タグ:DSC-W120 ( 87 ) タグの人気記事

勝負あり!

朝青龍が終焉を迎える場所…のハズが、ピリっとしないとはいえ、ここまで負け知らず。
しかも相変わらず彼が登場すると館内の空気が一変する風格と気迫。 相撲協会にとっても「しばらくは頑張ってもらわないと困る」存在のようですね。

例によって気の合った友人と国技館に行ってきました。
僕だけは、国技館近辺の下町や隅田川などを撮りたくて、電車で一足先に両国駅に降り立ったのですが、寒~い!

今にも雪でも降るんじゃないかという、重苦しい雲が垂れこめ、予定していた遊覧船での隅田川廻りも取りやめ、重い機材を肩から提げて2時間ほど「徘徊」し、早々に暖かな館内へ避難しました。

その、灰色に包まれた隅田川のショットは機会を改めて、今日は取組の様子などを何枚か…

※ すべてα700 & SAL70300G ISO 1000~1250

d0089024_14184357.jpg

↑ 2160  大関昇進後ガチガチの相撲しかとれなかった日馬富士、理想的な攻めで白鳳を寄り切った瞬間。  ※1000×667ピクセル

d0089024_14251265.jpg

↑ 2161  朝青龍の土俵入りは風格さえ漂わせるようになってきました。  ※1000×667ピクセル

d0089024_14251733.jpg

↑ 2162  「せり上がり」が少しぎこちない。  ※1000×667ピクセル

d0089024_14274337.jpg

↑ 2163  把瑠都、前半は凄かったのですが…でも陽気さは貴重なキャラクターですね。  ※1000×667ピクセル

d0089024_14295412.jpg

↑ 2164  熱戦を終えて脳裏を過ぎるものは… ※800×533ピクセル 


d0089024_14325464.jpg
→ 2165
淡々と勝負をこなすだけの姿には寂しさを感じます。 ※533×800ピクセル


d0089024_14351477.jpg

↑ 2166  2階席からの眺め。 ※DSC-W120 800×600

d0089024_14361669.jpg

↑ 2167  ノボリも晴天のほうが似合いますね。  ※DSC-W120 800×600
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-01-21 14:41

早くもフキノトウ…

ニューアイテム SONY DSC-W120 不満は多々あるけれど、その気になれば24時間持ち歩けるのは嬉しい。なにせ携帯電話と同じ重さ大きさなんですから…

で、「見つけてすぐに撮った」スナップのいくつかを…

d0089024_19245423.jpg

↑ 2144  フキノトウ [butterbur sprießt](Sprößling) 。いくらなんでも早すぎますが、フキノトウぎりぎりの所にコンクリートの大きな構造物があり、日中の太陽熱を蓄熱して、夜間も暖かいためと思われます。

d0089024_19343945.jpg

↑ 2145  ヤツデの実 [ japanischer fatsia ]。 一眼レフで撮ると一部にしか合焦しないので、こんな被写体にはコンデジが合ってますね。  ※クローズアップレンズ併用

d0089024_19381753.jpg

↑ 2146  バラの実。  ※クローズアップレンズ併用

d0089024_19392351.jpg

↑ 2147  ヤブコウジ [ spearflower ]。  ※クローズアップレンズ併用

d0089024_1941463.jpg

↑ 2148  近所のホームセンターへ行った時に…

d0089024_19433835.jpg

↑ 2149  緊張感のみじんもないニャンコたち。
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-01-18 19:45 | 自然
α700で撮ってる合間に、DSC-W120でも少しだけ撮りました。
と言うよりも、本当は「今日はW120だけでいくぞ!」と決めていたのですが、広角域での水平線の、あまりのわん曲の大きさに嫌気がさしてα700がメインになったのでした(-_-;

なお、「良くできている」という表現が適当かは微妙ですが、ファインダーを覗いても、広角域では「ちゃんと」湾曲されて見えます。視度調節が利かないので老眼族には厳しいですが…

d0089024_19165650.jpg

↑ 2135  奥に見えるのは幕張メッセのホテル

d0089024_19185152.jpg

↑ 2136  以下、すこし乙女チックになりますが(^^;

d0089024_1920775.jpg

↑ 2137  一般に「動物の骨(遺骸)」は美どころか嫌悪感さえ抱くのに、貝殻には美しさを感じるのは何故だろう…

d0089024_1922354.jpg

↑ 2138

d0089024_19224362.jpg

↑ 2139  数年前には、ここで大量のアサリが獲れて、多くの人がバケツを持って訪れたようですが…

d0089024_19253864.jpg

↑ 2140  このわん曲は許せません(-_-; レンズ周りに Carl Zeiss-Vario Tessar と刻印されてるのが、かえって虚しい。

d0089024_1933691.jpg

↑ 2141  まあ、マクロと直線以外は問題ない…って慰めにもならない(-_-; せめて修正ソフトぐらい出して下さいよSONYさん!!

