8月は、暑い!という事もあるのですが、何かと忙しく気ぜわしい月なので、代わり映えのしない内容ですが、とりあえず更新しておきます。

d0089024_11532989.jpg

↑ 1029
クサギ(臭木)に飛来したクロアゲハ(詳細不明)。ここは廻りを木々や竹に覆われ、背景も煩いし照度は稼げないし…なのですが、何故かクサギが多く繁茂し、結果クロアゲハ系が好んで飛来します。

d0089024_11585628.jpg







→ 1030
タマムシ。飛翔撮影には失敗しました。


d0089024_1212931.jpg

↑ 1031
去年の今頃は「アゲハなんて飽きたね!」状態だったんですが、今年は愛しく思えちゃう。勝手なもんですね(^^ゞ

d0089024_1232177.jpg

↑ 1032
少しは躍動感が出た…かな?

d0089024_1245562.jpg

↑ 1033
前回はシロツメクサ中心だったので、今回はアカツメクサに集う昆虫たちを・・・

d0089024_1261127.jpg

↑ 1034
アカタテハ?

d0089024_1265578.jpg

↑ 1035
モンキチョウ

d0089024_1273688.jpg

↑ 1035
こちらは本当に黄色いモンキチョウ(^^ゞ

d0089024_1292118.jpg

↑ 1037
家の周りで初めて出会えたチョウトンボ。感動に打ち震えたわけではないのですが、この頃には額の汗が眼に入り、ファインダーが霞んでピントがー! 

d0089024_12133876.jpg

↑ 1038
もう少し左に振れてたら、大威張りでアップしてたかも(^^ゞ
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-08-04 12:17 | 昆虫
撮ったカットをパソコンで確認しながら「毎年同じような絵ばっかり…進歩がないなあ」と、自分でも充分承知はしてるのですが(^^ゞ

多少なりとも違いはあるだろう!と開き直って、図々しく更新しておきます(^^;

d0089024_1949078.jpg

↑ 0926
キンケイギクの茎は水を弾きやすく、普段はなかなか水滴が出来ませんが、雨が多くて倒れると比較的たくさんの水滴が出来ます。これは背景がやや煩いのですが、これもアリかなと(^^;

d0089024_1952372.jpg

↑ 0927
背景に黄色以外を持ってきたかったが、ネギが写ってしまった(他人様の畑なので)

d0089024_1954971.jpg

↑ 0928
水滴写真は、写りこんでるものを鮮明に写せることがキモ。ただし水滴自体を写す場合は違ってくるが、構図等が難しいです。

d0089024_19571637.jpg

↑ 0929
僅かな距離の違いで印象が変わります。

d0089024_19583728.jpg

↑ 0930
ヒラタアブも来てくれた♪

d0089024_19592886.jpg

↑ 0931
エノコログサ(ピント位置を間違えたかも)

d0089024_2002850.jpg

↑ 0932
目をこらすと、雑草の奥にもヒラタアブが…(^^)

d0089024_2015890.jpg

↑ 0933
どうしてもヒラタアブが多くなっちゃう(^^;

d0089024_2023953.jpg

↑ 0934
タム90は、コンクリート上に落としてから、どうもキレが悪くなったように思う(^^;
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-06-25 20:04 |

梅雨入りだそうです…が

今日は暑かったですね。明日の予報も暑くなりそう!
年々、寒暖差が身体に堪えるようになってるのは…歳のせいかなぁ(^^;

例によって、手が空いた時間に気分転換を兼ねて、近場でのスナップを何枚か…何の脈絡もありませんが(^^ゞ

d0089024_1942746.jpg

↑ 0880
直径20センチ前後の蜘蛛の巣。ほんの僅かのアングル差と、ピント位置でイメージが大きく変わる。これは自分では「宇宙」をイメージしましたが、背景が草むらでなければ良かったなあ(^^ゞ

d0089024_197462.jpg

↑ 0881
これはシャンデリア風…少し苦しいですが(^^;

d0089024_19112142.jpg

↑ 0882
ルリタテハに遭えた。非常に警戒心が強いので近付くのに苦労する。

d0089024_19132272.jpg

↑ 0883
なかなか羽根を開いてくれず、そのタイミングも掴めず、上部が切れてしまった(-_-;

d0089024_19145649.jpg

↑ 0884
殆どの蝶が表裏の模様が異なるが、これほど著しく違うのも珍しい…かな?

