<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

クリスマス・カード

いつも拙いブログを訪問して下さってるすべての方に心を込めて…

d0089024_13144257.jpg

↑ 1425
いろいろと足したり引いたり、場所を移動したりしてます(^^;
※ 1000×667ピクセル


d0089024_1812771.jpg

↑ 1426
その2    ※ 800×533ピクセル

d0089024_22352978.jpg

↑ 1247
その3 時間は出来たけど出かけることならず…で(^^;  ※ 800×533ピクセル
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-12-24 13:17 | 思い出

東京ドイツ村~2

19日に続き、東京ドイツ村のイルミネーションです。一部重複まがいの絵もありますが…(^^;

d0089024_123162.jpg

↑ 1407
全体の様子(4枚ステッチ)です。 とにかく広大な敷地で、起伏に富んでいるので歩くだけで疲れてしまいました(^^; ※ 2307×570 ピクセル


d0089024_12414356.jpg

↑ 1408
「ブタ天キッズコースター」と名づけられた低速コースターのイルミ。観客、乗客共にゼロ(^^;


d0089024_12473416.jpg

↑ 1409
離れた場所へもイルミで誘導  ※ 1000×667 ピクセル


d0089024_12505089.jpg

↑ 1410
ここには、みやげ物店、食堂、イベント会場などが有る…らしい  ※ 1000×667 ピクセル


d0089024_12521177.jpg

↑ 1411
これで雪化粧でもしてたら…もはや日本ではないですね(^^) ※ 1000×667 ピクセル


d0089024_12543472.jpg
 
↑ 1412
白色系統の照明は諧調を維持するのが難しいですね。  ※ 1000×667 ピクセル


d0089024_12555917.jpg

↑ 1413
No.1412の白く飛んでるのは、このシロクマ君です(^-^)  ※ 700×467 ピクセル

d0089024_12585243.jpg

↑ 1414
みやげ物店の前で  ※ 700×467 ピクセル


d0089024_1304575.jpg

↑ 1415
オーナーの好みなのか、フラミンゴはあちこちで見られた(^^;  ※ 700×467 ピクセル


d0089024_1323497.jpg

↑ 1416
直径40メートルの大観覧車へは「光のトンネル」を通って…  ※ 700×467 ピクセル


d0089024_13321978.jpg

↑ 1417
で、トンネルはこうなってます。  ※ 1000×667 ピクセル※


d0089024_13342854.jpg

↑ 1418
観覧車脇にはシンデレラ?の馬車も(^^)  ※ 700×467 ピクセル


d0089024_13363094.jpg

↑ 1419
左斜面には東京ドイツ村とイルミネーションで書かれていました。 中央の天空に向かうサーチライトは…  ※ 1000×451 ピクセル


d0089024_1339297.jpg

↑ 1420
観覧車にしがみつくサンタさんを照らしていました。(^-^)  ※ 700×467 ピクセル


d0089024_13412621.jpg

↑ 1421
何故クリスマスにフラミンゴなの?という野暮は置いといて、幻想的ではあります。  ※ 1000×667 ピクセル※


d0089024_13431180.jpg

↑ 1422
少し寄ってみました。  ※ 1000×667 ピクセル※


d0089024_13435399.jpg

↑ 1423
白雪姫と小人たち…かな?  ※ 700×467 ピクセル


d0089024_13445078.jpg

↑ 1424
これも…   ※ 700×467 ピクセル

[PR]
by real_gontanopapa | 2007-12-21 13:48 | 風景

東京ドイツ村 ~1

およそ1ヶ月間続いた枯葉との格闘もようやくピークを超え、あとは時折舞い落ちる枯葉をその都度簡単に始末すればよい状態になった。
しかし、背中一面が「板を貼り付けた」ように痛い。腰を曲げるのも辛い!

