<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

冬を彩る木の実たち

今年もとうとう終わりますね。 拙いブログをご訪問頂いた方々には心からお礼申し上げます。
来る年が皆様にとって、より良いことをお祈りしつつ、今年同様よろしくお願い申し上げます。

d0089024_1322893.jpg

↑ 2220  十両(ヤブコウジ) 個人的にはこれが一番好きです。

d0089024_1343719.jpg

↑ 2221  リュウノヒゲ まるで小鳥に見つかるのを避けるように、葉の陰でひっそりと実をつけます。

d0089024_1361072.jpg

↑ 2222  しかし、葉をどけると息をのむように鮮やかなブルーが輝きます。

d0089024_1373830.jpg

↑ 2223  ヤブラン  美しい紫の花のあとには、このようにまっ黒な実をつけます。

d0089024_1391458.jpg

↑ 2224  万両

d0089024_13102483.jpg

↑ 2225  同上

d0089024_1311133.jpg

↑ 2226  蔓バラ

d0089024_13122437.jpg

↑ 2227  アオキ

d0089024_13131782.jpg

↑ 2228  ヤブミョウガ

d0089024_1314672.jpg

↑ 2229  千両 我が家での数少ない「実生」。土地が合わないのか、育ちが悪いです。

d0089024_13154289.jpg

↑ 2230  南天

d0089024_13161749.jpg

↑ 2231  カラスウリ。 小鳥の命を少し延ばしたようです。

d0089024_13171491.jpg

↑ 2232  同上  遠くから見た時は、柿がなってるのかと思いました(^^;
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-31 13:29 | 植物
今回で「霜」シリーズは、ひとまず終了です。

d0089024_10421134.jpg

↑ 2211  ヒイラギナンテンでしょうか。

d0089024_10425427.jpg

↑ 2212

d0089024_10432432.jpg

↑ 2213

d0089024_1044314.jpg

↑ 2214  つつじ

d0089024_1045130.jpg

↑ 2215  落ち葉

d0089024_10461687.jpg

↑ 2216  ヒメオドリコソウ

d0089024_10471854.jpg

↑ 2217  同上

d0089024_1048249.jpg

↑ 2218  そうこうしているうちに、融け始めて… (ホトケノザ)

d0089024_1049628.jpg

↑ 2219  同上
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-30 10:50 | 自然
さすがに年末は気忙しく、在庫ネタで更新です。 …で、「霜シリーズ」もあと1回続く予定です。

d0089024_16212331.jpg

↑ 2204  背景が枯れた雑草で、普通は絶対に撮らないありふれた草も…

d0089024_16223863.jpg

↑ 2205  これも霜が付いてるからこそで。

d0089024_16235597.jpg

↑ 2206  ホトケノザ  


d0089024_1625379.jpg

→ 2207
ナズナ…かな?



d0089024_16262286.jpg

↑ 2208  こんなに成長しています(ホトケノザ)

d0089024_16272896.jpg

↑ 2209  ハコベ…だと思います。

d0089024_1631996.jpg

↑ 2210  ホトケノザ。融けて水滴になったのと、頑張ってまだ凍ってるのと(^^)

  
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-29 16:35 | 自然
霜が付着することで、普段見慣れた(見飽きた?)何気ない草花も、思いがけない美しさを見せてくれます。

d0089024_11573866.jpg

↑ 2193  ユキノシタ…かな?

d0089024_1158259.jpg

↑ 2194  エノコログサ

d0089024_11591353.jpg

↑ 2195  雑草の葉上で成長した霜の結晶。

d0089024_1242664.jpg

↑ 2196  名称不詳

d0089024_125318.jpg

↑ 2197  ホトケノザ(開花したのは次回に)。

d0089024_1265718.jpg

↑ 2198  キャベツにも…

d0089024_128420.jpg

↑ 2199  これで、気温が上昇すると、何事もなかったように元気になる植物の生命力!

d0089024_129324.jpg

↑ 2200  

d0089024_12104969.jpg

↑ 2201  カリフラワー?

d0089024_12113491.jpg

↑ 2202  同上 


d0089024_12123549.jpg

→ 2203
もう少しアップで撮れれば面白そうですが、普通のマクロレンズで手持ちでは、このへんが限界です。
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-28 11:55 | 自然
寒さが厳しい時の霜柱は、「土中の水分」が氷結膨張してできる。 では畑地などで、たまたま小さな水たまりがあったら…

池などと違って、大きさも小さく、草なども巻き込んで凍るため、これが中々面白かったです。

d0089024_13574885.jpg

↑ 2183  まるでGoogle Earth の画像を見てるようです。

d0089024_13594243.jpg

↑ 2184  


d0089024_1403660.jpg

→ 2185


d0089024_143572.jpg

↑ 2186


d0089024_144355.jpg
→ 2187  


d0089024_1454664.jpg

↑ 2188

d0089024_1462275.jpg

↑ 2189

d0089024_1472985.jpg

↑ 2190

d0089024_149317.jpg

↑ 2191  氷結の際、逃げ切れなかった気泡が閉じ込められて。

d0089024_14115959.jpg

↑ 2192  傍らの、すでに日が当っている場所のホトケノザでは霜も融けて水滴に…
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-27 14:13 | 自然
撮影日は数日前で、日付もまちまちなのですが、途中Xmasという季節モノイベントもあり、今になっての投稿です。

