遊水池にて

どんなに日中の炎天下が暑くとも、吹き抜ける風や昆虫や鳥たちの行動が秋の深まりを教えてくれます。

d0089024_1339172.jpg

↑ 2092

d0089024_13395860.jpg

↑ 2093

d0089024_1341068.jpg

↑ 2094

d0089024_13412933.jpg

↑ 2095

d0089024_1342677.jpg

↑ 2096

d0089024_13423465.jpg

↑ 2097
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-09-13 13:43 | 自然
d0089024_18132840.jpg

↑ 1957  モンキチョウ(手前はベニシジミ)

d0089024_18142293.jpg

↑ 1958  ベニシジミ

d0089024_1815440.jpg

↑ 1959  鵜

d0089024_18154664.jpg

↑ 1960  マルハナバチ

d0089024_18162515.jpg

↑ 1961  セセリチョウ
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-07-06 18:17 | 昆虫

近所の電線でツバメの親子を見かけました。あいにくマクロ用の180mmしか付けてなかったので、50%相当のトリミング後リサイズをしています。

※ すべて1000×667ピクセル

d0089024_19452832.jpg

↑ 1807
親ツバメが昆虫を咥えて子ツバメの元へ…ほとんど大きさが変わらないのに、親は大変ですね

d0089024_1948657.jpg

↑ 1808
給餌中も電線には停まらず、見事なホバリングで子ツバメの口の中へ

d0089024_19503771.jpg

↑ 1809
少し位置を変えたら背景が青空に写ってくれた

d0089024_1952051.jpg

↑ 1810
向って左の子ツバメの口には貰った昆虫が、右の子は「忘れないで!」とでも言うように大声で騒いでいます。「解ってるよ!」とでも言うように親ツバメも視線を与えていますね(^^)
それと、大きさは変わりませんが、子ツバメは「嘴が黄色い」ですね。

d0089024_19555936.jpg

↑ 1811
顔が見えない位置だったので、電線の反対側に移りました。今度は左側の子が ↑ で「お預け」をしてた子です。

d0089024_19581471.jpg

↑ 1812
まさに口移しの直前

d0089024_19593633.jpg

↑ 1813
安心させるためなのか、何かを確認してるのか…「お預け」の子にも近づいてから飛び去ります。

d0089024_2012681.jpg

↑1814
見てると、寸暇を惜しんで半径200Mぐらいの範囲で獲物をゲットしています。親ツバメの尻尾のクルリン!が何とも可愛いですね♪
※ この画像のみリサイズで間違って700×467ピクセルです。

以下5枚は、カラスに追われて一旦逃げ去り、再び1匹だけが戻ってのシーン。 どこかで隠れてる他の子ツバメを探す親ツバメが哀れでした。

d0089024_209543.jpg

↑ 1815  餌を運んできて・・・

d0089024_2095023.jpg

↑ 1816  子供に見せて・・・

d0089024_20103810.jpg

↑ 1817  「はい、ア~ンして」  「はい!ア~~ン」

d0089024_20114724.jpg

↑ 1818  「ほら、お食べ」・・・

d0089024_20131438.jpg

↑ 1819  「でも、他の子はどこへ行っちゃったんだろうねぇ」 「僕知らないよ(^^;」といったところでしょうか・・
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-06-06 20:15 |

雉逃げる~2

いつものように裏山へ…
ヒラタアブしか居ないなあ・・・などと思ってると、前方10mほどの「舗装路」をのんびり歩く雉を発見!
長い狩猟の歴史がそうさせるのか、雉は警戒心が異常に強い。しかもカメラに付いているのはマクロ用の90mm! 抜き足差し足で近づきましたが、ブロックの切れ目で目が合い、バタバタバターッと飛び去りました(^^;

d0089024_21303189.jpg

↑ 1729
まだ気づいていない(^^;

d0089024_21311876.jpg

↑ 1730
足音(振動)に気づいたか!?

d0089024_21321081.jpg

↑ 1731
両足が地面から離れています(50パーセントトリミング)

d0089024_2133762.jpg

↑ 1732
多くの場合、雉は「走って」逃げます。この時は前方に障害物があって仕方なく…
本質的に飛ぶのが下手な鳥ですね。羽音も「撃ってください」と言わんばかりに賑やかです(^^;
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-05-18 21:35 |
僕は、花などを恣意的にボケを多用するのは大嫌いで、必然的なボケ以外は滅多に使用しないのですが、たまにはボケを意識して撮ってみよう・・・と、近場へオオイヌノフグリを撮りに出かけました。

