タグ:SAL70300G ( 185 ) タグの人気記事

いずれもα700とSAL70300Gにて撮影

d0089024_1643924.jpg

↑ 2147

d0089024_16434378.jpg

↑ 2148  


d0089024_16441212.jpg

→ 2149


d0089024_16451928.jpg

↑ 2150

d0089024_16455216.jpg

↑ 2151

d0089024_16462152.jpg

↑ 2152

d0089024_16472025.jpg

↑ 2153
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-11 16:41 | 自然

定点観察(市原海岸)

夕陽の写真も意外に難しい。雨が降ってたり厚い雲がたれこめててはもちろん話にならないが、「雲ひとつない」スカっとした晴れ…でも写真になりにくい。

ドラマティックな絵になりにくい、というのもあるが、なにより太陽自身が明るすぎて、太陽を「丸い形も判らない」くらいに飛ばして周りのグラデーションを救うか、周りのグラデーションには目をつぶって太陽の形をきれいに出すか(それでも太陽は白いまま)…のどちらかになる。

太陽光の赤みが強く、それを美しく反映する「理想的な形」の雲があり、かつ遠くの地形なども適度に認識できる日は、年に一度あれば良いほうである。

この日もまさに、「二者択一」を迫られる日で、こういう時は無理に太陽を入れないで、「残照」の赤を写したほうが良い結果を得られる…と個人の勝手な思い込み(^^;



d0089024_16525100.jpg

↑ 2339  太陽が貨物船の後ろに沈みきった瞬間。  SAL70300G 300mm

d0089024_16582666.jpg

↑ 2340  同上 70mm

d0089024_16591371.jpg

↑ 2341  同上 300mm

d0089024_1722133.jpg

↑ 2142  釣用桟橋。このように波も穏やかなのに「風が出てきたので閉鎖します」とのこと。

d0089024_1745378.jpg

↑ 2143  到着時には霞んで見えにくかった富士山も少しだけ鮮明に…  DT16105

d0089024_1764724.jpg

↑ 2144  少し寄ってみる。  SAL70300G 250mm

d0089024_1783399.jpg
→ 2145  化学工場から立ち上るスチームも夕日に染まって…
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-09 17:20 | 風景
SAL70300G作例も「マクロ風」が続いたので今回は普通の遠景なども…

d0089024_17432660.jpg

↑ 2309  千葉港で  70mm

d0089024_1744966.jpg

↑ 2310  同上 300mm

d0089024_17543333.jpg

↑ 2311  花の美術館で  70mm

d0089024_17554691.jpg

↑ 2312  同上 300mm 当たり前ですがピクセル等倍では、パンの袋に印刷された文字が読めるのはもちろん、おじさんの指先がひび割れしてるのも解像しています。

d0089024_1757824.jpg

↑ 2313  カモ  300mm

d0089024_17583520.jpg

↑ 2314  餌を求めて動き回るハトには「カメラまかせ」でのAFには辛いものが…

d0089024_180373.jpg

↑ 2315  なかなか良いボケ味だと自己満足  ※これのみ1000×667ピクセル

d0089024_1805724.jpg

↑ 2316  ブロンドは逆光に美しいですね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-05 18:04 | カメラ・ レンズ
d0089024_1294131.jpg

↑ 2301  300mmともあいまって、背景が多少煩わしくても安心して撮れる。  ※200mm

d0089024_121211.jpg

↑ 2302   ※ 300mm

d0089024_12134069.jpg
  
↑ 2303   ※ 230mm

d0089024_12142110.jpg

↑ 2304  ※ 1000×667ピクセル 300mm

d0089024_12162230.jpg

↑ 2305  ボケが汚くない。 ※ 300mm

d0089024_12171990.jpg

↑ 2306 ボケかたと、葉の描き分けを見てみる ※ 300mm

d0089024_12195964.jpg

↑ 2307  もう少し明るいレンズなら、と思わせるショット。 ※ 300mm

d0089024_12214249.jpg

↑ 2308  これは「気合いを入れて」撮ったカット。 ※ 300mm
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-04 12:27 | カメラ・ レンズ
Gが付く初のレンズがズームというのも、「小心者」っぽい気もしますが、ひと頃の品不足も解消され、入手しやすくなったようで、発注から2日で入手できました。

製品を手にした印象は、TAMRONのA061よりも大きく重いこと。それと、フードが巨大!

肝心の操作性や写りはこれから徐々に検証していこうと思いますが、ざっと判ったことは…

1、さすがにSSMだけあって、AF駆動音は静かです(ほぼ無音)
2、しかしα700のAF性能もあってか、合焦速度は期待してはいけない。
3、解像度はTAMRONよりも若干シャープ(この辺りのニュアンスは微妙)。
4、コントラストはTAMRONより明らかに上回る。
5、ボケが非常に美しい(これが欲しかった最大の理由ですが)
6、最短撮影距離がもう少し短ければ(基本性能が良いだけに)

といった、ところでしょうか。

花も昆虫も少なくなり、ネタ切れ気味なので、これからしばらくレンズレポートまがいの記事を続けようと思います。
なお、撮影は基本的に絞り優先。AF微調整なし、ボケを見るために敢えて背景が煩い被写体もあります。

d0089024_22471337.jpg

↑ 2293  ムラサキシジミ  300mm

d0089024_22484748.jpg

↑ 2295  同上ピクセル等倍 ※ 1068×712ピクセル

d0089024_22505712.jpg

↑ 2296  50%リサイズのみ。 ※ 2136×1424ピクセル  300mm

d0089024_22553027.jpg

↑ 2297  A061では出せなかったボケです。 300mm

d0089024_22563836.jpg

↑ 2298  「リュウノヒゲ」とモミジ。 300mm

d0089024_22591584.jpg

↑ 2299  同じ被写体をTAMRON 90mm MACROで撮影。実はこれを撮った時点ではSAL 70300 が納品されると分からなかったので、撮影目的は別で従って撮影時刻も離れています。

d0089024_2314697.jpg

↑ 2300  こちらはシグマ 24mm F1.8での撮影。
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-03 23:18 | カメラ・ レンズ

写真雑記帳


by real_gontanopapa