前回の更新から、早くも1週間も過ぎた。どこかへ出かけることもならず、変わり映えしない内容ですが、1年経って 85MB/1GB という容量使用率ではイカン! ということでもないのですが…

実は、僕の普段の血圧は、70-120前後を維持してるのですが、ここ数日急に数値が上がり、特に最低血圧が100前後を示すようになりました。何度計測しても、左右の手を変えても変化が無いので、多分間違いはないと思われます。

血圧を測る気になったのも、スーパーで「主婦兼業中」にクラっと来たからなのですが、頭重感はずーっと付きまとっています(-_-; 早めに病院に行くべきなのは重々承知なのですが、独り者の哀しさで、いろいろとあって「おいそれ」とはいかないのです(^^ゞ

裏山での撮影も30分続ける気力が湧きません。 まあ「お目汚し」でも更新だけは(^^ゞ

今回はTAMRON A061 + α-Sweet-Dで撮ってみました(やはり甘いですね)

d0089024_2117839.jpg

↑ 1120
スズバチ?でしょうか…交尾中を失礼して

d0089024_2118107.jpg

↑ 1121
曇り空で暗かったのでストロボ使用。コントラストが上がりますね。

d0089024_21194576.jpg

↑ 1122
ボケも硬くなくて良いですが、もう少しシャープに撮れれば…(トリミング有り)

d0089024_21214394.jpg

↑ 1123
ニラの花っていろんな昆虫を惹きつけるんですね。

d0089024_21231347.jpg

↑ 1124
コスモスとモンシロチョウ?

d0089024_2124231.jpg

↑ 1125
こちらはオミナエシに

d0089024_2125372.jpg

↑ 1126
僕の裏山での撮影の苦労の一端を(^^ゞ どこから見てたのか、こうして必ず付いてきて、廻りで追いかけっこを始めます。大抵の昆虫はどこかへと・・・
それでいて、撮影を諦めて帰宅すると、一緒について来る…勝手に遊んでくれたら良いのに(^^;

d0089024_21285958.jpg

↑ 1127
これ以下はα7D+TAMRON SP 90mmでの撮影。

d0089024_21304678.jpg

↑ 1128
やはり高倍率ズームとは描写力が違いますね。 クリックで少し拡大

d0089024_21315382.jpg

↑ 1129
ニラの花に御執心のミツバチ♪ クリックで 1000×665ピクセル。
[PR]
# by real_gontanopapa | 2007-09-15 21:36
昨日は台風通過後の常で、夕焼けが美しかったですね。予想はしてたんですが・・・

降り積もった落ち葉と格闘することで一日が暮れ行きました(^_^; 西の空に「理想的」な雲と茜色が輝いた時には、「クッソー!」と思いながら軽トラック5台分ぐらいの落ち葉を掃き寄せた。でも、半分も片付いていない(-_-;

今日も早朝から頑張って、何とか残り3分の1まで漕ぎ着けた。台風も去ったというのに、強風が止まないので、「あわよくば…」の期待を抱いて、市原方面へ…

綺麗な夕日が出れば、富津あたりまで・・・と目論んだが、やはり現実はそう甘くはない(-_-;
止む無く、いつもの釣り公園に行ってみました。昔はそんなこと無かったけど、最近は必ずカメラを手にした人と会う。今日は3人も居た!

そんな訳で「不本意」なショットではあるのですが、毎度々々昆虫では芸が無いので…(^_^;

d0089024_22561879.jpg

↑ 1110
なんて事無い石ころ(消波用)も夕日を受けて黄金色に…


d0089024_230249.jpg






→ 1111
カモメ? なかなか光ってる場所に来てくれなかった(^^;


d0089024_2324294.jpg






→ 1112
いろいろ入れてみました(^^ゞ


d0089024_2341683.jpg

↑ 1113
カモメかウミネコか解らないが、とにかく沢山いました。 クリックで1000×665サイズ

d0089024_237375.jpg

↑ 1114
強風の副産物で、かすかに富士山も見えた。

d0089024_2383733.jpg

↑ 1115
富士山と、羽田に向かうジェット機に羽田から飛び立ったジェット機… 1000×665サイズ

d0089024_23101358.jpg

↑ 1116
このオジサンは陽が沈んじゃってから来た(^^;

d0089024_23112514.jpg

↑ 1117
オマケ 「ドングリの背比べ?」 台風でいっぱい落ちました。

d0089024_23123927.jpg

↑ 1118
オマケ 2

d0089024_23131431.jpg

↑ 1119
オマケ 3
[PR]
# by real_gontanopapa | 2007-09-08 23:16 | 風景
この二日ほどホウジャクを撮っていますが、その際オオスカシバにも遭遇しながら逃げられている事には触れましたが…

