タグ:昆虫 ( 379 ) タグの人気記事

8月は、暑い!という事もあるのですが、何かと忙しく気ぜわしい月なので、代わり映えのしない内容ですが、とりあえず更新しておきます。

d0089024_11532989.jpg

↑ 1029
クサギ(臭木)に飛来したクロアゲハ(詳細不明)。ここは廻りを木々や竹に覆われ、背景も煩いし照度は稼げないし…なのですが、何故かクサギが多く繁茂し、結果クロアゲハ系が好んで飛来します。

d0089024_11585628.jpg







→ 1030
タマムシ。飛翔撮影には失敗しました。


d0089024_1212931.jpg

↑ 1031
去年の今頃は「アゲハなんて飽きたね!」状態だったんですが、今年は愛しく思えちゃう。勝手なもんですね(^^ゞ

d0089024_1232177.jpg

↑ 1032
少しは躍動感が出た…かな?

d0089024_1245562.jpg

↑ 1033
前回はシロツメクサ中心だったので、今回はアカツメクサに集う昆虫たちを・・・

d0089024_1261127.jpg

↑ 1034
アカタテハ?

d0089024_1265578.jpg

↑ 1035
モンキチョウ

d0089024_1273688.jpg

↑ 1035
こちらは本当に黄色いモンキチョウ(^^ゞ

d0089024_1292118.jpg

↑ 1037
家の周りで初めて出会えたチョウトンボ。感動に打ち震えたわけではないのですが、この頃には額の汗が眼に入り、ファインダーが霞んでピントがー! 

d0089024_12133876.jpg

↑ 1038
もう少し左に振れてたら、大威張りでアップしてたかも(^^ゞ
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-08-04 12:17 | 昆虫

無理やり更新(^^ゞ

前回の更新から一週間が経ってしまいました。 早いなあ…(-_-;

全く撮影行の機会も無く、天候も同じなら場所も同じ… 必然的に色合いも代わり映えしません(^^; 一部一昨日(7/16)の撮影分もあります。


d0089024_2063510.jpg

↑ 0970
ショウジョウトンボかな? まあ「赤とんぼ」と言うことで(^^; ヤンマ系と違って飛行時間が短いので案外難しいです(僕には)
50%トリミングしてます。

d0089024_2010386.jpg

↑ 0971
今日は、半ばヤケになって水滴メインで…(^^;

d0089024_20171062.jpg

↑ 0972
風が強くてピントが定まらなかった(-_-;

d0089024_2018912.jpg

↑ 0973
トンボが雨宿りしてるのはネギ。

d0089024_2019510.jpg

↑ 0974
このセセリチョウはエノコログサの上で一休み。

d0089024_20201479.jpg

↑ 0975
蜘蛛も…

d0089024_2021441.jpg

↑ 0976
サトイモの葉

d0089024_2022995.jpg

↑ 0977
生い茂る雑草の中でヒッソリと咲くツユクサ。

d0089024_202332100.jpg

↑ 0978
この蜘蛛の巣の差し渡しは10センチぐらいです。

d0089024_20242870.jpg

↑ 0979
犬蓼?とジガバチ。

d0089024_2027465.jpg

↑ 0980
このカップルのベッドはネギです(^_^;

d0089024_2028261.jpg

↑ 0981
ガクアジサイで見つけた小さなカタツムリの赤ちゃん。

d0089024_20295230.jpg

↑ 0982
これは一昨日の撮影

d0089024_2031548.jpg

↑ 0983
これも一昨日の撮影。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-07-18 20:33 | 昆虫

それぞれの雨宿り

昨日の千葉県は、本降りでもなく、曇り空でもなく…梅雨特有?のジトっとした一日でした。
小さな昆虫にとって、一滴の雨は大変な脅威の筈で、人間で言えば「バケツの水」を数十メートル上からビシバシ掛けられている感じでしょうか…

似たり寄ったりの絵柄ですが、草陰や花の上で雨に耐えてる昆虫たちのスナップです。

d0089024_19111916.jpg






→ 0960
ウスバカゲロウのような感じですが…



d0089024_19183364.jpg







→ 0961
これは「耐える」という感じがピッタリでした。



d0089024_19213188.jpg

↑ 0962
ハチは少々の雨ではひるまずに働いてました。

d0089024_1923399.jpg

↑ 0963
少しでも雨が止むと…(セセリチョウと百日草)

d0089024_19241496.jpg

↑ 0964
こちらはエノコログサ?の葉上で一休み(^^)

d0089024_19255514.jpg

↑ 0965
ベニシジミは、この青い花がお気に入り(^^)

d0089024_19265825.jpg

↑ 0966
ヒラタアブも少しの止み間に蜜集め?

