ここ数日、せっかく見つけたオオスカシバも、レンズを向けて近付くとス~っと逃げられ、何故かホウジャクだけは舞い戻って撮らせてくれる…そんなことで「同じようなホウジャクばかりは続けられないなあ…」なんて悩んでたら・・・

ふと思い返せば、硬化する一方の脳細胞に抵抗し「ブログでも始めるか…」とスタートしたのが「オオスカシバとホウジャク」でした。で、最初の記事を読み返すと、まさに'06年9月3日がそうでした。

何事も長続きしない僕が、よくもまあ一年も続いたものよと感心したり…(^^ゞ
これも偏に時には厳しく、時には優しく「叱咤激励」して見守ってくださった皆様のお陰と、心から感謝致しております。

で、8月28日の内容と殆ど変わらないのですが「一周年記念」と言うことで大目に見ていただいてm(__)m

d0089024_9571281.jpg

↑ 1082
サルビアにも多くの昆虫が吸蜜に飛来します。

d0089024_9594116.jpg

↑ 1083
こちらはセージ傍のヤマイモの葉で休むセセリチョウ。

d0089024_1015370.jpg

↑ 1084
初夏に出没したホウジャクより小ぶりな気がします。

d0089024_1034381.jpg

↑ 1085
クリックで1000×665サイズ。

d0089024_1092762.jpg

↑ 1086
ハチも蝶も、このホウジャク同様「事前に」吸蜜管を出してるようです。

d0089024_10121563.jpg

↑ 1087
かつて某Nikonサイトで「空飛ぶエビフライ」と表現した方がいましたが、言いえて妙だと思います(^^;  クリックで1000×665に拡大

d0089024_10144184.jpg

↑ 1088
クマバチがガッシリしがみつくと、重みでグン!と茎が曲がります。

d0089024_1018364.jpg

↑ 1089
足元では良く判らない小さな花にシジミチョウが…


d0089024_10215838.jpg






→ 1090
アゲハチョウも過ぎ行く夏を惜しむかのように…


d0089024_10235332.jpg

↑ 1091
本当に忙しそう! (^^;

d0089024_1027292.jpg

↑ 1092
これは初見の蝶。黒系アゲハに似てるが黒くない(^^; 黄色いかと言うと…くすんでる(^^;
おまけに、いわゆる「尾」部分も片側が欠損してて痛々しい。

d0089024_10343241.jpg

↑ 1093
弱々しい飛び方でした。

d0089024_1036326.jpg

↑ 1094
なかなか出会えなかったアオスジアゲハの飛翔。背景が…(-_-;

d0089024_10374573.jpg

↑ 1095
視線と同じ高さに降りてくれた\(^^)/
[PR]
# by real_gontanopapa | 2007-09-03 10:39 | 自然

今年最後の…?

8月も残り三日というのに、この暑さはどうした事だろう! 言われているように「地球温暖化」で、これが普通にならないようにと心底思う。

とにかく今年の異常さは、昆虫の様子を見ると顕著に解る。例年裏山を賑わせていた蟲たちが極端に少ないか、或いは全く姿を見せない。

今日は、時々薄雲が現れて日差しを遮り、カメラを構える気力も出そうなので、いつもの裏山へ…
蟲が好んで飛来する花々も枯れ始め、「今年はダメかなあ…」と思ってると、小さなホウジャクが3~4匹!! しかし涼しいと、考える事は誰も同じようで、まもなく畑の持ち主が雑草取りにやってきた(畑に立ち入ること自体は了解済み)。

写真と言う目的がない、その持ち主は当然ガサゴソと草むらに立ち入るわけで…ホウジャクもあっという間に雲散霧消(^^; せめてあと一度ぐらいはホウジャクやオオスカシバに遭いたいものです。

d0089024_22471955.jpg

↑ 1067
ホウジャクを発見するきっかけになったアゲハチョウ。

d0089024_2249482.jpg

↑ 1068
毎度の事ですが、この紫の花…いろんな昆虫を惹き付けてくれるのですが、枝(茎)がゴチャゴチャして背景処理が難しいです(^^;

d0089024_2250593.jpg

↑ 1069
同じような絵柄が続きますが…

d0089024_22531372.jpg

↑ 1070
オオスカシバよりもホバリング時間は短いです。ピント合わせが忙しいです(^^;

d0089024_22544038.jpg

↑ 1071
開き直って茎の直線を意識的に入れてみましたが、む・難しい!