やっと数カットカメラに収める事が出来ました。 しかしお手軽レンズとは言え、180mm f:3.5の大きい口径のレンズは警戒心を与えるらしく、レンズと(彼の)視線が合うとス~っと飛び去ってしまう。

ホウジャクや蝶、トンボでも…ミラーの上下動を感知してるとしか想像できないタイミングで逃げられてる事も度々あり、昆虫たちの「生命を懸けた」計り知れない能力には改めて驚かされます(僕自身が「殺気」を発してるとは信じたくない)

d0089024_10545557.jpg

↑ 1096
サンジャクバーベナに飛来しました(^^) もう「背景が煩くてどうのこうの…」なんて贅沢はどうでもよくなりました(^^; 
クリックで 1000×665ピクセル。

d0089024_110823.jpg

↑ 1097
「百日草に行って欲しい」という願いが通じたのか…。しかし、また逃げられるのが恐くてポジションを変えられません(^^;

d0089024_1122394.jpg

↑ 1098
眼からピントがズレてしまいました(-_-; 言い訳がましいですが、ホバリングとは言っても、じっとしてる訳ではなく、花を中心に回転したりと…微妙に位置が変わるんです(^_^;)
クリックで1000×665ピクセル。

d0089024_1153521.jpg

↑ 1099
ホウジャクも。オオスカシバに比べ「二廻り」ほど小ぶりです。

d0089024_1195070.jpg

↑ 1100
働き者のミツバチが見れるのも、あと少しですね。

d0089024_11111562.jpg

↑ 1101
トンボもめっきり少なくなりました。交尾を終えたメスでしょうか…イトトンボのサイズになると、水の表面張力が無視できない世界なのが解ります。

d0089024_11133671.jpg

↑ 1102
お隣の庭で。夕方ということもあり、キバナコスモスと併せ「秋色」ですね。

d0089024_1116487.jpg

↑ 1103
キタテハ? この花に御執心でした。


d0089024_11214295.jpg






→ 1104
足元に目をやれば、可憐な白い花にセセリチョウが…


d0089024_11233995.jpg

↑ 1105
百日草とセセリチョウ

d0089024_11242239.jpg

↑ 1106
芙蓉とクロウリハムシ?

d0089024_11254150.jpg

↑ 1107
こちらではハナバチも…

d0089024_1140771.jpg

↑ 1108
ゴーヤ?の花とウリハムシ。

d0089024_1142591.jpg

↑ 1109
最後に「実りの秋」を一枚(^^)
[PR]
# by real_gontanopapa | 2007-09-04 11:47 | 昆虫
ここ数日、せっかく見つけたオオスカシバも、レンズを向けて近付くとス~っと逃げられ、何故かホウジャクだけは舞い戻って撮らせてくれる…そんなことで「同じようなホウジャクばかりは続けられないなあ…」なんて悩んでたら・・・

ふと思い返せば、硬化する一方の脳細胞に抵抗し「ブログでも始めるか…」とスタートしたのが「オオスカシバとホウジャク」でした。で、最初の記事を読み返すと、まさに'06年9月3日がそうでした。

何事も長続きしない僕が、よくもまあ一年も続いたものよと感心したり…(^^ゞ
これも偏に時には厳しく、時には優しく「叱咤激励」して見守ってくださった皆様のお陰と、心から感謝致しております。

