_15265888.jpg

↑ 0148
夕べから降ったり止んだりしている雨。里芋の葉。


d0089024_15293617.jpg

↑ 0149
何の花もそうですが、紫蘇も美しいですね(^^)


d0089024_1533571.jpg

↑ 0150
今年は例年に比べ極端に少なかったアオスジアゲハ。まるで「残された時間は少ない・・」とでも言ってるかのように気ぜわしく飛び回っていました。


d0089024_15401046.jpg

↑ 0151
足元にはこんなのも・・。生きていた時と遜色ない虹色の輝きが、かえって命の儚さを感じさせます。


d0089024_1543388.jpg







→ 0152
 むかご。…秋なんですねえ


d0089024_15462454.jpg

↑ 0153
このアゲハはご覧のように羽根がボロボロでした。厳しい生存競争を生き抜いてきたのでしょうか…。こんな身体になって尚、精一杯生き続ける姿は美しくも哀しいですが、同時に「大切な何か」を教えてもらってる気もします。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-10-01 15:52
d0089024_2037370.jpg

↑ 0126
アカタテハは鶏頭の花が好きなようで、キアゲハなどが百日草に夢中になってても、ここを離れません(^^)



d0089024_20395429.jpg

↑ 0127
思い切り近付いて・・
 

d0089024_20432933.jpg

↑ 0128
こちらの鶏頭で、ヒラタアブが何やら熱心に「お仕事中」


d0089024_20454748.jpg

↑ 0129
良く見ると尻尾を花にこすり付けてるような・・


d0089024_20472198.jpg

↑ 0130
これって産卵かも!トリミング有り


d0089024_20495456.jpg

↑ 0131
ツバメシジミも来ました! もう少しましなアングルが欲しかったのですが、強風でピントが定まらず・・(^^;


d0089024_20521064.jpg

↑ 0132
フジカンゾウ(ナイルさんに教えて頂いた)にはハナムグリが…


d0089024_20533523.jpg







→ 0133
こんなキリギリス系の昆虫も(ツユムシ?)


d0089024_20554451.jpg







→0134
全く日の当たらない崖にはこんなキノコも。冬以外なら殆ど何らかのキノコが生えますが、やはり秋が似合います


d0089024_2059757.jpg

↑ 0135
数日前から良い香りを漂わせてるキンモクセイに飛来するヒラタアブ。メジロも飛来してましたが、一緒に屋根まで登ってきたチビ(猫)の振りまく愛想を無視してたら、足の指をかじられて中断(^^ゞ
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-25 21:03
 短い一生を精一杯生きている昆虫たちは、少しでも雨がおさまれば「我先に」吸蜜に、求愛に・・と寸暇を惜しんで頑張ってます。…見習わなくちゃ(^^ゞ

d0089024_17492942.jpg




→ 0109
吸蜜中の♀を見つけしつこく言い寄る♂・・「身につまされるなあ」(^^ゞ



d0089024_1852696.jpg

↑ 0110
熱心さが伝わったのか、求愛成功!でいざハネムーンに。このアングルは横から狙うよりもかなり難しいです。


d0089024_1882958.jpg

↑ 0111
今の時期、なかなか傷んでいない固体には出会えないので、思わず「記念写真ポーズ」で・・。


d0089024_18123049.jpg

↑ 0112
一瞬♂♀のペア?…と思いましたが、よく見ると羽根の先端が違いますね。


d0089024_18145145.jpg







→ 0113
こちらはネギの上で休憩中!?・・実は少し強い風が吹いていて、一生懸命羽根でバランスを取っています(^^)


d0089024_18171556.jpg

↑ 0114
アオドウガネ?でしょうか。甲虫は角度によってはとても美しいですね。


d0089024_18225011.jpg

↑ 0115
ショウジョウバッタ?でしょうか。ネギの上で瞑想中(^^)


d0089024_1839518.jpg

↑ 0116
芙蓉って見かけは豪華なのに虫が来ないなあ…なんて思ってたんですが、ちゃんと来るのが居るんですね(ホシホウジャク)因みにオオスカシバはこの花は見向きもしませんでした。


d0089024_1831877.jpg

↑ 0117
足元の草むらでは雨を避けるようにヤマトシジミ?がひっそりと・・


d0089024_18321390.jpg

↑ 0118
ナミハナアブでしょうか? 乗っているのが韮の実ですから大きさが測られますね。 これを撮ってからハっと気付いて、ナイルさんが同定し易いアングルでも撮らなきゃ…と思ったらサっと飛び去りました(^^;
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-19 18:41 | 昆虫

