タグ:SONY α700 ( 48 ) タグの人気記事

ムラサキケマン

d0089024_12512296.jpg

↑ 2777  いよいよ草花が咲き競うようになってきました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-03-25 12:53 |

ホソミオツネントンボ

d0089024_14305391.jpg

↑ 2714  W120+AC-5

d0089024_14321714.jpg

↑ 2715  α700で撮ると… ※TAMRON SP90mm MACRO

d0089024_14335271.jpg

↑ 2716  W120+単眼鏡マクロ ストロボ併用
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-02-16 14:36 | 昆虫

在庫整理

撮影日はバラバラですが、No.2226以外すべて SAL70300Gでの撮影です。

d0089024_18494188.jpg

↑ 2220  アオサギ…だと思う。 ※SAL70300G

d0089024_18514217.jpg

↑ 2221  ※SAL70300G

d0089024_1852191.jpg

↑ 2222  鳥たちの水浴びは、どこかユーモラスです。  ※SAL70300G

d0089024_18535945.jpg

↑ 2223  鳶でしょうか  ※SAL70300G

d0089024_18563073.jpg

↑ 2224  こちらは館山で。やはりアオサギでしょうか  ※SAL70300G

d0089024_18581484.jpg

↑ 2225  岩陰から顔を出すと敏感に察知して飛び去ってしまう。  ※SAL70300G

d0089024_1903063.jpg

↑ 2226  コガモ…かな? 近所で。   ※ これのみTAMRON 200-500mm 1000×667
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-01-29 19:09 |
SAL70300G作例も「マクロ風」が続いたので今回は普通の遠景なども…

d0089024_17432660.jpg

↑ 2309  千葉港で  70mm

d0089024_1744966.jpg

↑ 2310  同上 300mm

d0089024_17543333.jpg

↑ 2311  花の美術館で  70mm

d0089024_17554691.jpg

↑ 2312  同上 300mm 当たり前ですがピクセル等倍では、パンの袋に印刷された文字が読めるのはもちろん、おじさんの指先がひび割れしてるのも解像しています。

d0089024_1757824.jpg

↑ 2313  カモ  300mm

d0089024_17583520.jpg

↑ 2314  餌を求めて動き回るハトには「カメラまかせ」でのAFには辛いものが…

d0089024_180373.jpg

↑ 2315  なかなか良いボケ味だと自己満足  ※これのみ1000×667ピクセル

d0089024_1805724.jpg

↑ 2316  ブロンドは逆光に美しいですね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-05 18:04 | カメラ・ レンズ
d0089024_1294131.jpg

↑ 2301  300mmともあいまって、背景が多少煩わしくても安心して撮れる。  ※200mm

d0089024_121211.jpg

↑ 2302   ※ 300mm

d0089024_12134069.jpg
  
↑ 2303   ※ 230mm

d0089024_12142110.jpg

↑ 2304  ※ 1000×667ピクセル 300mm

d0089024_12162230.jpg

↑ 2305  ボケが汚くない。 ※ 300mm

d0089024_12171990.jpg

↑ 2306 ボケかたと、葉の描き分けを見てみる ※ 300mm

d0089024_12195964.jpg

↑ 2307  もう少し明るいレンズなら、と思わせるショット。 ※ 300mm

d0089024_12214249.jpg

↑ 2308  これは「気合いを入れて」撮ったカット。 ※ 300mm
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-04 12:27 | カメラ・ レンズ
Gが付く初のレンズがズームというのも、「小心者」っぽい気もしますが、ひと頃の品不足も解消され、入手しやすくなったようで、発注から2日で入手できました。

製品を手にした印象は、TAMRONのA061よりも大きく重いこと。それと、フードが巨大!

肝心の操作性や写りはこれから徐々に検証していこうと思いますが、ざっと判ったことは…

1、さすがにSSMだけあって、AF駆動音は静かです(ほぼ無音)
2、しかしα700のAF性能もあってか、合焦速度は期待してはいけない。
3、解像度はTAMRONよりも若干シャープ(この辺りのニュアンスは微妙)。
4、コントラストはTAMRONより明らかに上回る。
5、ボケが非常に美しい(これが欲しかった最大の理由ですが)
6、最短撮影距離がもう少し短ければ(基本性能が良いだけに)

といった、ところでしょうか。

花も昆虫も少なくなり、ネタ切れ気味なので、これからしばらくレンズレポートまがいの記事を続けようと思います。
なお、撮影は基本的に絞り優先。AF微調整なし、ボケを見るために敢えて背景が煩い被写体もあります。

d0089024_22471337.jpg

↑ 2293  ムラサキシジミ  300mm

d0089024_22484748.jpg

↑ 2295  同上ピクセル等倍 ※ 1068×712ピクセル

d0089024_22505712.jpg

↑ 2296  50%リサイズのみ。 ※ 2136×1424ピクセル  300mm

d0089024_22553027.jpg

↑ 2297  A061では出せなかったボケです。 300mm

d0089024_22563836.jpg

↑ 2298  「リュウノヒゲ」とモミジ。 300mm

d0089024_22591584.jpg

↑ 2299  同じ被写体をTAMRON 90mm MACROで撮影。実はこれを撮った時点ではSAL 70300 が納品されると分からなかったので、撮影目的は別で従って撮影時刻も離れています。

d0089024_2314697.jpg

↑ 2300  こちらはシグマ 24mm F1.8での撮影。
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-03 23:18 | カメラ・ レンズ