で、8月28日の内容と殆ど変わらないのですが「一周年記念」と言うことで大目に見ていただいてm(__)m

d0089024_9571281.jpg

↑ 1082
サルビアにも多くの昆虫が吸蜜に飛来します。

d0089024_9594116.jpg

↑ 1083
こちらはセージ傍のヤマイモの葉で休むセセリチョウ。

d0089024_1015370.jpg

↑ 1084
初夏に出没したホウジャクより小ぶりな気がします。

d0089024_1034381.jpg

↑ 1085
クリックで1000×665サイズ。

d0089024_1092762.jpg

↑ 1086
ハチも蝶も、このホウジャク同様「事前に」吸蜜管を出してるようです。

d0089024_10121563.jpg

↑ 1087
かつて某Nikonサイトで「空飛ぶエビフライ」と表現した方がいましたが、言いえて妙だと思います(^^;  クリックで1000×665に拡大

d0089024_10144184.jpg

↑ 1088
クマバチがガッシリしがみつくと、重みでグン!と茎が曲がります。

d0089024_1018364.jpg

↑ 1089
足元では良く判らない小さな花にシジミチョウが…


d0089024_10215838.jpg






→ 1090
アゲハチョウも過ぎ行く夏を惜しむかのように…


d0089024_10235332.jpg

↑ 1091
本当に忙しそう! (^^;

d0089024_1027292.jpg

↑ 1092
これは初見の蝶。黒系アゲハに似てるが黒くない(^^; 黄色いかと言うと…くすんでる(^^;
おまけに、いわゆる「尾」部分も片側が欠損してて痛々しい。

d0089024_10343241.jpg

↑ 1093
弱々しい飛び方でした。

d0089024_1036326.jpg

↑ 1094
なかなか出会えなかったアオスジアゲハの飛翔。背景が…(-_-;

d0089024_10374573.jpg

↑ 1095
視線と同じ高さに降りてくれた\(^^)/
[PR]
# by real_gontanopapa | 2007-09-03 10:39 | 自然

今年最後の…?

8月も残り三日というのに、この暑さはどうした事だろう! 言われているように「地球温暖化」で、これが普通にならないようにと心底思う。

とにかく今年の異常さは、昆虫の様子を見ると顕著に解る。例年裏山を賑わせていた蟲たちが極端に少ないか、或いは全く姿を見せない。

今日は、時々薄雲が現れて日差しを遮り、カメラを構える気力も出そうなので、いつもの裏山へ…
蟲が好んで飛来する花々も枯れ始め、「今年はダメかなあ…」と思ってると、小さなホウジャクが3~4匹!! しかし涼しいと、考える事は誰も同じようで、まもなく畑の持ち主が雑草取りにやってきた(畑に立ち入ること自体は了解済み)。

写真と言う目的がない、その持ち主は当然ガサゴソと草むらに立ち入るわけで…ホウジャクもあっという間に雲散霧消(^^; せめてあと一度ぐらいはホウジャクやオオスカシバに遭いたいものです。

d0089024_22471955.jpg

↑ 1067
ホウジャクを発見するきっかけになったアゲハチョウ。

d0089024_2249482.jpg

↑ 1068
毎度の事ですが、この紫の花…いろんな昆虫を惹き付けてくれるのですが、枝(茎)がゴチャゴチャして背景処理が難しいです(^^;

d0089024_2250593.jpg

↑ 1069
同じような絵柄が続きますが…

d0089024_22531372.jpg

↑ 1070
オオスカシバよりもホバリング時間は短いです。ピント合わせが忙しいです(^^;

d0089024_22544038.jpg

↑ 1071
開き直って茎の直線を意識的に入れてみましたが、む・難しい!

d0089024_22563111.jpg

↑ 1072
これは50パーセントトリミング。

d0089024_22574251.jpg

↑ 1073
このアゲハは少し離れた場所で…。


d0089024_22585231.jpg






→ 1074
これは件の遊水池で。


d0089024_2311012.jpg

↑ 1075
農道脇の雑草群で見かけた蔓性の植物の花(23日撮影)

d0089024_2331559.jpg

↑ 1076
我が家の八重桜。暑い々々と言ってるうちにも、ひそかに秋の気配は近付いているようです。

d0089024_2395119.jpg

↑ 1077
しつこく FOMA F904i 画像(以下すべて)

d0089024_23105920.jpg

↑ 1078
これも…


d0089024_23122243.jpg






→ 1079
こういう細かな被写体には極小画祖の機種が強い。


d0089024_23134520.jpg






→ 1080
ヒルガオとバッタ


d0089024_23144172.jpg







→ 1081
バッタ(種類不明)
[PR]
# by real_gontanopapa | 2007-08-28 23:18 | 昆虫