タグ:植物 ( 315 ) タグの人気記事

水滴など・・・

撮影日は前後しますが、過日…明け方まで雨が降り、朝からは快晴という嬉しい日がありました。
このクロッカスは、もう何年も植えっぱなしで何の手入れもしないのに、健気に毎年花を咲かせてくれる律儀者です。

もう少し、良い場所に植えればもっと絵になるのですが・・・
※ No.1373以外はすべて 1000×667ピクセル。

d0089024_17582814.jpg

↑ 1367
水滴写真って、「どの水滴に合焦させるか」で印象が大きく変わりますね。
※ TMRON 90mm MACRO

d0089024_1803279.jpg

↑ 1368
水滴自体に合焦させるか、映り込んだものに合焦させるか・・も悩ましいです。
※ TMRON 90mm MACRO

d0089024_1822050.jpg

↑ 1369
これは、真ん中のアメジストのような色合いを意識しましたが、表現し切れてませんね(^^;
※ TMRON 90mm MACRO

d0089024_1844324.jpg

↑ 1370
背景色がグリーンやブルーだと良かったのですが、地植えなので(言い訳がましい)
※ SIGMA 50mm MACRO
d0089024_1881640.jpg

↑ 1371
福寿草。 黄色の花は、このように水滴が付くことで、全反射と無反射が同時に存在し、金属光沢感を感じさせる効果が出るので、金で出来てるように写せます。
本当は、太陽がもっと高い位置のほうが効果が大きいのですが・・・。
※ TMRON 90mm MACRO

d0089024_18121976.jpg

↑ 1372
特に右の花弁程度の水滴の大きさが「金色効果」が大きいようです。
※ TMRON 90mm MACRO

d0089024_18181437.jpg

↑ 1373
ちなみに、これは昨年4月の投稿の1枚ですが、これぐらい日が高いのが理想的です。それと、水滴は簡単に白とびするので露出も抑えめが良いようです。
※ TAMRON 180mm MACRO
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-03-09 18:24 |

千葉市花の美術館で

どうも体調がスッキリしない(-_-; ブログ更新も滞ってるし…とネタを求めて千葉市花の美術館(名前に負けてます)へ出かけましたが、何と言うか…逆立ちすると頭に血が昇ってクラクラするような、気持ち悪いような状態になりますよね。

それに似たような状態になっちゃって、集中力は途切れるわ・目(眼球)は鬱陶しいわ~で、早々に帰宅しましたが、正直運転が辛かったです(-_-;

で、せっかくなので「更新のための更新」ですが、何枚かを・・・

d0089024_1855669.jpg






→ 1352
入口前のチューリップ(鉢植え) ※TAMRON 90mm MACRO


d0089024_18571395.jpg

↑ 1353
同じのを半逆光で・・ ※TAMRON 90mm MACRO

d0089024_18581333.jpg

↑ 1354
ここから下はすべて館内展示 ※TAMRON 90mm MACRO


d0089024_18593082.jpg






→ 1355
この頃から目がショボショボし出した(-_-;) ※TAMRON 90mm MACRO


d0089024_1923258.jpg







→ 1356
チューリップはやはり屋外が似合うと、個人的には思う。 (ガラス越しに西日を浴びている) ※TAMRON 90mm MACRO


d0089024_1943692.jpg

↑ 1357
カラーでしたっけ? この頃から微妙なピントが判り辛くなった。 ※TAMRON 90mm MACRO

d0089024_1955353.jpg

↑ 1358


d0089024_1972551.jpg

↑ 1359
蘭の仲間? ※TAMRON 90mm MACRO


d0089024_198478.jpg






→ 1360
※TAMRON 90mm MACRO


d0089024_19101644.jpg

↑ 1361
葉ボタンの仲間かな? ※TAMRON 90mm MACRO

d0089024_19111893.jpg

↑ 1362
「額縁効果」で花がいっぱい!…に見える? ※ DT16-105mm

d0089024_19122672.jpg

↑ 1363
※ SIGMA 50mm MACRO
d0089024_191337.jpg

↑ 1364
僕には珍しくボケを意識して(^^ゞ ※ SIGMA 50mm MACRO

d0089024_1914763.jpg

↑ 1365
※ SIGMA 50mm MACRO
d0089024_19153168.jpg

↑ 1366
美術館と海岸の間にはこのような池があり、カモメやカモの、そして人々の憩いの場になってます。 ※ DT16-105mm
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-03-07 18:54 |