で、ストレス発散と、ブログネタを求めて「東京ドイツ村」なる施設へ出かけてみました。
ここは、我が家からゆっくりでも30分少々で行ける。 なぜ「東京~」なのか、なぜ「ドイツ村」なのか…は置いといて、この時期イルミネーションが綺麗らしいので、入場料1200円と高速道路料金往復800円をはたいて撮ってきました。

しかし、とにかく広大な敷地です!約3時間ほっつき歩きましたが、帰りは運転を放り投げたくなりました(^^;  得られた教訓…例え短距離でも体調がベストな時に出かけるべし(-_-;

※ 枚数が多いので2回に分けてアップします。

d0089024_1221678.jpg

↑ 1396
午後4時過ぎに到着。広い敷地に人影もまばらでしたが…


d0089024_1242142.jpg

↑ 1397
ゲートを潜って…。夕日を浴びて若干赤くなった建物にはすでにイルミネーションが点灯し始めて…


d0089024_126355.jpg

↑ 1398
風見鶏の向こうには大分 大きくなった月が…


d0089024_1284127.jpg

↑ 1399
大勢のアヒル君のお出迎え(^^; しかし、まだちょっと明るすぎてムードがでない。


d0089024_12114044.jpg

↑ 1400
イルミネーションが目立つ明るさになった。 車や人影からおおよそのスケールが判るかも…  ※1000×667ピクセル


d0089024_12345036.jpg

↑ 1401
こんなのも…。 後方斜面には御伽噺を思わせるキノコや花などのイルミネーションも。
※1000×667ピクセル


d0089024_12402173.jpg

↑ 1402
No.1399のアヒル君たちも眩しく輝いて… 手前にはフラミンゴも。  ※1000×667ピクセル
 

d0089024_12433227.jpg

↑ 1403
少し起伏があるので水平感が取れませんが… ※1000×667ピクセル


d0089024_1247253.jpg

↑ 1404
方向を変えて…(^^; ※1000×667ピクセル


d0089024_12511838.jpg

↑ 1405
No.1400のイルミも漆黒の闇に包まれて…  ※1000×667ピクセル


d0089024_12523667.jpg

↑ 1406
真ん中のオブジェ。 ※こちらは700×467ピクセル

この続きは後日に…
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-12-19 12:56 | 風景

イルミネーション

いよいよ押し詰まってきましたね(^^;
街はどこもXmasを目前にイルミネーションの洪水ですね。 で、プレゼントをわたす相手も、くれる恋人も居ない還暦過ぎの爺さんも、ついつい撮ってみるかと…(^^ゞ

それはそうと、ブログでお知り合いになったkikimamaさんもとうとう SONY DSLR A700のオーナーになられたとか! 身近に同じ機種を使う方が居らっしゃる、というのは何かと情報交換も出来て心強いです(^^)

※ 始めの4カットは、16-105のテストのつもりもあったので、1000×667ピクセルサイズにリサイズしています。撮影日はポートタワーを撮った12月10日です。

d0089024_209273.jpg

↑ 1387
幕張メッセの国際展示場…だったと思います。


d0089024_2095453.jpg

↑ 1388
発光ダイオードが増える中、このホテルは昔ながらの電球を多用してて、独特の暖かさを感じさせていました。


d0089024_19561310.jpg

↑ 1389
ホテル正面のツリー。


d0089024_1957839.jpg

↑ 1390
こういった大き目の飾りつけも楽しいですね。 


d0089024_1959247.jpg

↑ 1391
ここからは 700×467ピクセルです
去年まで田んぼだった所に忽然と表れたアミューズメント・センターのツリー。

d0089024_200585.jpg

↑ 1392
もう少し長焦点レンズを使えばよかった! 月も細すぎるし…(-_-; 


d0089024_2025083.jpg

↑ 1393
若干トリミングしています。


d0089024_2035170.jpg

↑ 1394
悪くないボケ味だと思います。

d0089024_2045915.jpg

↑ 1395
これはコラージュ用に撮りました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-12-14 20:11 | 風景
今日は午後からの雨。 いくら落ち葉が凄くても雨降りでは掃除は出来ない(^_^)