d0089024_1928081.jpg

↑ 0967
ツマグロキンバエ? とても小さい。

d0089024_19303257.jpg

↑ 0968
ヒルザキツキミソウ?もシットリと濡れて…

d0089024_19321380.jpg

↑ 0969
これは今朝の撮影。まだ薄日が差す中、小さなヒラタアブが息の長いカタバミに…
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-07-12 19:35 | 昆虫
梅雨の晴れ間らしく、スカッと晴れてはくれないが、それでも日差しを浴びるとクラクラする程暑いですね。 …もう7月ですものね(^^;

半ば諦めながらも、未練たらしく裏山へ偵察に出かけても、昆虫の「気配」が感じられません。
いつもの顔ぶれですが、かろうじて姿を見せてくれた昆虫たちのスナップです。

d0089024_0403746.jpg

↑ 0940
右側の蝶を追ってたら、青い花に止まってる別口がフレームインしてきた。

d0089024_0433040.jpg

↑ 0941
この青い花、他にもいっぱい咲いてるのに、強引に割り込んで…

d0089024_04438100.jpg

↑ 0942
執拗に廻りを飛んだり花に乗ってみたり…求愛行動?

d0089024_0454672.jpg

↑ 0943
去年までは、この蔓性の草にはモンキアゲハやカラスアゲハが優雅に舞い降りていたのですが…

d0089024_046579.jpg

↑ 0944
なにも、ここまで赤くならなくても…と思うのは人間の勝手なのでしょうか。

d0089024_0491371.jpg

↑ 0945
派手さはないですが、良く見るとなかなか綺麗。(オオバコの花穂)

d0089024_0513884.jpg

↑ 0946
甲虫も餌食になるんですね(背中が硬そうと思うのは素人考え?)

d0089024_0533282.jpg

↑ 0947
コスモスもちらほらと… (僅かな風を受けて大きく揺れるのでマクロは辛いですね)

d0089024_0545412.jpg

↑ 0948
蒸発せずに残った水滴とベニシジミ。目に合焦させたのも撮りましたが。こちらを採用しました。

d0089024_0562321.jpg

↑ 0949
本当はアオスジアゲハとかカラスアゲハに止まって欲しいんですが…(^_^;
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-07-06 01:00 | 昆虫

それぞれの雨宿り

今日は天気予報どおり、今にも降りそうな朝でした。昨日まではあまりに暑くて、草刈を躊躇していましたが、今のうちに…と急きょ刈払機始動!

事のついでに、少し離れた場所にも出動! が、途中で本降りになってしまった(-_-;
途中で止めるのも癪に障るので初志貫徹! 2時間ほどで完了!

で、ついでにエンジンの影響でブルブル震えが残る手で、草陰でじっと雨を凌ぐ昆虫たちをスケッチしてみました。 一部を除き、「雨の雰囲気」を残すためにオートホワイトバランスのままに、やや青味を残してあります。

d0089024_1622455.jpg

↑ 0914
うっそうと生い茂る雑草の奥には、人知れずこんな実が熟し…鳥に見つけられれば良いのでしょうが…


d0089024_16253278.jpg 








→ 0915
いつのまにかネジバナが可憐な花を咲かせていました。


d0089024_16272123.jpg

↑ 0916
ベニシジミ

d0089024_16282186.jpg

↑ 0917
こちらのベニシジミは草を傘にして(^_^)

d0089024_16293282.jpg

↑ 0918
ヤマトシジミでしょうか…

d0089024_1630974.jpg

↑ 0919
交尾中? それとも捕食中? 雨が強くてゆっくり確認は出来なかったです。種類は判りません。

d0089024_1631521.jpg

↑ 0920
これも甲虫としか…

d0089024_16314820.jpg

↑ 0921
蛾の一種でしょうか…

d0089024_16324766.jpg

↑ 0922
トンボも…

d0089024_16332750.jpg

↑ 0923
シリアゲ?

d0089024_1634354.jpg

↑ 0924
この頃には本降りになってしまいました。

d0089024_1634452.jpg

↑ 0925
普段は警戒心が強いセセリチョウも、この時だけは比較的近付かせてくれました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-06-22 16:38 | 昆虫
最近は、このブログネタと掲示板貼り付けネタの重複が当たり前の危機的状況に(^^ゞ