d0089024_19182147.jpg







→ 0885
どこの世界にも「気の早い」のは居るもので、コスモスが一輪だけ…(^^)


d0089024_19213556.jpg

↑ 0886
我が家の「不遇な」アジサイも健気に花を咲かせました。

d0089024_1922538.jpg

↑ 0887
これも我が家の不遇なアジサイ(地質が合わないようです)

d0089024_1926233.jpg

↑ 0888
裏山に飛来するのはモンシロ系ばかり(-_-;
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-06-15 19:31 | 自然

今日から6月

あと30日経つと、今年も半年を過ぎてしまうのですね。早いなあ!虚しく時が流れていくのみ(^^;

今朝は昨夜来の雨は上がり、蒸し暑い日差しが照りつける予感が…
雑事に追われる合間に、「今年初お目見え」にも出会えました\(^^)/ 


d0089024_2216594.jpg

↑ 0826
日陰を好むドクダミには雨の名残が…

d0089024_22172922.jpg

↑ 0827
今年初めて近くで遭えました。既に羽根がかなり傷んでます。

d0089024_22191336.jpg

↑ 0828
順光だと立体感がなくなるし、逆光だとこのようにディテールが出にくいし、黒アゲハ系は難しいです(^^;


d0089024_22231158.jpg

↑ 0829
今日の中ではベストショットかな?


d0089024_22243387.jpg

↑ 0830
スジグロ系かな? 


d0089024_22273230.jpg

↑ 0831
テントウムシが食べるアブラムシの量なんて高が知れてるような気がする(^_^;


d0089024_2229166.jpg

↑ 0832
今年初のハグロトンボ(たぶん←必須)


d0089024_22311820.jpg

↑ 0833
あまり日向に出てくれない。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-06-01 22:35 | 昆虫
裏山では、本当に昆虫を見かけなくなりました(-_-;

去年までは雑草が生い茂っていた畑地が、何かを植えるでも無く茶色の土を露出させ、ぼちぼち花も咲き出したというのに、僅かにモンシロ系が数頭飛んでるだけです。

今年はもうダメかも…早くも諦めの気持ちが強くなっています(-_-;

で、ゼニアオイとムシトリナデシコに飛来した昆虫を、ニャンコに邪魔されながら何枚か撮ったものから選んでアップして更新にしておきます(^^;  すべてクリックで拡大します。


d0089024_20455532.jpg

↑ 0791
ムシトリナデシコとセセリチョウ。

d0089024_20471661.jpg

↑ 0792
夏空を入れてみました。この頃までは「マトモ」な顔つきでしたが…。

d0089024_20485047.jpg

↑ 0793
夢中になりすぎてオデコに花粉が…恥ずかしい(^_^; 

d0089024_20505681.jpg

↑ 0794
カタログ上ではα7Dもα-Sweetもシャッタータイムラグは同等になってますが、感触も撮影結果もα-Sweetの方がタイムラグが大きいです。僅かな差が大きく影響しますね。 


d0089024_20542589.jpg

↑ 0795
こちらはゼニアオイとミツバチ 

d0089024_20563053.jpg

↑ 0796
このカットからはα7Dでの撮影です。 

d0089024_20572968.jpg

↑ 0797
全身花粉まみれです(^_^;

d0089024_2115919.jpg

↑ 0798
ミツバチやハナアブの間を縫うように、小さなヒラタアブもそ~っと…(^^)

d0089024_2134540.jpg

↑ 0799
やや解像度が悪いですが、大きな桑の木では熟した実を啄ばむメジロが…良く知ってて黒く熟したのを選んでますね(^-^)
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-05-26 21:07 |
僕の撮影メインフィールドの裏山が、除草剤の散布で昆虫がほぼ皆無になったことは既に触れましたが(泣)、これから「どうしたものか?…」思案投げ首状態です(-_-;