d0089024_1936043.jpg

↑ 2142  で、富士山です。これぐらいの焦点距離(換算90mm前後)なら曲がらないのですが…

d0089024_1938266.jpg

↑ 2143
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-01-17 19:39 | 風景

なんちゃってテレマクロ

SONY DSC-W120は、当世流行の「顔認識シャッター」「スマイルシャッター」を備え(ただし、僕は生涯使うことはないと思う)、軽薄短小な割に、露出補正や調光補正、AF & AE測定も一眼なみに揃っています。

マクロも、リコー製品のように1cmまでは寄れませんが、シームレスに4cmまで寄れて…と、14,480円としては十二分な機能満載なのですが、この手のコンデジの常で、ワイド端でしかマクロが使えません(128mm相当のテレ端では50cm)

ワイドマクロにはワイドマクロの面白さがあるのは勿論なのですが、それにしては寄れる距離が足らないし、背景の煩わしさが気になるシチュエーションも多いです。

そこで、レンズ前にいろんなレンズをかざして疑似クローズアップレンズとして、いろいろなレンズを試行錯誤中です。
まあ、そうまでしてコンデジでマクロを撮らなくても…とも思うのですが、うまくいけば、ポケットの中のワンセットで一眼以上の好結果が得られる場合もあり、試してみる価値はあるのです(^^;

今回は、DiMAGE A1使用時に購入し、埃をかぶってたkenko製のクローズアップレンズを使ってみました。ただし、試験使用なのでレンズは手持ちであてがっているだけなので、シビアなピントは追い込めまてせん。

それと、これを試して判ったのは、コンデジではマクロはカメラのAFに頼るしかないのに、なぜかW120は大ボケ状態でも合焦サインのピピっという音とマークがが出てしまいます。

d0089024_18493097.jpg

↑ 2126  ホトケノザ

d0089024_1850543.jpg

↑ 2127  ナズナ

d0089024_18504459.jpg

↑ 2128  野芥子 寒さのせいか、地面から5~6センチにしか伸びてない。

d0089024_18523697.jpg

↑ 2129  同上 綿毛

d0089024_18532958.jpg

↑ 2120  梅が咲き始めましたね。

d0089024_18541457.jpg

↑ 2121  畑の隅にビオラがひっそりと咲いていました。春以降は見向きもしないのに、今頃見かけるとたまらなく健気で愛おしく思えるのは人間の勝手(^^;
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-01-14 18:57 |

蒸発(タンポポ綿毛)

このところの千葉県も、朝夕の冷え込みは厳しく、ほぼ毎朝霜や霜柱を見ることができます。
そんな厳しい寒さの中、詳しい品種は判りませんが、一部のタンポポは背丈を地面ギリギリにしか伸ばさず、風を避けるように密やかな黄色い花を咲かせます。

そして後には当然綿毛をつけるのですが…

d0089024_19351229.jpg

↑ 2121  綿毛にも霜は付き、やがて融けだして日が当って蒸発し…  ※DSC-W120+ルーペ

d0089024_19372041.jpg

↑ 2122  霜が付いてる状態の綿毛

d0089024_19381943.jpg

↑ 2123  本当に地面スレスレに花をつけたのですね。

d0089024_1940068.jpg

↑ 2124  日差しが強くなると、もはや水蒸気は見えなくなります。

d0089024_1941848.jpg

↑ 2125  これはツワブキの綿毛。 (ルーペ併用)
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-01-13 19:42 | 自然

SONY DSC-W120 2

マクロだけでは片手落ち…ということで、いつもの場所へ定点観測に行ってみました。
しかし、日ごろの行いは良いハズなのに、猛烈な北風が吹き荒れていて、道路は水浸し。
3階建ての展望台に行きましたが、寒すぎて思考能力は限りなくゼロに近く、さらに薄べったくて軽いカメラなので風に煽られて、まともに保持できません。