今日(5-09)も件の場所に行ってみた。すると…

d0089024_145266.jpg

↑ 0740
おやーっ!? もうブラッキーが頑張ってる! こちらの茂みにはスズメやマヒワ、百舌などが潜んでいます(雉も)
ただ、比較的諦めは早く、30分程ですごすご引き返して行きました(=^-^=)

d0089024_1474044.jpg

↑ 0741
シジュウカラがまさに昆虫を見つけて襲い掛かる瞬間。本当は獲物を咥えてたら良かったけど…僕には無理です(老眼のせいにする?)

d0089024_1494584.jpg

↑ 0742
高解像度は「お手軽500mm」では限界があるので、情緒的構図でごまかして(^^ゞ

d0089024_1511856.jpg

↑ 0743
誤魔化し・その2…飛び去る瞬間

d0089024_1523829.jpg

↑ 0744
ハルジオン(ヒメジョオン?)ではテントウムシが忙しそうに行ったり来たり

d0089024_1533319.jpg

↑ 0745
運良く飛び立ってくれたら…と待ちましたが、この草がお気に入りのようで(^^ゞ

d0089024_1542792.jpg

↑ 0746
木陰ではこんな蛾も…
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-05-10 01:56

本日の裏山…雨上がり

水滴ばかりを撮るつもりは毛頭無いのですが、裏山と言う限られたフィールドでは、雨の日はそんな被写体が多くなります(^^ゞ


d0089024_0535173.jpg

↑ 0715
ハルジオン。あまりに強い繁殖力で、あまり気に留められることが無いが、案外美しいです。

d0089024_0553057.jpg

↑ 0716
テントウムシ。羽根の下には怪獣さながらの凄い形相が隠れてる

d0089024_0562878.jpg

↑ 0717
昆虫にとって雨は大きな脅威なのだと思います。これから旅立つところかな?

d0089024_0574454.jpg

↑ 0718
小さな昆虫には水のレイノルズ数(粘性)は大問題でしょうね。乾くまで耐える?

d0089024_0585912.jpg

↑ 0719
このシジミチョウは僕を察知してこの後すぐに飛び去った。

d0089024_10078.jpg

↑ 0720
コガネムシの仲間? アグロステンマの花にて

d0089024_104878.jpg

↑ 0721
こちらはハナムグリ

d0089024_113124.jpg

↑ 0722
ビオラにも水滴が…

d0089024_12470.jpg

↑ 0723
水滴をふるい落とすようにハナアブのカップルがいちゃついて(^^ゞ

d0089024_133342.jpg

↑ 0724
ヒルザキツキミソウも一輪だけ…

d0089024_141179.jpg

↑ 0725
ムラサキツユクサも咲き始めました。他人様の畑の中なのでこれ以上の構図は無理でした。

d0089024_152032.jpg

↑ 0726
これは我が家のミヤコワスレ。

d0089024_155073.jpg

↑ 0727
これも我が家の蔓性のバラ

d0089024_171038.jpg

↑ 0728
彼は羽化直後なのか雨に濡れたからか…何度も羽根を広げてもがいてました。

d0089024_182190.jpg

↑ 0729
今日は何頭かのジャノメチョウに出会いました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-05-08 01:11 | 自然
ゴールデンウイークってどこの国の話ですか?…状態の僕は、出かけることなど微塵の可能性もなく、山のように降り積もる竹の枯葉との格闘に明け暮れています。

しかし、5月に入ったというのに更新もしないようではイカンと(^^ゞ

d0089024_22252065.jpg

↑ 0693
植えた場所が悪くて、毎年草刈機の犠牲になってる蔓バラ。健気に芽を出し、小さな花を着ける。

d0089024_22284189.jpg

↑ 0694
この状態は半日持たず、すぐにデレーっと開ききってしまう。

d0089024_2229341.jpg

↑ 0695
撮影時(5/1)は雨だった。

d0089024_22312025.jpg

↑ 0696
ヒラタアブは何の花にもやって来る。

d0089024_22321269.jpg

↑ 0697
ハムシの一種…かな?

d0089024_22324560.jpg

↑ 0698
ピークを過ぎた牡丹にヒラタアブとマルハナバチが同居(^^)

d0089024_22345097.jpg

↑ 0699
あまり美しくない絵ですが、群がるアブラムシを捕食するテントウムシ。

d0089024_2236282.jpg

↑ 0700
花弁がすっかり落ちてしまった牡丹。意外に美しい。

d0089024_22371461.jpg

↑ 0701
シダ類は幾何学的な美しさがありますが、ちょうど西日が当たって…

d0089024_22381168.jpg

↑ 0702
こちらは別種。風で揺れて構図は風任せでした。下手に考えるよりも好結果?
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-05-03 22:39 | 自然