昨日の続き・・(^^;

 タネが尽きたわけでも、出し惜しみでもないのですが、昨日は「う~ん!?」というのを撮ったので、アップしませんでしたが、せっかく撮ったのだからと…アップしておきます。

d0089024_2241177.jpg

↑ 0100
アゲハチョウが停まる花も季節に従い春先とはすっかり様変わりしてきました。



d0089024_22445284.jpg

↑ 0101
キタテハ・・でしょうか? 歴戦の後が痛々しいですね。


d0089024_22461782.jpg

↑ 0102
これが問題のハテナ?の蝶ですが、ナガサキアゲハではないのでしょうか?「昆虫エクスプローラー」を見ると「そうかな?」とも思えるのですが・・羽根は傷んでないです。


d0089024_22494054.jpg

↑ 0103
どうなんだろう・・


d0089024_22511497.jpg

↑ 0104
もし、そうだったら初見になるので凄く嬉しい!


d0089024_22523664.jpg

↑ 0105
このヒョウモンも随分羽根が傷んでます。


d0089024_22553957.jpg

↑ 0106
モンシロチョウ(多分)もあまりに普通で大騒ぎされない蝶ですが、やはり美しいですね。これでアゲハチョウ位の大きさだったら見事だと思う。


d0089024_225822100.jpg

↑ 0107
韮の花の上では、名称不詳の蛾が…蛾は同じようなのが多くて、僕には同定するのは無理です(^^;


d0089024_22595919.jpg

↑ 0108
最後はマイコアカネ。この日は2匹居ました(^^;
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-18 23:03 | 昆虫
いつものように裏山と我が家の曼珠沙華で見かけた昆虫たちです。

d0089024_21264546.jpg

↑ 0088
例年、真っ先にオオスカシバがやって来るのがこのサルビアなのですが、今年は数匹が百日草に飛来しただけでした。諦めかけていたら今日は飛来してくれました。




d0089024_21295749.jpg

↑ 0089
こちらは百日草。色が茶色っぽかったので、一瞬ホウジャクかと思いましたがオオスカシバのようです。



d0089024_21314578.jpg

↑ 0090
こちらはハナアブの一種でしょうか…



d0089024_21324950.jpg

↑ 0091
トンボ(敢えて種類には触れません…笑)も赤が濃くなりました。・・婚姻色?


d0089024_21352693.jpg






→ 0091
ノシメトンボ?とこれまた名前の判らない綺麗な蔓性の花



d0089024_21371851.jpg

↑ 0092
今日はクロではなく普通のアゲハ。ちょうど木漏れ日の中に花と蝶とが収まってくれました(^^)



d0089024_2139488.jpg

↑ 0093
このシチュエーションだと、カラスアゲハではお手上げです(^^; 
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-16 21:43
 我が家でも、もう曼珠沙華が咲き誇りだしましたが、今日はナガサキアゲハのペアが花の周りで優雅に舞っているのを見かけました。

 その場所は、日差しが殆ど当たらず(従って背景は真っ暗)、ある時間帯だけ「木漏れ日」がマダラに当たり、明暗差最大という悪条件。しかも何故かカメラ(α7D)がレンズをちゃんと認識せず、ファインダー内情報表示がデタラメで、絞り値は出ず、シャッター速度も「あり得ない」数値が…(-_-;

