タグ:SONY α700 ( 51 ) タグの人気記事

SONYのSAL50F14 (50mm f:1.4)は、ツアイスやGレンズといった「高級レンズ」とは価格も造りも別世界のお手軽レンズだが、50mmという焦点域が古くからの標準レンズということもあり、非常に美しい写りをみせてくれます。

また、APS-Cサイズで使うと、換算で75mm相当の画角になり、いわゆるポートレートに手頃な焦点域となるのですが、人物写真をネットで公開するリスクは大きく、僕もネコだけ公開してきました。

ところで、お気楽な僕が、ここEXITEブログのアクセス解析で、どんなキーワードでアクセスされてるかを知ることが出来るのに気付いたのは最近のことなんです(^^;

で、いろんなキーワードでアクセスして頂いているのですが、毎月必ずレンズの項目があるんですね。そして50mm f:1.4も数は少ないですがキーワードに含まれてます。

今回モデルになってくれた女性はAさん。笑顔が素敵な美人さんです(^^)
これは、白熱灯にカラオケの明かりもプラスされてる条件の悪い中で、Aさんんも動いている一瞬で、厳密には被写体ブレもあるのですが、大まかなレンズの性質も判り、かつバストアップと違い、当人を特定しにくい(知らない人が)カットを選びました。(掲載承諾済)

※ α700 SONY SAL50F14 ISO 640 F:1.4 SS 1/50  1200×800ピクセル

d0089024_21605.jpg

↑ 2235  印象としては、このカットの通りで、ボケへの変化が非常に滑らかで、ボケ自体も美しく、思ったとおりポートレートには打ってつけのレンズです。
 
d0089024_7225248.jpg

↑ 2236  追加カット A-2ちゃん。 これを撮った場所は、いろんな照明や道具がゴチャゴチャと煩く、DT16105などで撮った写真は「記念写真」になってしまったのがウソのようです。

d0089024_7284634.jpg

↑ 2237  ストロボテストのカット。 上方の照明が楕円状なのはスポットライト(の口金)を斜めから撮ってるので…
ちなみに写真にはあまり詳しくない彼女たちも、別カットなどで、背後のボケが綺麗だと喜んでくれました(^^)
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-10-27 21:08 | カメラ・ レンズ
昨日も触れたが、このレンズ大きなボケは期待できないが、十分な解像力と柔らかな描写は、なかなか秀逸だと思います。AFもさすがに純正だけあって、僕が多用するTAMRONやSIGMAと違って、迷うことも少なく、精度も合格です。

d0089024_1459415.jpg

↑ 2229  70mm

d0089024_150252.jpg

↑ 2230  105mm 十分な解像力ですね。

d0089024_1514877.jpg

↑ 2231  70mm

d0089024_1531762.jpg

↑ 2232  24mm  ※クリックで 1800×1200ピクセル

d0089024_155314.jpg

↑ 2233  60mm   ※クリックで 1800×1200ピクセル

d0089024_1564230.jpg

↑ 2234  90mm  ※クリックで 1800×1200ピクセル
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-10-26 15:18 | ネコ

にゃんこネタ

僕の(今の)撮影スタイルは、どうしてもマクロレンズ…それも90mm…の出番が多い。
街撮りや人物スナップなら、他のレンズも出番があるのだが、出かける機会が皆無に等しいです。

で、「出番が少ないけどお気に入り」レンズの、SONY DT16-105 でニャンコを撮ってみました。このレンズ、価格相応というか…もう少し明るければ、というのはあるけど、特に広角寄りの解像度は文句無しだし、ネコの毛も柔らかに描写してくれるしで、遠距離での望遠端で若干甘くなるのを我慢すれば、動き回るネコ撮りには十分楽しめるレンズです。

d0089024_19187.jpg

↑ 2255 屋根の上で西日を受けて…  ※50mm

d0089024_1932315.jpg

↑ 2226 同じく屋根の上で  ※105mm

d0089024_1941685.jpg

↑ 2227 これは18mmで

d0089024_1952399.jpg

↑ 2228 これは35mmで
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-10-25 19:07 | ネコ

赤とんぼ♪

ミゾソバを撮っていると、いわゆる「赤とんぼ」の連結飛行に出遭えた(^^)
しかし、前述したように、ここは休耕田で荒れ放題。雑草も生い茂り、背景も煩いし…

ということは、「よけいなもの」が入り込んでピントも確認しづらいし、おまけに長靴がめり込んで足場はふらつくし~で、
まあ満足出来るレベルのショットはこの2枚だけです。

※ α700 & TAMRON 180mm MACRO TORIMMING

d0089024_13355842.jpg

↑ 2211

d0089024_13363479.jpg

↑ 2212

この他にも思わぬ珍客も来てくれて…それはまた明日以降に。 あと数回はミゾソバが続きそうです。
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-10-14 13:47 | 昆虫
自然は面白いですね。
しばらくは、まったく変化を感じさせない日々が続き、ある時は「たった一日」で大きく様子が変わることがあります。
季節の変わり目が、まさにそうですね。

