<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

すべてα700 & TAMRON SP 180mm MACRO

d0089024_13252026.jpg

↑ 3386

d0089024_1326246.jpg

↑ 3387

d0089024_1327269.jpg

↑ 3388

d0089024_13273367.jpg

↑ 3389

d0089024_1328116.jpg

↑ 3390

d0089024_13284868.jpg

↑ 3391
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-10-31 13:30 | 昆虫

裏山の秋

α700の接岸部(のアングル・ファインダー取り付け用部品)が壊れてしまった(-_-; 頻繁に抜き差しするとは言え、乱暴に扱った記憶はないのになあ…プラスティックはこんな時困るんだよねえ!

※α1700&TAMRON SP 90mm MACRO


d0089024_1726670.jpg




→ 3383



d0089024_17265528.jpg

↑ 3384

d0089024_17273089.jpg

↑ 3385
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-10-30 17:32 | 自然

在庫整理

すべてSAL70300G

d0089024_13425342.jpg

↑ 3380  シジミチョウ(イヌタデ)

d0089024_1344874.jpg

↑ 3381  300mmで

d0089024_13445725.jpg

↑ 3382  210mmで
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-10-29 13:46 | 自然
このチョウ…個人的経験では最も警戒心が強い種類だと思う。なかなか近付かせてくれない(-_-;  SAL70300G

d0089024_17175719.jpg

↑ 3378

d0089024_17182015.jpg

↑ 3379
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-10-28 17:19 | 昆虫

ヒラタアブ(秋明菊)

d0089024_17453732.jpg

↑ 3375  TAMRON SP 180mm MACRO

d0089024_17462589.jpg

↑ 3376

d0089024_17473114.jpg

↑ 3377
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-10-27 17:49 | 昆虫
d0089024_14425578.jpg

↑ 3370  イヌタデ

d0089024_14433928.jpg

↑ 3371  カマキリ(50%トリミング)

d0089024_14451520.jpg

↑ 3372  極小バッタ? (乗って居るのはイヌタデの葉)

d0089024_14464799.jpg

↑ 3373  これも極小の不明の昆虫(やはりイヌタデの葉で)

d0089024_14475595.jpg

↑ 3374  
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-10-26 14:49 | カメラ・ レンズ

生命を繋ぐために…

※すべてTAMRON SP 180mm MACRO (一部トリミング有り)


d0089024_14284588.jpg

↑ 3365  モンシロチョウでしょうか。一方の羽はボロボロになりながらも、懸命に愛を語っているように… 

d0089024_1433278.jpg
 
↑ 3366  後になり、先になり…

d0089024_1434295.jpg

↑ 3367  モンシロに限らず、チョウは恋が成就すると必ず上空高く舞い上がります。…歓喜の歌を謳うように。

d0089024_14361695.jpg

↑ 3368  そしてスイートホームを探して旅立ちます。

d0089024_14371223.jpg

↑ 3369  そんな彼らの下では、いつに変わらぬ昆虫たちの活動が…
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-10-25 14:40 | 昆虫
日に日に昆虫の種類と数が減っています。そんな時の心強い味方、ヒラタアブ君の出番です。
飛来する花も、秋のそれへと変化しますが、今回は小菊に訪れたショットを何枚か…

d0089024_1613473.jpg

↑ 3360

d0089024_1615567.jpg

↑ 3361

d0089024_1622419.jpg

↑ 3362

d0089024_1631383.jpg

↑ 3363

d0089024_1634723.jpg

↑ 3364
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-10-24 16:04 | 昆虫
ホウジャクやオオスカシバは「ホバリング」することで有名ですが、体の一点から伸びる羽の高速上下動だけで体制を保持しているわけで、「完全静止」というわけではないです。
そのため、合焦はしてるのに精彩感が無い(体を覆う針状の毛が解像できない)カットがおおくなります。

今回もストロボを焚いたりしたのですが、シンクロ速度が低速なので(1/125)かえってブレが大きくなったりと…いろいろ苦労させられてます(^^;



d0089024_1339876.jpg

↑ 3353  これは直射日光が当たる場所で、1/5000出せた。 ※TAMRON SP 180mm MACRO   1000×667ピクセル

d0089024_1352337.jpg

↑ 3354  1/1250では解像できません。

d0089024_135884.jpg

↑ 3355  ホトトギスにもようやく飛来してくれた。でも、中途半端に明るいとこんな結果に(-_-;  TAMROn SP 90mm MACRO

d0089024_143664.jpg

↑ 3356  適度に暗いと少し鮮明に… でも絞り込んじゃうと、それでなくとも煩い背景がぁ

d0089024_145141.jpg

↑ 3357

d0089024_1461686.jpg

↑ 3358  TAMRON SP 180mm MACROで。若干背景がスッキリする。

d0089024_1472011.jpg

↑ 3359  でも油断するとやっぱり「ゴースト」がぁ…(-_-;
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-10-23 14:09 | 昆虫

里の秋

d0089024_13555666.jpg

↑ 3347  マユミが鈴なりになってました。

d0089024_13564048.jpg

↑ 3348  先日は実だけが真っ赤だったガマズミの葉も鮮やかに色づいて…



d0089024_1358141.jpg




→ 3349



d0089024_1359694.jpg

↑ 3350



d0089024_13594249.jpg




→ 3351



d0089024_1402865.jpg

↑ 3352  名称不詳
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-10-22 14:01 | 植物

写真雑記帳


by real_gontanopapa