すると、例によってヒラタアブが一生懸命に蜜を集めてるではないですか!
もう、ボケなんてそっちのけで、孫を連れたお爺さんが語りかけるのも気にせずに追いかけまくってしまいました(^^;

※ クリックで1000×667ピクセル

d0089024_1425024.jpg

↑ 1389
一応、当初目的のボケを意識した一枚(^^;

d0089024_1465623.jpg

↑ 1390
これ以降ヒラタアブ・オンパレードです(^^ゞ

d0089024_1483942.jpg

↑ 1391
ピント範囲劇浅ですね

d0089024_1494174.jpg

↑ 1392
留まってるところも

d0089024_14111350.jpg

↑ 1393
留まってるところ 2

d0089024_14123083.jpg

↑ 1394

d0089024_14132872.jpg

↑ 1395

d0089024_14144160.jpg

↑ 1396

d0089024_14151955.jpg

↑ 1397

d0089024_14155451.jpg

↑ 1398
こちらはナズナに飛来

d0089024_14201491.jpg

↑ 1399
いつの間にかハナニラも咲いてました。

d0089024_14223333.jpg

↑ 1400
番外編 1 雉も活動を始めました。180mmしか持ってなくて残念(^^ゞ

d0089024_14242571.jpg

↑ 1401
番外編 2 我が家近辺にも土筆が・・・(これのみ800×533ピクセル)
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-03-14 14:29 | 昆虫

近所の鳥など…

またしても「更新のため」の更新になりましたが、近所の公園で出会った鳥などを…
※ 画像はすべてクリックで 1000×665ピクセルに拡大します。

d0089024_19174484.jpg







→ 1300
昨夜はしとしとと雨が降りました。明けた今朝は久しぶりに陽光が穏やかで、水仙の花も心なしか生き生きと輝いていました。



d0089024_19213185.jpg







→ 1301
水仙は「理想的」な水滴が着きにくいです。


d0089024_19233847.jpg

↑ 歯医者の帰りに寄った公園でサギの仲間に会えました。


d0089024_19245324.jpg

↑ 1302
楽しそうな親子連れが近づいたため、木に飛び移りました。


d0089024_19272139.jpg

↑ 1303
シジュウカラ…


d0089024_19285833.jpg

↑ 1304
こちらはヤマガラでしょうか…


d0089024_1930794.jpg

↑ 1305
メジロなどを追い散らし我が物顔で闊歩するヒヨドリは意外に警戒心が強いです。


d0089024_19313963.jpg

↑ 1306
ここのメジロも比較的近付かせてくれました。


d0089024_19332526.jpg

↑ 1307
やや判りにくいですが、椿の花粉が飛び散ってます。

d0089024_1936632.jpg


↑ 1308
こちらは27日の撮影。現場で予定してたレンズを忘れたことに気付き…(^^;
180mmマクロはフォーカスリングの回転量も多く、鳥撮影には向かないことを身にしみて思い知らされました(-_-;
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-01-30 19:49 |

我が家前のカワセミなど

我が家の前には、田んぼ沿いに小川が流れている。千葉港に流れ下る都川の支流でもあり、田んぼへの給水等、かつては農作業にも欠かせない川で、手入れも定期的にされていたが…

時代は変わり、田んぼをやる人も皆無となり、生活排水が大量に流され、蜆が取れドジョウやウナギも棲んでいた面影は無く、僅かにザリガニと蛙の一部が見られるだけの寂しい川となった。

そんな小川にもカワセミが飛来する。他の場所と違って美味しい小魚が捕れるわけでもなく、可愛そうにも思う。
で、せっかく身近に居るので出来れば写真に、と思うのだが、あいにくと川に沿って道が通っていることもあり、身を隠す場所が無い。

さりと妙な変装をしたら、周り中顔見知りなだけに、かえって「何事が起きた!?」になりかねない。

ところが、今日は所要で出かけた帰りに遭遇できた。幸か不幸か車中には200-500mmを着けたα7Dもある!(出先でメジロでも撮ろうと思ってた)