いつもの裏山で小さなアカトンボを見かけました。 えーっと、僕は昆虫を叙情的にしか捉えてないので、
「それは何々トンボです」なんて野暮は無しでお願いします。

「夕焼け小焼けのアカトンボー♪」の「アカトンボ」を「やれ何々トンボだ…」なんて詮索する人は居ないです。
まあ絵が叙情的に撮れてるかは別ですが(^^;

α700 & TAMRON 180mm MACRO

d0089024_1894946.jpg

↑ 2167

d0089024_18103569.jpg

↑ 2168
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-10-04 18:14 | 昆虫

クマバチ3題

ズングリした体躯にまっ黒け! おまけにギョロリと大きな目玉で重そうに飛ぶクマバチは、初めて遭遇すると、正直かなり怖いです。

でも、ハナバチの仲間であることからも分かるように、温和な性格で、それが解ってから見ると、スズメバチなどとは異質の凶暴さを感じさせないユーモラスな顔つきに見えてくるから…人間って勝手なものですね(^^;

d0089024_22492053.jpg

↑ 2037

d0089024_22495658.jpg

↑ 2038

d0089024_22505367.jpg

↑ 2039  曇天時はやはりストロボを使用するとシャープな絵が得られますね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-08-31 22:52 | 昆虫

ホウジャクも・・・

↓のオオスカシバを撮影した時には、ホウジャクにも遭えました。 あいにくの曇天で解像感やヌケが今一つなのですが、暫く更新しなかった「穴埋め」ということで(^^;

d0089024_15352593.jpg

↑ 2030

d0089024_15355224.jpg

↑ 2031
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-08-28 15:36 | 昆虫

オオスカシバ

今日は、なかば強制的に撮影時間を作った。(お昼を利用して2時間ほど)

「粗製乱造」だが、何日分かのストックも確保できたし・・・しかし、久しぶりにカメラにだけ意識を集中する時間は、やはり良いものですね(^^)

除草剤の影響で、数年前とはすっかり様変わりした裏山ですが、百日草にオオスカシバが飛来してくれました。しかし他人様の畑でもあり、あまり踏み込めません。途中180mmに付け替えてたら、どこかへ飛び去ってしまいました(^^;

しかも、この場所は上を木々が覆い、しかも曇天だったので被写体ブレのオンパレードで参りました(^^;

そして何より透明の美しい羽根の輝きが得られなかったのが残念ですが…遭えただけでも良しとしましょうか。

d0089024_2114744.jpg

↑ 2026

d0089024_21145490.jpg

↑ 2027

d0089024_21152731.jpg

↑ 2028

d0089024_2116819.jpg

↑ 2029
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-08-27 21:29 | 昆虫

ひまわり

d0089024_23383231.jpg

↑ 2019  ホームセンターの駐車場から。風でユラユラ揺れていたので、ピントも構図も風任せに (^^ゞ
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-07-30 23:40 |

大相撲

昨日(5月19日)は、親しい友人たちと国技館に行ってきました。
相変わらず狭すぎる升席で、呑んで食べて…が主目的の集まりで、勝負の結果もろくに覚えていないし、写真も「定点観測」になってしまいましたが、まあ「日記風」ということで・・・

それはそうと、僕たちの後ろの席で、なんと巨匠の篠山紀信さんが、お弟子さんたちと一緒に巨大な白レンズで撮影されているではないですか! 力士のような「公人」ではないので、写真に収めることはご遠慮しましたが、ご挨拶をして握手をして頂きました\(^^)/

撮影はすべてα700とTAMRON A061(28-300) Pモード撮影。ISO1600 1000×667ピクセルです。

d0089024_193091.jpg

↑ 1733
朝青龍の土俵入り

d0089024_1940313.jpg

↑ 1734

d0089024_19403850.jpg

↑ 1745
土俵入りは、年季の違いがモロに出て、朝青龍が風格で勝っています。

d0089024_19424083.jpg

↑ 1746
かたや白鳳の土俵入り。例の「日の丸おじさん」も後方で頑張ってますね(^^;)

d0089024_19433560.jpg

↑ 1747
肌の色つやが、やや物足りないなあ…と感じました。

d0089024_19453453.jpg

↑ 1748
おなじみ高見盛の入魂儀式(^^; 勝っても負けても館内は大喜び。今や貴重なキャラクターですね

d0089024_19485459.jpg

↑ 1749
琴欧州。やはり端正な顔立ちですね。

d0089024_19502890.jpg

↑ 1750
魁皇。いつまで続けられるのでしょうか・・・

d0089024_19515491.jpg

↑ 1751
琴光喜
もう少し何とかならないか…見てるほうがもどかしいです。頑張れ!

d0089024_19535244.jpg

↑ 1752
審判長の貴乃花。説明も上手でした。

d0089024_19552987.jpg

↑ 1753
篠山紀信さんたちの「大砲」 この長物にテレコンまでかましてました(^^;
左の若い方がお弟子さん。右の女性はアシスタントかお嬢さんかなぁ? その間に巨匠が・・・
※ これのみ700×467ピクセル
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-05-20 20:00