シダ

d0089024_181759.jpg

↑ 2257

d0089024_1818572.jpg

↑ 2258

d0089024_18184687.jpg

↑ 2259

d0089024_1820283.jpg


→ 2260
上と同じ場所で2週間後。
光の角度が変わってる。
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-11-07 18:22 | 植物
SONYのSAL50F14 (50mm f:1.4)は、ツアイスやGレンズといった「高級レンズ」とは価格も造りも別世界のお手軽レンズだが、50mmという焦点域が古くからの標準レンズということもあり、非常に美しい写りをみせてくれます。

また、APS-Cサイズで使うと、換算で75mm相当の画角になり、いわゆるポートレートに手頃な焦点域となるのですが、人物写真をネットで公開するリスクは大きく、僕もネコだけ公開してきました。

ところで、お気楽な僕が、ここEXITEブログのアクセス解析で、どんなキーワードでアクセスされてるかを知ることが出来るのに気付いたのは最近のことなんです(^^;

で、いろんなキーワードでアクセスして頂いているのですが、毎月必ずレンズの項目があるんですね。そして50mm f:1.4も数は少ないですがキーワードに含まれてます。

今回モデルになってくれた女性はAさん。笑顔が素敵な美人さんです(^^)
これは、白熱灯にカラオケの明かりもプラスされてる条件の悪い中で、Aさんんも動いている一瞬で、厳密には被写体ブレもあるのですが、大まかなレンズの性質も判り、かつバストアップと違い、当人を特定しにくい(知らない人が)カットを選びました。(掲載承諾済)

※ α700 SONY SAL50F14 ISO 640 F:1.4 SS 1/50  1200×800ピクセル

d0089024_21605.jpg

↑ 2235  印象としては、このカットの通りで、ボケへの変化が非常に滑らかで、ボケ自体も美しく、思ったとおりポートレートには打ってつけのレンズです。
 
d0089024_7225248.jpg

↑ 2236  追加カット A-2ちゃん。 これを撮った場所は、いろんな照明や道具がゴチャゴチャと煩く、DT16105などで撮った写真は「記念写真」になってしまったのがウソのようです。

d0089024_7284634.jpg

↑ 2237  ストロボテストのカット。 上方の照明が楕円状なのはスポットライト(の口金)を斜めから撮ってるので…
ちなみに写真にはあまり詳しくない彼女たちも、別カットなどで、背後のボケが綺麗だと喜んでくれました(^^)
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-10-27 21:08 | カメラ・ レンズ
昨日も触れたが、このレンズ大きなボケは期待できないが、十分な解像力と柔らかな描写は、なかなか秀逸だと思います。AFもさすがに純正だけあって、僕が多用するTAMRONやSIGMAと違って、迷うことも少なく、精度も合格です。

d0089024_1459415.jpg

↑ 2229  70mm

d0089024_150252.jpg

↑ 2230  105mm 十分な解像力ですね。

d0089024_1514877.jpg

↑ 2231  70mm

d0089024_1531762.jpg

↑ 2232  24mm  ※クリックで 1800×1200ピクセル

d0089024_155314.jpg

↑ 2233  60mm   ※クリックで 1800×1200ピクセル

d0089024_1564230.jpg

↑ 2234  90mm  ※クリックで 1800×1200ピクセル
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-10-26 15:18 | ネコ

にゃんこネタ

僕の(今の)撮影スタイルは、どうしてもマクロレンズ…それも90mm…の出番が多い。
街撮りや人物スナップなら、他のレンズも出番があるのだが、出かける機会が皆無に等しいです。

で、「出番が少ないけどお気に入り」レンズの、SONY DT16-105 でニャンコを撮ってみました。このレンズ、価格相応というか…もう少し明るければ、というのはあるけど、特に広角寄りの解像度は文句無しだし、ネコの毛も柔らかに描写してくれるしで、遠距離での望遠端で若干甘くなるのを我慢すれば、動き回るネコ撮りには十分楽しめるレンズです。

d0089024_19187.jpg

↑ 2255 屋根の上で西日を受けて…  ※50mm

d0089024_1932315.jpg

↑ 2226 同じく屋根の上で  ※105mm

d0089024_1941685.jpg

↑ 2227 これは18mmで

d0089024_1952399.jpg

↑ 2228 これは35mmで
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-10-25 19:07 | ネコ

写真雑記帳


by real_gontanopapa