なので、昨日所要で行った法務局近くの千葉ポートタワースナップなどを「ゆったりした気分」でアップできます。

その前に…
α700の高感度はどの程度使えるのか試してみた。 さすがに中間調ではノイズが出るが、嫌な出方ではない。それよりも豊かな色調と諧調を保っているのには、正直驚いた。

d0089024_1445126.jpg

↑ 1374
かろうじて残ってたモミジ。ピクセル等倍で見ると中間調部分にノイズが乗るが、鑑賞サイズでは十二分に実用になる。 ISO 1000で撮影  ※1000×667ピクセル


d0089024_14485874.jpg

↑ 1375
ネコの毛の柔らかな質感も損なわれていない。 ISO 1000で撮影 ※1000×667ピクセル


d0089024_1525088.jpg






→ 1376
ポートタワー夕景。実はα700のマルチパターン測光が想像以上に優秀で、今まで殆どマルチパターン測光を使っていたが、中央重点で撮ってみた。
手前部分が若干暗いが、問題となるレベルではない。  ※667×1000ピクセル


d0089024_1572192.jpg






→ 1377
そこでDレンジ・オプティマイザーをアドバンス・オートで撮ってみた。
すると意に反して手前側が一層暗くなった。
先日マルチパターン測光で試した時とは明らかに異なる結果が出た。  ※667×1000ピクセル


d0089024_15114376.jpg







→ 1378
そこで、マルチパターン測光に切り替え、Dレンジ・オプティマイザーもマニュアルでレベル5に設定してみた。
結果はほぼ肉眼で感じるのと同じになったが、手前路面などではノイズが目立つ(貼り付け画像はリサイズでノイズは目立たない)。  ※667×1000ピクセル


d0089024_15293810.jpg






→ 1379
せっかくなのでタワーに上った。残念ながら見通しは良くなかった…  ※667×1000ピクセル


d0089024_15393878.jpg

↑ 1380
ほぼ真下~蘇我・木更津方面を見る。「総ガラス張り」の建物なので、つま先までガラスがある感じで、さすがに足の裏がゾクゾクします(^^;  ※1000×667ピクセル


d0089024_15431969.jpg

↑ 1381
Dレンジ・オプティマイザーが「両刃の剣」なのが判るカット。しかし、実際の太陽は強烈に輝いていたので、やはり効果は絶大ですね(使い方次第) ※1000×667ピクセル


d0089024_15531013.jpg

↑ 1382
日も沈みイルミネーションが目立ち始めた。 右奥は幕張メッセ付近。しかーし!判っていた事ですが室内展示物の照明がガラスに反射して…(^^;)  反射をカットのためトリミングしています。 ※1019×667ピクセル


d0089024_15581594.jpg

↑ 1383
そこで、フードを外してガラスにレンズを押し付けて撮影。 でも四角い建物なので撮れる方向が90度づつと限られるし、上下方向のアングルは制約されます(^^;)  ※1000×667ピクセル


d0089024_1611970.jpg

↑ 1384
これは南向き、JFEススティール方面。 ※1000×667ピクセル


d0089024_163373.jpg

↑ 1385
「恋の叶う塔」だそうです(^^ゞ ※1000×667ピクセル


d0089024_165224.jpg






→ 1386
クリスマス・イルミネーション。  ※667×1000ピクセル 

[PR]
by real_gontanopapa | 2007-12-11 16:11 | カメラ・ レンズ

SONY α700 ~3

2本のイチョウの葉との格闘もようやく峠を越え、残るは時折散るモミジとケヤキなどの雑木だけとなった。

当然、ほぼ掃除にかかりっきりだったが、休憩時にキットレンズ(DT 16-105)の描写性能などをチェックしてみた。 このレンズ、望遠端で開放F値5.6と決して「凄い」レンズではないが、換算で24~157mm相当と使いやすく、なにより軽く小型なのが良い。