しかし、貧乏性の僕のこと…なんとか数枚撮ってきましたが、展望台から階段を降りる途中でカメラマン3人に合いました。
「展望台ならガラス無しでアングルも自由ですよ♪」と声をかけたら「寒くてとても居られない」と言われてしまった(^^;

肝心の「写り」はと言うと…

予想はしてましたがSONYさん、このレンズにCarl Zeissのロゴを冠しちゃあダメでしょう!

d0089024_21494430.jpg

↑ 2105  強風と荒波で閉鎖された「海釣り施設」。 水平線をこれ以上上に持っていくと歪曲収差が目立ち始めます。

d0089024_21532465.jpg

↑ 2106

d0089024_21573399.jpg
 
↑ 2107  強風で、本来もっと鮮明に見えるハズだが、波しぶきが漂ってるのか…モヤがかった見え方でした。

d0089024_22188.jpg
 
↑ 2108  雲はひとつとして同じ形がないのが面白いです。

d0089024_2224363.jpg

↑ 2109  陽が沈む瞬間

d0089024_2234389.jpg

↑ 2110  最初のカットと別のカットを無理やり合成。パノラマにするつもりがなかったことと、歪曲収差のせいで、これはこれで面白い雰囲気かも…

d0089024_228468.jpg

↑ 2111  これはα700で撮影(DT16-105) やはり絵に余裕がありますね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-01-11 22:10 | カメラ・ レンズ

SONY DSC-W120

写真好きとはいっても、四六時中カメラを携えてるわけではない。そうしたくてもできない状況のほうが多い。
幸い、現在持っている携帯電話F904iの画像がそこそこなので、緊急時には何とかなるが、限界はある…

で、今までCANON IXY DIGITAL 30aを、サブカメラとして使ってきたのですが、絵作りはさすがにCANONで「そつのない」仕上がりとはいえ、マクロがまったくもって使えない。
それでも、本格的な撮影には一眼があるからと、新しいコンデジには興味を持って来なかったのですが、先日久しぶりにチェックしたら、挙動が少々怪しい。バッテリーも長期間無充電が祟ったのか、アっと言う間に減ってしまう。

そんなわけで、安価であることを第一条件に検討した結果、SONY DSC-w120を購入しました。

商品が到着して感じたこと…「小さい!軽い!使いにくい!!」でした。
薄く小さなボディに、当世当り前の大きな液晶モニターが付けば、ボタンなどが使いにくくなるのは仕方がないのですが、片手保持でモニターに指を触れないで撮ろうとすると、ブレない撮り方はかなり難しいです(ブレ補正は搭載していますが)

前置きが長くなりましたが、庭先回りで簡単なチェックをしてみました。 あいにくの強風で、マクロには厳しい日でしたが、予想通りとはいえ、マクロの最短撮影距離が、せめてあと1cm短ければ…と感じました。

d0089024_1440548.jpg

↑ 2091  今年に入って初めての雨があがって…  ※50%トリミング

d0089024_1442864.jpg

↑ 2092

d0089024_14424563.jpg

↑ 2093  我が家のネコどもは、カメラを向けると本当に不機嫌になりやがる(^^;

d0089024_1444119.jpg

↑ 2094  まあまあ素直に撮らせてくれたニャンコたちは、何故か居なくなってしまった。

d0089024_14454829.jpg

↑ 2095  真ん中の花粉も、解像しているので、とりあえずは合格でしょうか。

d0089024_14473085.jpg

↑ 2096  マンリョウ

d0089024_14481519.jpg

↑ 2097  同上

d0089024_14484889.jpg

↑ 2098  サザンカ

d0089024_14491848.jpg

↑ 2099  ツバキ

d0089024_14495978.jpg

↑ 2100  モクレンのつぼみもひそかに膨らんで…


d0089024_14511217.jpg
→ 2101  
ホトケノザ 
 地面すれすれで撮ってるので、フリーアングル・モニターが欲しいと思いました。


d0089024_14524498.jpg
→ 2102
  同上
  屋外では老眼鏡の遮光も必要で、ピントの確認は辛いですね(-_-;



d0089024_14541922.jpg
→ 2103
ヒメオドリコソウ



d0089024_14565853.jpg

↑ 2104  陽だまりでは、もうオオイヌノフグリが咲いていました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-01-10 14:59 | カメラ・ レンズ

写真雑記帳


by real_gontanopapa