撮影枚数も多く、また年末で多忙になることもあり、同じようなネタで「しのぐ」ことになりそうです。

d0089024_10451766.jpg

→ 2171
裏山への途中。
冷え込んだ朝の、透明に感じる空気も、立ち上る水蒸気で満たされてるんですね。



d0089024_10472470.jpg

↑ 2172  裏山の畑に到着。 森の木を超え始めた朝日に照らされた部分から徐々に霜が融け、水蒸気が立ち上ります。

d0089024_10505673.jpg

↑ 2173  セイダカアワダチソウからも

d0089024_10522280.jpg

↑ 2174  畑の中ほどにある、忘れられたネギに… 

 
d0089024_10535775.jpg

→ 2175
ビッシリと霜が降りていますが…



d0089024_10573189.jpg

↑ 2176  あっという間に融けてしまいます。

d0089024_10585542.jpg

↑ 2177  ならば水滴を撮ればいいさと…

d0089024_10594810.jpg

↑ 2178  同上

d0089024_110535.jpg

↑ 2179  同上

d0089024_1122673.jpg

↑ 2180


d0089024_1132783.jpg

→ 2181
倒れてないネギには…



d0089024_1161826.jpg

↑ 2182  ちなみに、霜ではなく朝露だと、こういうふうに水滴も少ないです。
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-26 11:08

千葉市動物公園  6

間が空きましたが、SONY SAL70300Gのテストを兼ねて千葉市動物公園へ行った時の続きを…
個人的には、価格を考えると十二分な能力と思いますが、こればかりは各人の受け止め方次第ですね。

d0089024_10493724.jpg

↑ 2161  ハシビロコウ  アニメで悪者になりそうなキャラクターですね(金網越し)

d0089024_1052691.jpg

↑ 2162  ヒオドシジュケイ  目にも鮮やかな赤でしたが、日蔭で…(金網越し)

d0089024_10542764.jpg

↑ 2163  ペンギン  


d0089024_10551975.jpg

→ 2164
このペンギンたちは、この姿勢で全く動かなかったので、動物園が手を抜いて「置物」を置いたのかと思ったほどでした(^^) 


d0089024_10573818.jpg

↑ 2165  インコ

d0089024_10582680.jpg

↑ 2166  スミレコンゴウインコ

d0089024_10591398.jpg

↑ 2167  同上

d0089024_1102554.jpg

↑ 2168

d0089024_1121855.jpg

↑ 2169  オシドリ 


d0089024_1134545.jpg

→ 2170
こんな催しも…
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-25 11:15 |

Merry Christmas

d0089024_12541047.jpg

↑ 2152  お台場の某ホテル(コラージュ)

d0089024_12553755.jpg

↑ 2153  東京ドイツ村(コラージュ)

d0089024_1258121.jpg

↑ 2154  「因縁」のエリスマン邸で

d0089024_12592188.jpg

↑ 2155  同上

d0089024_1332211.jpg

↑ 2156  こちらは別邸。南アフリカ共和国のクリスマス。

d0089024_134391.jpg

↑ 2157  北半球に住む我々は、クリスマスといえば「雪―白い世界」を連想しちゃいますが…

d0089024_13445463.jpg

↑ 2158  


d0089024_13461393.jpg


→ 2159
所変われば花も変わります。



d0089024_1348210.jpg

↑ 2160  これは「千葉市花の美術館」で。
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-24 13:49
クリスマス・ネタはまだたくさんあるのですが…。

d0089024_12311880.jpg

↑ 2146  雨上がりの水仙。  TAMRON SP 90mm MACRO

d0089024_1233933.jpg

↑ 2147  どんなに寒くても(^^)  SAL70300G

d0089024_12355828.jpg

↑ 2148  こちらは小菊に…  TAMRON SP 90mm MACRO

d0089024_12372410.jpg

↑ 2149  お行儀よく手足をのばして(^^)  TAMRON SP 90mm MACRO

d0089024_12394157.jpg

↑ 2150  ヒラタアブにも何十種類とあって、良く判りません(^^;

d0089024_12424476.jpg

↑ 2151  ↑などを撮ってる僕を屋根の上から冷やかに見下ろすニャンコ達。  DT16-105
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-23 12:45
12月の「花の美術館」はクリスマスをイメージした飾り付けになっていました。
撮影日は、その3と同じなのですが「いくらなんでも早いだろう」とアップを控えていまいたが、気づけばそろそろアップしなければ「何時アップするんだ?」という時期に…
こういうものは、時期を過ごすと「間抜け」な印象が拭えませんからねえ…時事ネタですから

d0089024_11125252.jpg

↑ 2132  最近流行りのLED等でないのがかえって新鮮です。 


d0089024_11203773.jpg

→ 2133  


d0089024_1122038.jpg

↑ 2134  ハンナさんがお住まいのドイツ等、ヨーロッパ風のクリスマスのイメージでしょうか。

d0089024_11261157.jpg

↑ 2135

d0089024_11351543.jpg

↑ 2136  こんな方も… 


d0089024_11383885.jpg 

→ 2137  


d0089024_11451220.jpg

↑ 2138

d0089024_1147463.jpg

↑ 2139  


d0089024_1151381.jpg

→ 2140
これは妖精かな?



d0089024_1152103.jpg

→ 2141
袋を持ってるので僕にもサンタだと判る(^^; 


d0089024_1155127.jpg

↑ 2142  背景処理が面倒なので、どうしてもアップに頼りがちです(^^;

d0089024_11565787.jpg

↑ 2143 


d0089024_1158023.jpg 

→ 2144
ヒカリモノなしのツリーも良いですね。


d0089024_11593053.jpg

↑ 2145  出血大サービスのカット。老醜を晒すのは辛いものがあるのですが…。 金色に輝くボールに負けず劣らず、僕の頭も輝いていますね。クリスマスだから、まぁいいか! (^^;


[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-22 12:14

写真雑記帳


by real_gontanopapa