春の淡雪

今朝の千葉は、昨夜から降り始めた初雪がうっすらと辺りを覆い、「一面の銀世界」とは言えないまでも、それなりに草や木に「お化粧」を施してくれました。

もっと腰をすえて撮るつもりでしたが、寒いのが苦手なはずのチャータンが雪の中を必死に追いかけてきて「見つけたよ♪」とでも言うように呼びかけるのがかわいそうで、早々に切り上げてしまいました。

まあ、滞ってるブログのネタが撮れただけですが(^^;

d0089024_20563085.jpg

↑ 1273
水仙の花に…


d0089024_20574765.jpg

↑ 1274
万両の赤い実にも…


d0089024_2059375.jpg

↑ 1275
ヤツデの葉の形が雪で強調されたように思えたので(^^;…


d0089024_2103416.jpg







→ 1276
裏山で。セイダカアワダチソウにも2度目の花が(^^) …


d0089024_2121041.jpg

↑ 1277
寒さに耐えて咲くホトケノザにもザラメ糖のように…


d0089024_2135328.jpg

↑ 1278
朽ちかけた木を伝う蔦に…


d0089024_2152368.jpg

↑ 1279
イバラか何かでしょうか…


d0089024_216161.jpg







→ 1280
これも草の種類は不明です…


d0089024_2173669.jpg







→ 1281
同じ種類の草かな? 


d0089024_219348.jpg

↑ 1282
日が昇り始めて、どんどん融け始めました。 本当に淡雪ですね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-01-17 21:11 | 自然

SONY α700 ~2

ただいま恒例の枯葉との壮絶な戦い続行中です(^^;
で、当然ニュー・カメラを手にしても出かける事など論外で…仕方なく家周りでニャンコなどで描写力やAF性能などを簡単にチェックしてみました。

貼り付けは全てjpg出力をリサイズしたものです。 結論としては、Nikon CANON ユーザーからみれば、「何を今更…」かも知れませんが、α7DやSweet-Dでさんざん辛酸を舐めてきたミノルタユーザーには涙モノの進化を遂げています!

d0089024_2225010.jpg


↑ 1352
昨夜は かなりの雨が降りました。 ※ DT16-105

d0089024_2234677.jpg

↑ 1353
簡易マクロとして充分実用的です。 ※ DT16-105

d0089024_2243785.jpg

↑ 1354
105mm側で開放 f:5.6と暗いので、大きくはボケませんが、柔らかいボケ方だと思います。 ※ DT16-105

d0089024_2251626.jpg

↑ 1355
ほぼこれ位まで寄れます(^^)  ※ DT16-105

d0089024_226719.jpg

↑ 1356
これは小さな小さな竹です。 ※ DT16-105

d0089024_2265770.jpg

↑ 1357
ここからはチャトラン。 何かをしてると必ず「遊ぼうよ♪」とニャーニャー鳴きながら纏わり着いてきます。 ※ DT16-105

d0089024_2282056.jpg

↑ 1358
「写真撮るから止まれ!」と言ったら、つまらなそうな顔で姿勢を正して…(=^o^=) ※ DT16-105

d0089024_2291715.jpg

↑ 1359
近付いてもカメラを離さないので不服そう(^^; この画像 ピクセル等倍で見ると、瞳の模様がちゃんと解像されています! タムロンやシグマのマクロレンズとは異質の柔らかな描写で、それでいて耳の中の毛や、瞳はカッチリ描写してて、価格からは信じられない描写力だと思います。 ※ DT16-105 

d0089024_2210382.jpg

↑ 1360
すると、一枚のイチョウの葉にハエが止まってるのに気付き…  ※ DT16-105

d0089024_22105151.jpg

↑ 1361
本能の誘惑には勝てず…(^_^;  ※ DT16-105 (この画像のみ85%相当にトリミング)

