タグ:植物 ( 315 ) タグの人気記事

今日出会えた蝶など…

まだまだ、朝晩の冷え込みもきつく、花もあまり咲いていないのに、気の早いチョウたちが舞い始めましたね。ただ、仲間が居なくて寂しそう。それと、この時期はやはり物凄く警戒心が強いです。

d0089024_22553767.jpg

↑ 0560
ベニシジミ(50%トリミング後リサイズ)

d0089024_22563513.jpg

↑ 0561
こちらはトリミング無し。やはり可愛い♪

d0089024_22572854.jpg

↑ 0562
ミネラル吸収中? これ以上は近づけなかった(^^; ここまでは裏山で。以下は近所の公園で…

d0089024_22592614.jpg

↑ 0563
ヤマトシジミ?もミネラル補給

d0089024_2305855.jpg

↑ 0564
半径30センチ程の狭い範囲がお気に入りのようでした。

d0089024_233275.jpg

↑ 0565
公園の日陰では八重ヤマブキが咲いてました。

d0089024_2362229.jpg

↑ 0566
いわゆる「山桜」でしょうか…。

d0089024_2385157.jpg








→ 0567
ミツバアケビ


d0089024_23101519.jpg










→ 0568
同上 花
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-04-05 23:13 | 自然

4月…

気付けば、いつのまにか一年を四分の一消化して…まさに草木が一斉に生命の輝きを増している日々。

掲示板と使いまわしも気にせずに、ここ数日のスナップなどを…(^^ゞ


d0089024_1937586.jpg

↑ 0549
何の木か判りませんが、新芽って赤い事が多いですね。

d0089024_1939157.jpg

↑ 0550
にわか雨の名残。ツツジのシベに水滴が

d0089024_19402366.jpg

↑ 0551
こちらのツツジには蜂が…

d0089024_1948428.jpg

↑ 0552
桜ばかりに目がいってたが、ふと足元を見ると…

d0089024_1950118.jpg

↑ 0553
石の割れ目に根付いたモミジ

d0089024_19512140.jpg

↑ 0554
モミジのシベと蝿の両方にピントを合わせるのにちょっとだけ苦労が…
   ここまで今日(4/4)の撮影

d0089024_19533119.jpg

↑ 0555
雨に打たれるツルニチニチソウ

d0089024_1958516.jpg

↑ 0556
ニリンソウと蜘蛛(僕には珍しくボケを大きくしました)

d0089024_2003947.jpg

↑ 0557
この時期、ヤマブキは葉も美しいですね。

d0089024_202246.jpg

↑ 0558
皐月に絡まったアケビもひっそりと花を咲かせて…

d0089024_2032653.jpg

↑ 0559
こちらは我が家のモミジ
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-04-04 20:05 | 自然

雨。のち晴れ

今日の午前中は雨。そして午後からは晴れ間が顔を覗かせる…春らしいと言うべきか、目まぐるしく天候が変化した一日でした。

仕方がないから(時間も無いし)水滴でも撮るか…といつもの裏山で何カット化を・・・。

d0089024_023452.jpg

↑ 0540
比較的花弁が小さいスイセンの端っこに小さな昆虫が居ました。

d0089024_0253624.jpg

↑ 0541
タンポポ綿毛(曇天時)

d0089024_0262918.jpg

↑ 0542
ムスカリの天辺でアズチグモ?が…。リサイズで見難いですが、糸を吐き出してます。

d0089024_0285339.jpg

↑ 0543
晴天時のタンポポ綿毛。

d0089024_030283.jpg

↑ 0544
スイセンの花びらにイタドリハムシが…。

d0089024_0305018.jpg

↑ 0545
飛び立つ瞬間を待ちましたが、指の反応が早すぎました。次の瞬間には彼はファインダーから消えていました(-_-;

d0089024_0325217.jpg

↑ 0546
ハルジョオンも蕾のうちは真っ赤ですね。水滴のレンズ効果で本来見えないシベを写せました。

d0089024_0342427.jpg

↑ 0547
この時期は、あらゆる物が輝きを増しますね。

d0089024_0352172.jpg

↑ 0548
去年芽吹いたモミジ、まだ赤ちゃんですね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-03-31 00:37 | 自然

自宅前休耕田にて

今日の千葉県は、初夏並みに暖かかったが、終日強い風が吹き、マクロ撮りはダメだな…と諦めましたが、夕方自宅前休耕田で蛙の初鳴きを聞き、カメラを持って探索に…

蛙は、サンダル履きだったのに気付いて諦め、足元の春を何枚か撮ってきました。

d0089024_2052391.jpg

↑ 0531
カキドオシ…かな? 比較的背丈が低いので強風下なんとかマクロで撮れました。

d0089024_20532065.jpg

↑ 0532
カラスノエンドウも可憐な花を咲かせています。

d0089024_2054386.jpg

↑ 0533
ヘビイチゴ

d0089024_2055779.jpg

↑ 0534
もう実も随分大きくなっています。

d0089024_20555161.jpg

↑ 0535
キツネノボタン…でしょうか? ヘビイチゴに似た花です。

d0089024_20564156.jpg

↑ 0536
ふと足元を見ると、他の花には目もくれず、ひたすらハコベで吸蜜する蜂を発見。

d0089024_20575596.jpg

↑ 0537
ナズナなどが林立する中、なんとかスッキリした背景で飛行を撮れました。ニホンミツバチかなぁ??