d0089024_22563111.jpg

↑ 1072
これは50パーセントトリミング。

d0089024_22574251.jpg

↑ 1073
このアゲハは少し離れた場所で…。


d0089024_22585231.jpg






→ 1074
これは件の遊水池で。


d0089024_2311012.jpg

↑ 1075
農道脇の雑草群で見かけた蔓性の植物の花(23日撮影)

d0089024_2331559.jpg

↑ 1076
我が家の八重桜。暑い々々と言ってるうちにも、ひそかに秋の気配は近付いているようです。

d0089024_2395119.jpg

↑ 1077
しつこく FOMA F904i 画像(以下すべて)

d0089024_23105920.jpg

↑ 1078
これも…


d0089024_23122243.jpg






→ 1079
こういう細かな被写体には極小画祖の機種が強い。


d0089024_23134520.jpg






→ 1080
ヒルガオとバッタ


d0089024_23144172.jpg







→ 1081
バッタ(種類不明)
[PR]
# by real_gontanopapa | 2007-08-28 23:18 | 昆虫

FOMA F904i 夜景編

昨夜は急遽友人からお誘いがあり、「繁華街」で食事をすることに…
ならばと、極・極小画素と思われるFOMA F904iの夜景撮影能力はどの程度か…試し撮りをしてみました。

結論としては、「横浜のロマンティックな煌く夜景」を撮る気にはなれないけれど、シチュエーションによっては使えない事もないかなあ?という程度でした。

ただし、携帯電話特有のスタイルに加え、シャッターボタン(決定ボタン)の押す方向の事もあり、ブレを押さえて写すのは至難の業ですね(一応「手ブレ補正」は付いているのですが、夜景の前では無力です…キッパリ)

d0089024_21201560.jpg





→ 1059
実際よりかなり明るく写りました。背景の空が淡いピンクの夕暮れだったのですが…


d0089024_21273061.jpg




→ 1060
上記よりおよそ40分後。灯かりが目立ち始めました。案の定、と言うか…強い光源では盛大なフレアが出まくってます(^^;


d0089024_21275142.jpg





→ 1061
オートホワイトバランスは充分許容範囲内です。


d0089024_2129598.jpg





→ 1062
さすがにノイズは盛大ですが、最近の高画素のコンデジも似たようなものか…


d0089024_21333264.jpg





→ 1063
都市再開発でダイエーがメインの新ビルが出来た(9月1日オープン)。なにやら不思議な施設が見える(^^;


d0089024_2136757.jpg

↑ 1064
もう少し暗めに写ると雰囲気も出るのですが…(明るさを補正できるのですが、その都度設定しなければならないので面倒)。


d0089024_2138879.jpg





→ 1065
千葉市にもこんな可愛いオブジェがあったんですね(^^;


d0089024_21391427.jpg





→ 1066
「質感描写」まで求めるのは酷なのでしょうね。
[PR]
# by real_gontanopapa | 2007-08-26 21:43

FOMA F904i

僕のネット接続環境は、ノートパソコン+P-inと言うモバイルカード(PHS)でスタートしました。
ADSLとなった今、必要ないと言えばそうなのだが、緊急時や外出時に便利なので、契約はそのままにしてきた(ここ数年全く使わなかったが…)

そのPHSサービスが今年一杯で終了する。ついては契約を打ち切るか、ウイルコムに乗り換えるか、現在使用中のムーバと併せてFOMAに移行するか…のどれかに決めて欲しいという。

現在使用中のムーバはP213iで、薄型でかさ張らず受信感度通話品質ともに文句無く、とりたてて不満な点は無いが、ごく稀に使うメールの文字入力が僕には使い難いのと、カメラレスの故かディスプレーが視認性最優先で「美しく」ないので(^^; 思い切ってFOMAへ移行することにしました。

せっかく「すべて無料」で交換してくれる…とのことなので、最新機種のFOMA F904i にしました。Fシリーズは、P203iに機種変する前に使いやすくて3年ほど使い続けた事もあり、甘く見たのがいけませんでした!