今は、「普通の」道路脇あたりのほうが雑草も豊富で(^^;)  シロツメクサに吸蜜するミツバチに遭えたので何枚かをアップします。

d0089024_18395180.jpg

↑ 0770
夕方の撮影なので、色調等レタッチしてます。クリックで拡大

d0089024_18425817.jpg

↑ 0771
トリミングしてます(50%)

d0089024_18442811.jpg

↑ 0772
傷んでる花が意外に人気があったり…ハチにはハチなりの理由があるのでしょうか… クリックで拡大

d0089024_18462191.jpg

↑ 0773
至福のひと時? クリックで拡大

d0089024_18475158.jpg

↑ 0774
以下は今日の撮影。 ジガバチの交尾が撮れました。

d0089024_18485322.jpg

↑ 0775
蚊と見紛うほどの小さなヒラタアブ。

d0089024_18515074.jpg

↑ 0776
気付けば葵が咲き始めてるんですね。セセリチョウが吸蜜中

d0089024_18531889.jpg

↑ 0777
これも…
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-05-20 18:55 | 昆虫
連日の落ち葉掃除で疲労もピークに…。皮肉なもので今日のような強風の日は「無意味な行為」なので掃除は中止。
しかし、マクロメインの裏山ウオッチも強風で断念。ふと上空を見やると、最近増えてきたシオカラ系とは違う動きのトンボが…

強風で舞い散る竹の葉を昆虫と思うのか、ヒュー!ヒューっと鋭角的に向きを変えて高速で飛んでます。しかも低くは降りてくれない。
帰宅後パソコンで確認すると、どうやらギンヤンマのようです。

距離が離れてるので、ピクセル等倍画像もあり、あくまで「見た証拠」の写真です(^^;


d0089024_23454778.jpg

↑ 0747
ピクセル等倍切り出し


d0089024_23465511.jpg

↑ 0748
30%相当トリミング

d0089024_23475796.jpg

↑ 0749
止まってるのは楽ですね…飛翔時間が短いのが辛いですが(^^;

d0089024_23491337.jpg







→ 0750
ハルジオンの中に1本だけアイリス?が


d0089024_2351342.jpg

↑ 0751
裏山だけではなく、自宅前にも庭石菖が…
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-05-12 00:03 | 昆虫

本日の裏山…雨上がり

水滴ばかりを撮るつもりは毛頭無いのですが、裏山と言う限られたフィールドでは、雨の日はそんな被写体が多くなります(^^ゞ


d0089024_0535173.jpg

↑ 0715
ハルジオン。あまりに強い繁殖力で、あまり気に留められることが無いが、案外美しいです。

d0089024_0553057.jpg

↑ 0716
テントウムシ。羽根の下には怪獣さながらの凄い形相が隠れてる

d0089024_0562878.jpg

↑ 0717
昆虫にとって雨は大きな脅威なのだと思います。これから旅立つところかな?

d0089024_0574454.jpg

↑ 0718
小さな昆虫には水のレイノルズ数(粘性)は大問題でしょうね。乾くまで耐える?

d0089024_0585912.jpg

↑ 0719
このシジミチョウは僕を察知してこの後すぐに飛び去った。

d0089024_10078.jpg

↑ 0720
コガネムシの仲間? アグロステンマの花にて

d0089024_104878.jpg

↑ 0721
こちらはハナムグリ

d0089024_113124.jpg

↑ 0722
ビオラにも水滴が…

d0089024_12470.jpg

↑ 0723
水滴をふるい落とすようにハナアブのカップルがいちゃついて(^^ゞ

d0089024_133342.jpg

↑ 0724
ヒルザキツキミソウも一輪だけ…

d0089024_141179.jpg

↑ 0725
ムラサキツユクサも咲き始めました。他人様の畑の中なのでこれ以上の構図は無理でした。

d0089024_152032.jpg

↑ 0726
これは我が家のミヤコワスレ。

d0089024_155073.jpg

↑ 0727
これも我が家の蔓性のバラ

d0089024_171038.jpg

↑ 0728
彼は羽化直後なのか雨に濡れたからか…何度も羽根を広げてもがいてました。

d0089024_182190.jpg

↑ 0729
今日は何頭かのジャノメチョウに出会いました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-05-08 01:11 | 自然