d0089024_20593338.jpg

↑ 0538
ツクシは終わりかけていました。小さな虫が(^^)

d0089024_2104259.jpg

↑ 0539
スイバ…でしょうか? 草木も昆虫も一斉に活動を始める嬉しい季節の到来ですね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-03-29 21:04 | 自然

曇天続き(-_-;

冬に逆戻りしたかのような寒さは一段落したものの、スカーっと晴れない日々が続いていますね。
しかし、生き物たちは季節に敏感に反応し、ひたむきに生きているんですね。

d0089024_1757377.jpg

↑ 0510
ニホンヒゲナガハナバチ…かな?

d0089024_17575398.jpg

↑ 0511
アオキも花が咲き始めました。

d0089024_17584318.jpg

↑ 0512
コケも春に胞子嚢を伸ばして…

d0089024_17595320.jpg

↑ 0513
キチョウもヒラヒラ活動を始めました。

d0089024_1805468.jpg

↑ 0514
黄色カタバミも漸く咲き出しました。

d0089024_1815217.jpg

↑ 0515
もうすっかり花を落とした梅には、メジロに代わってコゲラが…

d0089024_182442.jpg

↑ 0516
庭先の竹薮で囀るウグイス。↑のコゲラも↓のメジロも、ネコとの競争になっちゃうので、シャッターチャンスもなにもあったものじゃないです。なにしろ5~6匹が我先に突進するので…(-_-;


d0089024_185127.jpg

↑ 0517
このヒヨドリは僕のリンゴを待ってるようです(本当はメジロ用なのに…)

d0089024_186084.jpg

↑ 0518
木瓜に飛来したメジロ。案の定この後ニャンコが気付いて…(-_-;

d0089024_1871332.jpg

↑ 0519
シャガの構図で悩んでるとヒラタアブが「撮って~え♪」と(^-^)

d0089024_1883011.jpg

↑ 0520
それでは…と、お約束の構図で撮らせてもらいました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-03-27 18:12 | 自然

春遠からじ

昨日の続きです

d0089024_21383625.jpg

↑ 0314
山茶花は寒色系が合う花ですが、午後の日差しで赤みを帯びて「暖かい」赤に撮れました

d0089024_21402112.jpg

↑ 0315
モクレンも着々と準備を進めているんですね。


d0089024_21414894.jpg

↑ 0316
ホトケノザもちらほら咲き出しています。


d0089024_21434214.jpg

↑ 0317
人間は勝手なもので、この時期に健気に咲いてると、たまらなく愛しく見えてしまう。


d0089024_21452310.jpg

↑ 0318
オオイヌノフグリ  これは注意深く見ないと見逃してしまいます。

d0089024_21464289.jpg

↑ 0319
タンポポも、茎を伸ばさずに地べたギリギリに咲いてました。


d0089024_21475356.jpg

↑ 0320
ナイルさんに伺った話を思い出し、カラスウリを検分


d0089024_21491950.jpg

↑ 0321
たしかにカマキリの頭に似てる! 自然ってうまく出来てるなあ・・。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-01-16 21:52

冬来たりなば・・・

つい、この間気ぜわしく年末~正月を迎えた、と思うのに…もう1月も半ば(^^ゞ
無為に過ぎ行く、時の流れに追い立てられる気がするのは歳のせいでしょうか・・

これからが、一年でも最も寒くなる時期ですが、一面の茶色の景色の中、陽だまりでは健気に咲くヒメオドリコソウも…。一方で、食糧不足の時期に鳥たちの命を繋いだカラスウリの名残が見られたり、木々の硬い蕾もかすかに色づき・・・春までもう一息なんですね

d0089024_2352129.jpg

↑ 0309
今日はヒヨドリが撮影してる僕を不思議そうに見てました(^^ゞ


d0089024_23533921.jpg

↑ 0310
榎の枝ではカラスが嘴のお手入れ?をしていました(少し判りにくいですが木の枝のように見えるのはカラスの脚です)


d0089024_2355735.jpg

↑ 0311
日陰では霜が一日中融けない場所でも、日当たりではヒメオドリコソウが…


d0089024_23564143.jpg

↑ 0312
さすがに「咲き乱れる」とまではいかないですが、何本も咲いています。


d0089024_23582559.jpg










→ 0313
この1個のカラスウリで小鳥が何羽生き延びたのでしょうか…
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-01-15 00:03

とうとう師走に…

 歳を重ねると本当に時間の過ぎ去る速度が速いです。ついこの間、慌しい「年越し」の支度を終え、「やれやれ…」と退屈な正月特番を視ていた気がしますが。

 月日は百代の過客にして行きかふひともまた旅人…。少年老い易く学成り難し…。etc.