こんなに機能てんこ盛りなんですね!最新機種は…(-_-;
分厚い説明書を読んでると、眼は文字を追っていても思考は完全に停止しています(-_-;

「年寄りは「ラクラクホン」にしろと言う事か!」と独りで毒づきながら、とりあえず使いそうな機能だけは何とか理解したつもりですが、機能の三分の二は要らないよー(^^;

驚いたのはディスプレーの品質で、僕の持ってるノートパソコンとは雲泥の差の美しさ! 視野角も広く、色調の変化も少ないです。ただし画面は標準設定ではやや暗めで、屋外での写真撮影には相当苦労しました。

他の部分では、論評するスキルも無いので、「300万画素、オートフォーカス」の実力や如何に…と身の回りをスナップしてみました。結論としては「過度の期待は禁物だけど、オマケカメラとしては充分な写り」と言えると思います。一昔前のトイカメラよりは良いと言えます。

※ 一部を除き撮影は全て3M(1500*2000)モードで撮影後リサイズ。ノーレタッチです。


d0089024_13393695.jpg







→ 1044
雨上がりでやや暗い状況下。若干手ブレ気味。



d0089024_13442515.jpg

↑ 1045
黒猫という、デジカメの鬼門もまずまずの描写。(フォーカス合わせの間に眼を閉じちゃった) ※VGAにて撮影


d0089024_13462169.jpg





→ 1046
レンズ前8センチまで寄れる(合焦確立はあまり良くない) ※VGAにて撮影


d0089024_13492978.jpg

↑ 1047
チャーたん(=^o^=) ※VGAサイズにて撮影


d0089024_13522873.jpg

↑ 1048
クサギ ※VGAサイズで撮影


d0089024_13571446.jpg





→ 1049
チビたん


d0089024_141215.jpg





→ 1050
今年はセミが多かったですね。今まで居なかったクマゼミの声も聞けた夏でした。


d0089024_1433277.jpg





→1051
ヒルザキツキミソウ。 うっかりすると奥にピントが行っちゃうこともしばしば…



d0089024_1453839.jpg





→ 1052
トロロアオイ…かな?


d0089024_147202.jpg





→ 1053
最初と同じ花。晴天のほうが解像感が高いのは一眼でも同じですね。


d0089024_1491046.jpg






→ 1054
かろうじて草刈機の魔手を逃れた?百日草にとベニシジミ。


d0089024_14114224.jpg





→ 1055
AFボタンとシャッターボタンが別なので、昆虫に近付くのは少し厳しいです(両手保持になり、体ごと近付かないといけないので)。


d0089024_1414388.jpg





→ 1056
韮とベニシジミ。50%トリミング…実は解像度が低い事が良く判ります。


d0089024_1415335.jpg





→ 1057
日差しは強く、汗が目に沁みる暑さですが、どことなく秋色を感じますね。



d0089024_14174233.jpg
→ 1058
オクラ
[PR]
# by real_gontanopapa | 2007-08-25 14:21

ムシヒキアブいろいろ

お盆も近付き、裏山も綺麗に農道が除草され、すっかり様子が一変しました(^^;

昆虫にも「端境期」があるのか、百日草は咲いてても、セセリチョウさえ居ません。
そんな中、ムシヒキアブが数匹、じっと獲物を待っていました。

d0089024_2023548.jpg

↑ 1039
去年までは、この花にはアゲハやオオスカシバがたくさん飛来したのですが…

d0089024_2025279.jpg







→ 1040
百日草の下で獲物を待つ。花の陰でシルエットだけが薄暗く浮かび、獲物を探す眼だけが不気味に輝いていました。


d0089024_20272425.jpg

↑ 1041
同上別カットのトリミング。「眼光鋭く」って感じですね! クリックで拡大画像。



d0089024_20285214.jpg







→ 1042
こちらは畑と農道の境に立てられた竹で獲物を待つ。



d0089024_20315361.jpg

↑ 1043
アオスジハナバチ…かな? 百日草で
[PR]
# by real_gontanopapa | 2007-08-07 20:34 | 昆虫

写真雑記帳


by real_gontanopapa