d0089024_22114194.jpg

↑ 1362
でもハエも生きるためには必死です(^^;  右端、バンパーの傷のような黒いのが逃げたハエです。  ※ DT16-105 

d0089024_22122966.jpg

↑ 1363
木が多いので、限られた陽だまりを求めて…  ※ DT16-105 

d0089024_22131892.jpg

↑ 1364
ここからはTAMRON 200-500 での撮影。上空を通過するジェット機にも簡単に合焦するようになりました(^^) これ、7Dとの組み合わせでは苦労したんですが…

d0089024_2214667.jpg

↑ 1365
遊水池でサギを狙いましたが逃げられました。 でもダメモトで飛行にトライしたら多少はモタツイテも、ファインダーにさえ入ってれば短時間で食いついてくれました。 今までの苦労が夢のようです。 背景に高圧線や鉄塔のあるシーンでも、迷わずにサギに合焦しました!

d0089024_22145665.jpg

↑ 1366
ピクセル等倍。ピントも正確なようです\(^^)/

d0089024_2215361.jpg

↑ 1367
ステンレス製物干し竿に蝶が…  α7Dだと、こういった「光モノ」があると全くダメでしたが、何の問題もなくスーっと合焦しました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-12-04 22:17

裏山(竹林)の秋

連日、「室内に居る」のが勿体無いような穏やかで暖かい好天気!
しかし、相も変わらず出かけること為らず!

仕方が無いので、裏山(10メートル程度)で無理やり秋をスケッチしました(^^;

d0089024_2005567.jpg

↑ 1330
2年前に切り倒したままになってる竹に沿って蔦が紅葉していました。(葉の大きさ1~3センチ)

d0089024_2035068.jpg

↑ 1331
少し寄ってみました。

d0089024_2043020.jpg

↑ 1332
もう少し寄ってみました(^^ゞ

d0089024_2051684.jpg

↑ 1333
ヤマウルシ…かな?

d0089024_2055127.jpg

↑ 1334
同じ種類だと思いますが、全く紅葉してない蔦もあります。(トーンカーブ補正あり)

d0089024_2065643.jpg

↑ 1335
シダ類も色が変わったりするのですが、これは元気イッパイの緑のままですね。

d0089024_2081322.jpg

↑ 1336
発芽後2年目ぐらいでしょうか…いっちょ前に紅葉して(^^)


d0089024_2010535.jpg







→ 1337
いつも掲示板に素敵な植物たちを紹介してくださり、今度偏向グラスというブログを始められたARさんも撮られたマルバホロシと同じものだと思うのですが・・・。


d0089024_20135899.jpg

↑ 1338
これは少し離れた場所で。 …クヌギかな?

d0089024_20154883.jpg

↑ 1339
隣の木はまだ葉が落ちていません。

d0089024_20164818.jpg

↑ 1340
黄色から茶色へと変わりつつあるブタクサの間にススキが…

d0089024_20174636.jpg

↑ 1341
ナズナだと思うのですが、今頃花を咲かせるなんて…間違ってるかも(^^;

d0089024_20213457.jpg

↑ 1342
思わぬ収穫\(^^)/
我が家の周りには、マンリョウやヤブコウジは捨てるほど自生してますが、センリョウは正月に使った切花の種を蒔いても全く芽吹かず、土地が合わないのかと諦めていましたが、思いがけない場所で自生していました。鳥にでも種を運ばれたのでしょうか…人間より自然の方が偉大と言う事ですね(^_^;
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-11-25 20:28
またしても前回からの更新が滞ってしまった(^^;

モミジの寿命というものが、どうなのかは判らないが、樹勢というのはあるのかもしれない。
我が家のモミジも、10年ぐらい前までは枝ぶりも良く、毎年美しい紅葉を魅せてくれたのだが(実際、何人もが撮影にきた)、台風や強風で枝が折れ、年々「みすぼらしく」なる一方の気がする。

おまけに、環境の変化も徐々に迫り、以前は濃い緑や暗い青だった背景にも、ガードレールなどの構造物が写りこむようになってしまった。

と言う訳で、アップにも絶えず、引くにも引けず…腕が無いとも言いますが(^^ゞ

d0089024_16452931.jpg

↑ 1324

d0089024_17512.jpg

↑ 1325
アオハラン…でしょうか?