青年期には「絵空事」のように勉強「させられて」いた、これらの名文が、今は現実味を帯びてわが身を追い立てます。 「人生が二度あれば」…あの若さでこれを創った井上陽水は凄いと思う(^^;

 でも、大多数の昆虫には「年数」なんて意味を成さないんですね…


d0089024_0332558.jpg

↑ 0235
我が家のモミジも峠を越しそうです。今朝は朝露がしっとりと付いていました。



d0089024_035977.jpg

↑ 0236
足元では藪柑子も可愛い赤い実に朝露の雫を付けていました。


d0089024_0372996.jpg









→ 0237

こちらはアオキです

d0089024_0385027.jpg









→ 0238

水仙が咲き始めました
早速ヒラタアブが…(^^)

d0089024_0402439.jpg

↑ 0239
少しアップで…

d0089024_0411484.jpg

↑ 0240
ガリガリ音がすると思ったら…ミャーミャー鳴いても相手にしないでいると、こうやって悪戯を始めます(=^o^=)" 猫のように「瞬間」に生きられたら…そうもいかないんですよねえ(^^ゞ
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-12-02 00:46

近所の藪の中に…

 今日は久しぶりの青空!…なのに我が家の落ち葉は相変わらず物凄い事になってるし、放っておいて撮影行♪の誘惑にも駆られましたが、雨が降ると後の始末がもっと大変だし・・・

 などと優柔不断な僕を嘲笑うかのように、秋の日差しはあっという間に暮れて行き…結局「定例」の落ち葉掃除の一日になりました。

 ある人に頼まれて、家から500m程離れた墓地に御塔婆を建てに行き、ふと周りの藪を見ると、1m程のモミジが真っ赤に!


d0089024_19124249.jpg

↑ 0228
おそらくは誰にも気付かれることなく数日中には散っちゃうんでしょうね。



d0089024_19171323.jpg

↑ 0229
サンダル履きでしたが、この時期なら、もうヤマカガシは居ないだろうと分け入って…


d0089024_19191048.jpg






→ 0230

何せ「藪の中」なので背景が限られてしまいます


d0089024_19204126.jpg

↑ 0231
京都などの「有名処」の紅葉ももちろん素晴らしいのですが、僕は、こういうひっそりと人知れず紅葉してるのに、「健気だなあ…」なんて思い入れしちゃいます、…歳かなあ(^^;


d0089024_19255114.jpg

↑ 0232
残り少なくなった「野草の花」を求めてツマグロキンバエが…。この時期花が少なくて必死なのでしょうか、人が近付いてもギリギリまで逃げませんね。


d0089024_19274361.jpg

↑ 0233
ツルウメモドキでしょうか?


d0089024_19283394.jpg






→ 0234

ヤブランの実も黒々してて美しいですね。大抵は実が少なくなっちゃってますが。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-11-29 19:32
 日中でも陽が当たっている時と、雲が出て陰った時との温度差が激しくなってきました。 関東地方も午後からは、雲がどんどん広がり、あっという間に肌寒くなっちゃいました。

 裏山には、もはやハナアブとヒラタアブ、アカタテハ…ぐらいしか見れなくなりました。ナイルさんのようにツボを押さえた解説文をつける能力は素よりなく、同じようなショットの羅列ですが「自分のブログで好きにして何が悪い!」と開き直ることにして(^^; 今日撮った中から何枚かをアップしておきます。


d0089024_17234930.jpg

↑ 0212
この時期、何が辛いって、被写体が枯渇することもそうなんですが、枯れ草の茶色が目立って背景処理が面倒なことです。



d0089024_17255840.jpg

↑ 0213
必然的にアップが多くなります


d0089024_17265828.jpg

↑ 0214
老眼なので、一瞬小型の蜂?と思ったのですが、黒いヒラタアブでした。


d0089024_17324864.jpg

↑ 0215
かろうじて残ったキバナコスモスには久しぶりに見るミツバチが…がんばってるんだね(^^)


d0089024_17344030.jpg




→ 0216
御近所の柿、この種類は一箇所に数個の実が固まってなります


d0089024_1737095.jpg






→  0217
カラスウリも今が盛りです


d0089024_173915.jpg

↑ 0218
足元ではテントウムシがひっそりと。雑草をどければスッキリ写るのは判ってるのですが、可哀想なので・・・。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-11-18 17:42 | 昆虫

写真雑記帳


by real_gontanopapa