 グズグズしてて折角のチャンスを逃すのも悔しいので、運を天に任せて撮り続けましたが、案の定、飛翔中のカットはブレてほぼ全滅! 停まっているのもアゲハが真っ黒につぶれてるか、曼珠沙華がトビ気味かのどちらかでした。 かろうじて鑑賞に堪えるのを何枚か・・(^^;

d0089024_21155955.jpg








→ 0082
蜘蛛は本能的に花の場所を知るのでしょうが、やはり不思議です



d0089024_21182782.jpg

↑ 0083
Exif見ると絞りがF1.0に・・レンズの開放F値はF3.5です(-_-;


d0089024_2126272.jpg

↑ 0084
トーンカーブをいじってます


d0089024_21265739.jpg

↑ 0085
これも少し補正を・・


d0089024_2128135.jpg

↑ 0086
こちらはクロアゲハ。レンズを付け直したりバッテリーを抜いたりして、カメラが正常になってからの撮影。少しだけ幻想的に(^^ゞ
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-15 21:31 |
 ルンルン気分で優雅に飛び回れる日々も残り少なくなり、裏山の百日草へも寸暇を惜しむかのように一匹の新人アゲハチョウ君が…。 彼をめぐって「ちょっとした事件」がありました。 とは言え、自然界では日常茶飯事なのでしょうけど・・

d0089024_16411127.jpg

↑ 0071
嬉しいな♪ 今日はオイラしか居ないから百日草独り占めだもんね!




d0089024_16432559.jpg

↑ 0072
あっちの花も蜜が多そうだなぁ…♪



d0089024_16451879.jpg

↑ 0073
どの花が美味しいか目移りしちゃう(^^;



d0089024_16472319.jpg

↑ 0074
これがいいや! あらよっと♪



d0089024_1650203.jpg

↑ 0075
でも、こっちの百日草の株には先日もアップしたこんなのが待ち構えてるよ!



d0089024_1654062.jpg







→0076
ほらーっ、やっぱり見てる!
 このあと同じような絵が続きますが、カマキリの微妙な変化に御注目(^^ゞ


d0089024_16562479.jpg






→0077
ソロソロと下へ降りて体と茎を一体化させる…


d0089024_1659656.jpg






→ 0078
そうとは知らずにこちらへ移るアゲハチョウ! 茎と完全に一体化したカマキリ!


d0089024_1712775.jpg






→ 0079
とうとう停まった! カマキリも臨戦態勢に・・・


d0089024_1722473.jpg






→ 0080
一瞬、パチっという音がしたと思ったら、すんでのところでアゲハチョウがカマキリの魔手から逃れたところでした。アゲハが逆さまなのは「身を翻した」から。リサイズで判り難いですが、鱗粉が飛び散っています。



d0089024_179072.jpg

↑ 0081
少し離れた場所では、こんな虫が何事もないように・・
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-12 17:13 | 風景

夏から秋へ

 今日(10日)の日中はとても暑く、昆虫も花も一月前となんら変わりがないようでも、夕日の赤の濃さに「秋が近付いてるんだなあ…」と実感させられます

d0089024_1223119.jpg

↑ 0054
春先がそうであるように、秋が近付くと蝶たちの動きも忙しさを感じさせます




d0089024_1254447.jpg

↑ 0055  
昨日の蝶と種類は同じでも、よく見ると顔ぶれが違ってて



d0089024_128830.jpg

↑ 0056  
休耕田の雑草の上では、トンボが子孫繁栄の相手を求めてスーイスイ・・



d0089024_1295292.jpg

↑ 0057  
でも、気付けばいつの間にか彼岸花…



d0089024_1321698.jpg








→ 0058
まるで「お彼岸」の時期を知ってるかのように、決まってこの時期に・・



d0089024_134082.jpg

↑ 0059  
黄昏時のトンボは殊の外美しい



d0089024_1365083.jpg

↑ 0060  
チャトランのお腹は白だけど、夕日を浴びて黄金色に



d0089024_1375579.jpg








→ 0061
逆光に輝く毛は美しい(=^o^=)



d0089024_13959.jpg

↑ 0062  
もう一枚、夕日に浮かぶトンボ・・
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-11 01:40