d0089024_1722743.jpg

↑ 1326
まさに「あったまる」感じでした。

d0089024_1734448.jpg

↑ 1327
アカタテハも心なしか鮮やかさが少ないようです。

d0089024_1794019.jpg
 
↑ 1328
他人様の庭で。 ハボタンかな?

d0089024_1713050.jpg

↑ 1329
長い間いろんな昆虫たちに蜜を与えた韮も、種子をばら撒くだけに…
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-11-23 17:16 | 自然

近所の蔦など…

実は、一昨日も昨日もヒラタアブを撮っているのですが、いくら何でもヒラタアブばかりの連続ではマズイ(-_-;

で、ヒラタアブは日を空けて「ほとぼりが冷めた頃」にアップ…という姑息な思い付きが(^^ゞ

今日は、朝から絶好の撮影日和というのに、こなさなければならない仕事が一杯出来たなあ…なんて自宅内に籠もっていると、一本の電話が入り、どうしても近所に出かけなければならないことに。

そういうわけで、あくまでもついでにカメラを持って出かけました。…とは言っても、自宅から300メートルと離れていないのですが…

d0089024_20362894.jpg

↑ 1300
11時半近いと言うのに、まだあちこちに水滴が付着していました。

d0089024_20382360.jpg

↑ 1301
道沿いの畑にあった菊も…

d0089024_20394561.jpg

↑ 1302
同上 木陰の畑なので、木漏れ日が一部分にだけ斜めから当たっています。

d0089024_20405495.jpg

↑ 1303
残り少なくなった花を求めてキタテハ(たぶん)も…

d0089024_20421463.jpg

↑ 1304
子供の頃は、こういう葉っぱに美を見出せなかったなあ…(^^; ん?年寄りになった証拠か!?

d0089024_20433743.jpg

↑ 1305
頭上高くには蔦が真っ赤に染まっていました。


d0089024_2045178.jpg







→ 1306
ならば、低い場所にもあるハズ…と探したら


d0089024_20462398.jpg

↑ 1307
モミジの赤に負けてません!



d0089024_20474574.jpg






→ 1308
紅葉しない蔓性植物に混じって伸びています。


d0089024_20495942.jpg

↑ 1309
光を求めて互いに競争して…

d0089024_20505475.jpg

↑ 1310
近くの足元には、まだ小さな蔦も…。あと何年経ったら「見上げる」高さにまで育つのでしょう。

d0089024_20522812.jpg

↑ 1311
どうしてもヒラタアブが居ると撮っちゃう…(^^ゞ ※この画像のみクリックで1000×665ピクセル
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-11-14 21:02

秋色スケッチ~1

千葉県の今日は、予報どおりに重く雲が垂れ込めて、肌寒い一日です。こういう日の撮影は、色調も冴えないので「撮る気まんまん!」とはいかないのですが、例によって更新も滞っているので、近所を散策し「秋」を感じたものを少しばかりアップします。

d0089024_14502892.jpg

↑ 1286
本当は晴天で半逆光で撮りたい被写体ですね。

d0089024_1452019.jpg

↑ 1287
バックのブルーは、天然ガスの輸送管の塗装です(^^ゞ

d0089024_14533484.jpg

↑ 1288
近くの「外房有料道路」路側帯に山茶花が咲いていました。場所が場所だけに、車がビューンッ!と通過して風を起こし、揺れが収まる瞬間が短くて(^^;

d0089024_14555937.jpg

↑ 1289
車やガードレールを避けると、アングルも限られて…

d0089024_14564745.jpg

↑ 1290
ここでもヒラタアブは働き者(^^)

d0089024_14574526.jpg

↑ 1291
こちらはハチ君かな?