釣鐘水仙に集う

いつもの裏山。家庭菜園の一角に植えっぱなしの釣鐘水仙。
大根の花や菜の花…タンポポにカラスノエンドウなどには、引きも切らず昆虫が寄り付くのに、この釣鐘水仙には昆虫が寄り付かないなあ…と思っていましたが。

大根の花も、僕には全く変化が無いように見えるのに、過日アップしたクマバチも全く飛来しないし…自然は謎だらけです。

で、枯葉掃除の合間を縫って、この花の前で地面に腰を下ろし、ゆっくり観察すると…
いろんな昆虫が訪問してるのが見て取れました(^^)

d0089024_20252838.jpg

↑ 0681
まずは、当ブログでも度々登場してるニホンヒゲナガハナバチに似た黒いハチ

d0089024_20265547.jpg

↑ 0682
これも

d0089024_2027355.jpg

↑ 0683
これはミツバチ

d0089024_20283719.jpg

↑ 0684
釣鐘状の花にも器用に飛び込む(ハナムグリは下手ですね)。

d0089024_20292871.jpg

↑ 0685
これはスジボソコシブトハナバチかな?

d0089024_20304117.jpg

↑ 0686
ハナムグリ。 甲虫の飛翔は案外難しいのでピントが決まって嬉しい。

d0089024_20315692.jpg

↑ 0687
これもハナムグリ(ピン甘)

d0089024_20331057.jpg

↑ 0688
花粉団子の色も青緑!

d0089024_2034747.jpg

↑ 0689
こちらに突進中のミツバチ

d0089024_20362166.jpg

↑ 0690
もちろん大根の花にもハナムグリが。しかしあれほどブンブン飛んでたクマバチが居ないのは…大好きな藤の花が咲いたから?

d0089024_20373772.jpg

↑ 0691
足元のオオイヌノフグリにはいつものようにヒラタアブが

d0089024_20382138.jpg

↑ 0692
ここだけスポットライトのように木漏れ日が…
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-04-30 20:43 | 昆虫
雨上がりの晴天や、朝露が残る早朝の草花は、注意深く見ると、今にも落ちそうな雫や、植物の「産毛」にかろうじて留まってる極小の水滴などが千変万化の美しさを魅せてくれます。

d0089024_19264696.jpg

↑ 0657
金鳳花(たぶん)

d0089024_19273179.jpg

↑0658
 同上。人間が「艶」や金属光沢感を感じるのは、物理的に説明すると、見る時のごく僅かな角度の違いで、全反射と無反射が同列するためです。だから、このように水滴のレンズ効果で一部だけが強烈に反射すると、さながら金で出来た花のように感じる事が出来ます。


d0089024_19323122.jpg

↑ 0659
オオイヌノフグリ

d0089024_19325690.jpg

↑ 0660
さすがに ここまでは寄れないのでトリミングしてます。

d0089024_19342551.jpg


↑ 0661
つつじ。 風でゆらゆら揺れて手間取ったが、何とか狙ったシベ先端に合焦できた。

d0089024_19381310.jpg

↑ 0662
雑草(映ってるのはタンポポ)

d0089024_19391279.jpg

↑ 0663
同じくタンポポ。虫を添景に入れることで単調さがなくなった(と、自己満足)

d0089024_19421499.jpg

↑ 0664
ハルジョオン

d0089024_19424288.jpg

↑ 0665
ハルジョオン 2

d0089024_19433930.jpg

↑ 0666
ビオラ(パンジー?)

d0089024_1945572.jpg

↑ 0667
文字通り名も知らぬ雑草。草丈2センチ足らず。もう少しで踏むところでした。

d0089024_19461712.jpg

↑ 0668
ネギボウズ
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-04-27 19:48 | 自然

写真雑記帳


by real_gontanopapa