で、肝心の写り味はどうかと言うと、望遠端では若干の甘さも出ないではないが、価格を考えれば十二分な性能だと思います。

d0089024_138848.jpg






→ 1368
アップロードできるサイズの都合で、二分の一にリサイズのみ。 チビの瞳や毛の描写を見ると、1200万画素の恩恵と共に、このレンズの優秀さが判ります。
※ 1424×2136ピクセル


d0089024_13114912.jpg

↑ 1369
リサイズのみ
 ※1000×667ピクセル

d0089024_13143122.jpg

↑ 1370
同上をほぼ等倍でトリミング。ピント精度、解像度とも合格ですね。 ※1003×615ピクセル

d0089024_131647.jpg

↑ 1371
こちらもリサイズのみ。今度はヒラタアブです。 ※1000×667ピクセル


d0089024_13173430.jpg

↑ 1372
これも、ほぼ等倍でのトリミング。 ※997×620ピクセル


d0089024_13221013.jpg

↑ 1373
外で活動中のネコなどの撮影では、ズームレンズが圧倒的に使いやすいですが、これだけ描写してくれれば、僕には充分です!  次から次へと落ちてくる枯れ葉に「一体どこから降ってくるんだぁ?」(=^o^=)  ※1000×667ピクセル
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-12-10 13:26 | カメラ・ レンズ

SONY α700 ~2

ただいま恒例の枯葉との壮絶な戦い続行中です(^^;
で、当然ニュー・カメラを手にしても出かける事など論外で…仕方なく家周りでニャンコなどで描写力やAF性能などを簡単にチェックしてみました。

貼り付けは全てjpg出力をリサイズしたものです。 結論としては、Nikon CANON ユーザーからみれば、「何を今更…」かも知れませんが、α7DやSweet-Dでさんざん辛酸を舐めてきたミノルタユーザーには涙モノの進化を遂げています!

d0089024_2225010.jpg


↑ 1352
昨夜は かなりの雨が降りました。 ※ DT16-105

d0089024_2234677.jpg

↑ 1353
簡易マクロとして充分実用的です。 ※ DT16-105

d0089024_2243785.jpg

↑ 1354
105mm側で開放 f:5.6と暗いので、大きくはボケませんが、柔らかいボケ方だと思います。 ※ DT16-105

d0089024_2251626.jpg

↑ 1355
ほぼこれ位まで寄れます(^^)  ※ DT16-105

d0089024_226719.jpg

↑ 1356
これは小さな小さな竹です。 ※ DT16-105

d0089024_2265770.jpg

↑ 1357
ここからはチャトラン。 何かをしてると必ず「遊ぼうよ♪」とニャーニャー鳴きながら纏わり着いてきます。 ※ DT16-105

d0089024_2282056.jpg

↑ 1358
「写真撮るから止まれ!」と言ったら、つまらなそうな顔で姿勢を正して…(=^o^=) ※ DT16-105

d0089024_2291715.jpg

↑ 1359
近付いてもカメラを離さないので不服そう(^^; この画像 ピクセル等倍で見ると、瞳の模様がちゃんと解像されています! タムロンやシグマのマクロレンズとは異質の柔らかな描写で、それでいて耳の中の毛や、瞳はカッチリ描写してて、価格からは信じられない描写力だと思います。 ※ DT16-105 

d0089024_2210382.jpg

↑ 1360
すると、一枚のイチョウの葉にハエが止まってるのに気付き…  ※ DT16-105

d0089024_22105151.jpg

↑ 1361
本能の誘惑には勝てず…(^_^;  ※ DT16-105 (この画像のみ85%相当にトリミング)

d0089024_22114194.jpg

↑ 1362
でもハエも生きるためには必死です(^^;  右端、バンパーの傷のような黒いのが逃げたハエです。  ※ DT16-105 

d0089024_22122966.jpg

↑ 1363
木が多いので、限られた陽だまりを求めて…  ※ DT16-105 

d0089024_22131892.jpg

↑ 1364
ここからはTAMRON 200-500 での撮影。上空を通過するジェット機にも簡単に合焦するようになりました(^^) これ、7Dとの組み合わせでは苦労したんですが…

d0089024_2214667.jpg

↑ 1365
遊水池でサギを狙いましたが逃げられました。 でもダメモトで飛行にトライしたら多少はモタツイテも、ファインダーにさえ入ってれば短時間で食いついてくれました。 今までの苦労が夢のようです。 背景に高圧線や鉄塔のあるシーンでも、迷わずにサギに合焦しました!