10mぐらいまで近づけた。そう~っとウインドーを下げてレンズを出す。しかし遠い! 静かに車を動かして近づく。カワセミが距離を保って離れる。~また近づく…を何度か繰り返した後、カワセミはヒラリ舞い上がり、矢のように消えていった。

d0089024_12232263.jpg

↑ 1293
もっとも近づけた状態。半逆光で眼が…(^^;  ※ 1000×667ピクセル


d0089024_12531724.jpg

↑ 1294
道路の崩壊を防ぐ杭1本づつ移動していく。普段はサーっと飛び去るのに留まろうとするのは、よほど空腹だったのか、それとも「美味しそうな」餌でもあったのか… ※ 1000×667ピクセル
 

d0089024_1235090.jpg

↑ 1295
↑と殆ど変わらない絵ですが…この後飛び去りました(-_-; まっいいか! ※ 1000×667ピクセル
 

d0089024_1240480.jpg

↑ 1296
で、α700にレンズを付け替え、カワセミを待ったが飛来せず。近所を一周してて、遭遇したメジロ。吹き付ける北風から逃れるように生い茂る葦?にしがみついてた。 ※ 1000×667ピクセル


d0089024_12445159.jpg
 
↑ 1297
件の外国人にまた会った。彼のレンズはシグマの300mm f:4 それに2倍テレコンを装着していた。「2倍テレコンは画質が落ちるよ」と言うと、「それもそうだが、α100はASA400(←アメリカ人だね)でもノイズが増える。今はα200の発売を待っている。テレコンも新しいのに買い換えたい…」と言っていた。彼は今カワセミ(Kingfisher)に夢中のようです。3日に1度は会いますから(^^)

※彼はホームページも持っています(まだ日が浅いようですが)

しかし、この寒空に半ズボン! 外人は寒さに強いのかあ!?  ※これのみ700×467ピクセル

d0089024_1704595.jpg

↑ 1298
で、彼に負けるものか!というわけではないのですが、午後から出直した分。しかしこの道路、滅多に人が通らないのに、カワセミの飛来に合わせて絶妙のタイミングで車や人が通ります。俺何か悪いことでもしたかなぁ…(-_-;

d0089024_174749.jpg

↑ 1299
空き地に車を停めて待つこと90分。その間3度飛来し3度とも通行する人や車で逃げられました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-01-24 12:54 |
1月5日にアップしたように、我が家では果物を庭先に置いて小鳥が食べられるようにしてある。
決まって飛来するのはヒヨドリとメジロ。

ヒヨドリは貪欲なくせに、チラとでも姿を見せると独特の甲高い声を残して飛び去ってしまう。
しかし、メジロ(夫婦でやってくる)は慣れてきたようで、当初はヒヨドリ同様人影が動いただけで逃げたが、今では3メートルぐらいは近づかせてくれる。それに何より鳴き声がこの上なく可愛らしい♪

慣れてはくれたけど…毎度毎度リンゴを食べてるメジロでは更新も出来ないし(^^;

我が家の庭には様々な鳥が飛来する(カメラに収めることが出来るかは別にして)。多いのは先のメジロにヤマガラ、そしてエナガ。エナガは朝夕餌を求めての移動中に立ち寄るらしい。

ひとしきり賑やかに談笑?した後、次の地に向かって一斉に飛び立つことを繰り返している。
いつもは、人(僕)を察知して逃げ去るのですが、今日は5メートルぐらいの距離で物陰から撮ることが出来ました。しかもコゲラという 僕にとっては願っても無いお友達連れで(^^ゞ

鳥の撮影に関しては(鳥だけではないですが)vegetariankさんが素晴らしい写真をモノにされていますが、僕のレベルでは今回のコゲラは狂喜乱舞な事件なのです(^^ゞ
撮影時刻が午後4時過ぎと遅かったので、すべてISO1000での撮影です。

d0089024_0175851.jpg

↑ 1283
裏庭の大分傷んだサルスベリにエナガが集まっていたので、レンズを向けてたらコゲラが来てくれました。  ※ クリックで 1000×667ピクセル


d0089024_0252596.jpg

↑ 1284
なんとかアイキャッチも入りました。(50%トリミング)  ※ クリックで 1000×667ピクセル


d0089024_028834.jpg

↑ 1285
一生懸命穴に嘴を突っ込んでいます(^^)。(50%トリミング)  ※ クリックで 1000×667ピクセル


d0089024_030918.jpg

↑ 1286
頭の一部が赤い…という噂は聞いてましたが、初めて確認できました\(^^)/ 想像以上に鮮やかな赤なんですね♪  ※ クリックで 1000×667ピクセル