d0089024_14582452.jpg

↑ 1292
これも路側帯で。葉の傷み(病気?)が酷くて汚いので、思い切りボカシてみましたが…

d0089024_14595534.jpg

↑ 1293
1287と同じ実だと思われます(場所は違う)


d0089024_1511389.jpg






→ 1294
排水溝の脇に出てたキノコ。


d0089024_1524169.jpg

↑ 1295
アカツメクサにシジミチョウが停まってたので撮ろうとすると、ヒラタアブが「待ってぇー!アタシガ先よー♪」と…(^-^)

d0089024_1543313.jpg

↑ 1296
で、シジミチョウも。雨上がりで水滴が付いています。

d0089024_155548.jpg

↑ 1297
アカツメクサを真上から…。ピント位置は何枚か変えた中の一枚。


d0089024_1571813.jpg







→ 1298
野ブドウ…でしょうか?


d0089024_1584886.jpg

↑ 1299
自然は「色の魔術師」ですね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-11-11 15:12 |
いよいよ被写体が枯渇してきました。 これからは似たり寄ったりの内容になりそうな恐怖が(^^;

近所で真弓(たぶん)の実が弾けてるのを見つけました。

d0089024_19574424.jpg

↑ 1276
この時は雲が出てました  ※1000×665ピクセル

d0089024_2002414.jpg

↑ 1277
いわゆる「花」と違って、陽が差したほうが美しいですね。 ※800×432ピクセル


d0089024_2024345.jpg







→ 1278
この、ピンクと赤の可愛い取り合わせと、不思議な色っぽさを表現するのは難しいです(^^;  ※465×700ピクセル


d0089024_2043392.jpg








→ 1279
僕は滅多に前ボケは使わないのですが…   ※465×700ピクセル


d0089024_20102872.jpg







→ 1280
変わり映えしないなあ…(^^ゞ  ※465×700ピクセル


d0089024_20122018.jpg

↑ 1281
もう何十年も前に切った葡萄。いまだに芽を出して葉もつけて…  ※1000×665ピクセル

d0089024_2017471.jpg

↑ 1282
主の居なくなった蜘蛛の巣(直径10センチほど)  ※700×465ピクセル

d0089024_20201675.jpg

↑ 1283
しつこく(^^;   ※1000×665ピクセル

d0089024_2024324.jpg

↑ 1284
しつこく…2  (^^;  ※1000×665ピクセル

d0089024_20264356.jpg

↑ 1285
しつこく…3  ※1000×665ピクセル
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-11-07 20:28 |

里の秋…2

床屋さんに行ったついでに、近所の公園へ「今年の紅葉はどうかいな?」と偵察に寄りました。
さすがに、未だ青々としていますが、先端部は真っ赤に紅葉している葉もあります。

しかし、殆どの枝に枯れて茶色く傷んだ葉が着いているのは…暑すぎた夏のせいでしょうか…

時折小雨が降る、重くどんよりとした空模様でしたが、ただ帰るのも癪なので、「秋めいた」スナップを少しだけ撮ってきました(11月1日撮影)

d0089024_1919251.jpg

↑ 1250
黄緑から赤へのグラデーションが、「季節の移ろい」を感じさせます。

d0089024_18593077.jpg

↑ 1251
ありがちな絵でしかも「日の丸構図」。逆光で撮りたかった…

d0089024_1915197.jpg

↑ 1252
これが一斉に散ると、そこで楽しい母子の「落ち葉拾い」が…

d0089024_1932833.jpg

↑ 1253
こんな目立たない実を付ける木も…


d0089024_1945094.jpg







→ 1254
ムラサキシキブも


d0089024_1954310.jpg

↑ 1255
別角度から

d0089024_1963587.jpg

↑ 1256
ドウダンツツジも赤くなり始めていました。

d0089024_1985067.jpg

↑ 1257
一応「公園」なので、ところどころに寂しい花壇も。ブルーサルビア?とセセリチョウ。

d0089024_19102847.jpg

↑ 1258
こちらは定番のヒラタアブ。

d0089024_1911653.jpg

↑ 1259
ヒラタアブ 2

d0089024_19114894.jpg

↑ 1260
こちらにはシジミチョウが…

d0089024_19125599.jpg

↑ 1261
↑(1259)の背景の赤い花がこれです。


d0089024_19153036.jpg







→ 1262
どの固体も、ピントを合わせるとどこかが傷んでる(^^;


d0089024_19165850.jpg

↑ 1263
ピラカンサスの赤は、一際目立ちますね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-11-02 19:21

写真雑記帳


by real_gontanopapa