釣鐘水仙に集う

いつもの裏山。家庭菜園の一角に植えっぱなしの釣鐘水仙。
大根の花や菜の花…タンポポにカラスノエンドウなどには、引きも切らず昆虫が寄り付くのに、この釣鐘水仙には昆虫が寄り付かないなあ…と思っていましたが。

大根の花も、僕には全く変化が無いように見えるのに、過日アップしたクマバチも全く飛来しないし…自然は謎だらけです。

で、枯葉掃除の合間を縫って、この花の前で地面に腰を下ろし、ゆっくり観察すると…
いろんな昆虫が訪問してるのが見て取れました(^^)

d0089024_20252838.jpg

↑ 0681
まずは、当ブログでも度々登場してるニホンヒゲナガハナバチに似た黒いハチ

d0089024_20265547.jpg

↑ 0682
これも

d0089024_2027355.jpg

↑ 0683
これはミツバチ

d0089024_20283719.jpg

↑ 0684
釣鐘状の花にも器用に飛び込む(ハナムグリは下手ですね)。

d0089024_20292871.jpg

↑ 0685
これはスジボソコシブトハナバチかな?

d0089024_20304117.jpg

↑ 0686
ハナムグリ。 甲虫の飛翔は案外難しいのでピントが決まって嬉しい。

d0089024_20315692.jpg

↑ 0687
これもハナムグリ(ピン甘)

d0089024_20331057.jpg

↑ 0688
花粉団子の色も青緑!

d0089024_2034747.jpg

↑ 0689
こちらに突進中のミツバチ

d0089024_20362166.jpg

↑ 0690
もちろん大根の花にもハナムグリが。しかしあれほどブンブン飛んでたクマバチが居ないのは…大好きな藤の花が咲いたから?

d0089024_20373772.jpg

↑ 0691
足元のオオイヌノフグリにはいつものようにヒラタアブが

d0089024_20382138.jpg

↑ 0692
ここだけスポットライトのように木漏れ日が…
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-04-30 20:43 | 昆虫
このところ、時間が空くと毎日のように裏山に出かける。100メートルちょっとの農道がメインのコースで、道沿いの雑草の中と、畑に植えっぱなしになっている少々の花が主な撮影フィールド。

当然、日々「劇的変化」などある筈もないが、目を凝らして雑草の中に身を投じると、そこでは小さな生き物たちの限られた生涯を生き抜き、子孫を残すための美しくも壮絶な生き様が見えてくる。

d0089024_2016563.jpg

↑ 0669
さんざん花に顔を突っ込んで額?に花粉をいっぱいくっつけて(^^)

d0089024_20185699.jpg

↑ 0670
カラスノエンドウの先端で悩んでる? ハムシの仲間かな…

d0089024_20204588.jpg

↑ 0671
強い日差しの中、奇跡的に蒸発せずにいた水滴(1ミリ足らず)と赤い虫。

d0089024_20241056.jpg

↑ 0672
これはどういう風に変わるのかなあ? 一見派手なようでも、掴まっている蔓に色彩が似てますね


d0089024_20255952.jpg

↑ 0673
この日は何度か「イモムシ」に出会いました。 まさに生命始動の季節ですね。

d0089024_20284372.jpg







→ 0674
こちらはカラスノエンドウで…
半透明で美しい緑が印象的



d0089024_2032288.jpg

↑ 0675
菜の花の間を行くヒラタアブ

d0089024_20333155.jpg

↑ 0676
こちらはミツバチ

d0089024_20341211.jpg

↑ 0677
生い茂るカラスノエンドウの中で屈んでいると、スジボソコシブト~やミツバチが盛んに吸蜜をしています。
で、ある花の後ろに回りこんだミツバチを撮ろうと待っても、花の振動が続くだけで一向に出てきません。「そんない良い蜜があったのか…」などと、呑気なことを思いながらシビレを切らして回り込んで見ると…



d0089024_20362798.jpg

↑ 0678 
コハナグモ?と思われる蜘蛛に捕らえられて麻酔?のためか身体を痙攣させてるところでした。 しかし一応毒針も持ってて、身体も大きい相手を瞬時に仕留めるなんて…蜘蛛はやはり凄腕のハンターなのですね。

d0089024_20421168.jpg

↑ 0679
ところで、これは我が家の牡丹。朝方は蕾だったのに昼頃には見事に開花。すると何処からともなくヒラタアブが集まってきて蜜の奪い合いを始めて(^^; そんなに惹き付ける匂いがあるのかと、鼻を近づけてクンクンやるが、かすかに「嫌な」匂いがするのみ。自然って不思議だなあ。

d0089024_20451749.jpg

↑ 0680
お約束の飛翔も(^_^;
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-04-29 20:48

写真雑記帳


by real_gontanopapa