d0089024_032441.jpg

↑ 1287
こうなると後姿も可愛く思えてきちゃう(^^;  (50%トリミング)  ※ クリックで 1000×667ピクセル


d0089024_0345836.jpg

↑ 1288
これはPSでの70%トリミング。TAMRON 200-500ならこんなものでしょう。 ※ クリックで 1000×667ピクセル



d0089024_0364183.jpg

↑ 1289
コゲラが撮れたきっかけになったエナガ♪ (50%トリミング)  ※ クリックで 1000×667ピクセル


d0089024_0401159.jpg

↑ 1290
そろそろ咲き始めたヤブツバキに飛来したメジロ ※700×467ピクセル

d0089024_043552.jpg

↑ 1291
大百池で… ※700×467ピクセル 


d0089024_053970.jpg

↑ 1292
ご近所の庭で  ※1000×667ピクセル
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-01-20 00:48 |

なんとなく更新

不思議なもので、12月31日から1月1日に変わっただけで、「長い冬」から「春への予兆」という気分になります(人間が単純なもので)。

すっかり葉を落として見通しがよくなった雑木には、ヒヨドリをはじめ、ヤマガラやコゲラなどがひっきりなしに訪れます。
そんな中、我が家の庭にもメジロが果物を啄ばみにやってくるようになりました。

たいていは夫婦(たぶん)で来訪するのですが、今回は1羽しか撮れませんでした。 しかし、人の影を察知するとバアバサっと逃げるくせに態度が大きいヒヨドリや、人一倍好奇心も大きく、あわよくば動物性蛋白質も摂取しようと身構えてるニャンコの間隙を縫っての来訪…メジロも大変です(^^;

d0089024_16392164.jpg

↑ 1254
頂いた夏みかん? 鳥にも味覚(好き嫌い)があるのか、リンゴや柿などより減り方が少ないです。

d0089024_16415633.jpg

↑ 1255
メジロの目は意外にキツイのですが、これぐらい引いて撮れば可愛い♪

d0089024_1644052.jpg

↑ 1256
鳶。やはり鋭く精悍な顔つきですね。ピン甘ですが(^^;

d0089024_1645559.jpg

↑ 1257
モズ

d0089024_16455366.jpg

↑ 1258
サギのタッチダウン前。

d0089024_16465787.jpg

↑ 1259
海鵜(だと思います) ※クリックで1000×667ピクセル

d0089024_16482681.jpg

↑ 1260
メジロ以外はこんな海で撮りました。 ※クリックで1000×667ピクセル
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-01-05 16:50 |

遊水池にて

関東地方も漸く梅雨明けしたらしいが、とにかく蒸し暑いです!「裏山」で出会える昆虫も撮り尽くした感じで、いくら自分のブログとはいえ、似たような絵柄も続けるわけにもいかず…

近くの遊水池にトンボを見に行きましたが、流れ出る汗が眼に入ってピントを追い込めません。
せっかく今年初のチョウトンボにも出会えたのに全部ピン甘(-_-;

しかも、180mmしか持ってない時に限って意地悪くサギが…。180mmで何とかなる距離まで近付こうとすると逃げられてしまう! とにかく影が出来る木一本なくて身の隠し所がないのが辛いです。

d0089024_223281.jpg

↑ 1018
一旦自宅に帰り、お手軽500mmに付け替えて夕方近くに再度訪ねた時の一枚。

d0089024_22584351.jpg

↑ 1019
僕に気付いて逃げ去る、再び飛来するのをじっと待つ…の繰り返しの中の一枚。

d0089024_2301971.jpg

↑ 1020
このポーズの直後に飛び去りました。

d0089024_223546100.jpg

↑ 1021
カワセミも飛来しました。しかし身を隠す場所がないので距離が詰められないし、ポジションも変えられない。

d0089024_2237296.jpg

↑ 1022
別カット。こちらはトリミングしてます。

d0089024_22433597.jpg

↑ 1023
MFの限界かなあ…

d0089024_22483410.jpg

↑ 1024
ジリジリと近付く僕を嫌い、離れた石へと飛び立つところ。

d0089024_22524085.jpg

↑ 1025
で、この石の上へ・・・。

d0089024_22541630.jpg

↑ 1026
セキレイでしょうか

d0089024_22545613.jpg

↑ 1027
こちらはセグロセキレイかなぁ?

d0089024_22553668.jpg

↑ 1028
これが正面顔だったら良かったんですが・・・(^^ゞ
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-08-01 22:57 |