d0089024_22145665.jpg

↑ 1366
ピクセル等倍。ピントも正確なようです\(^^)/

d0089024_2215361.jpg

↑ 1367
ステンレス製物干し竿に蝶が…  α7Dだと、こういった「光モノ」があると全くダメでしたが、何の問題もなくスーっと合焦しました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-12-04 22:17

SONY α700

僕の今の撮影スタンスでは、旧ミノルタのα7Dが充分以上に似合っています。ミノルタでは保証はしてませんが、距離情報や絞り値などが伝達されれば動作するハズの手ブレ補正。手に馴染むボタン配置…何より独特の「空気感」描写は秀逸だと思います。

そんな「大のお気に入り」のα7Dだが、若干の不満点もあり、最近それが顕著になってきた。
AFが常に前ピン。 これ自体はMFがメインの僕には我慢出来なくもないが、状況によっては正確なAFが欲しい(^^; これが純正のレンズだったら、大威張りで「調整しろ!」ともいえるのですが…

そして最大の問題なのが、ミノルタ独自のダイレクトマニュアルフォーカス機構。
これのクラッチ・リリースが不調になり、フォーカスリングが回転不能になったことがあり、一度修理に出した。

その症状が最近また出始めた。 修理に出したら暫く使えないし…と悩んでいたら今回はスルーするつもりだったSONY ブランドのα700 の使用レポートを、ネット仲間のマロッシさんが記事にされた。

マロッシさんは、絵作りの好みに関しては一部僕と共通な部分もあるが、彼のα700に対する評価がなかなかに良い! ただしレンズは僕と違い高価な純正レンズをたくさんお持ちなので、その点は差し引かなくてはならないが、AFの速度、信頼度も向上とのこと…

「一応見るだけでも…」、 と(^^; ヨドバシカメラへ行ってみた。前もってチェックしたネット最安値よりも3万円も高い! 1~2万円程度の差なら万一の安心料とも思えるが、3万は…

店員に聞くと、そこから1万円引いてくれて、さらに通常10%のポイントを15パーセントにすると言う。 最近歳のせいか「甘い言葉に弱く」なってて帰りには紙袋をしっかと握っていました。

でも、店を出る頃には陽も沈みきり、やむなくポートタワーの夜景を試し撮り。 想像を絶する貧弱な取説も読まずにDレンジ・オプティマイザーも試したが、効果はあるようだ。

間が悪いもので昨日(12-2)は東京に出かける用事があったのに、渋滞で時間を費やし日中の撮影は不可! 悔しいので、すっかり日も暮れたお台場へ寄って少しだけ撮影してきました。
※ 撮影はすべてキットレンズ 16-105mm 使用。

d0089024_1240491.jpg







→ 1343
通常撮影。もう年末なのですね
※ 667×1000ピクセル


d0089024_13495184.jpg





→ 1344
Dレンジ・オプティマイザー(以下DRO)使用。
ほぼ漆黒の闇だったが、DROのお陰か夕暮れのような独特の雰囲気になった。
画面左上方に入ってしまった緑の枝は、ファインダーでは視認できなかった。
※ 667×1000ピクセル


d0089024_1431394.jpg

↑ 1345
換算157mm SS 1/13 での手持ち撮影。
手ブレ補正も強化されたようだ。
※ 700×467ピクセル


d0089024_1471778.jpg
→ 1346
かろうじて日中に撮れたカット。
このレンズかなり優秀だと思います。このようにマクロ的に使えるのも二重丸。
※ 467×700ピクセル


d0089024_1410497.jpg
→ 1347
さすがに「シベを大写しにクッキリと」とは行かないが、これ1本でかなり撮影範囲は広がりそうです。
※467×700ピクセル


d0089024_1413428.jpg

↑ 1348
あえて五月蝿い背景を選んだが、想像以上に穏やかにボケてくれた(^^) これも換算110mm相当でSS 1/10。 α7Dだったら相当注意しても手ブレが多かったが、全く気楽にシャッター押しても、この通り! \(^^)/
※ 700×467ピクセル


d0089024_14173990.jpg

↑ 1349
ホテル・ニュー・オータニのツリー
光芒も美しく、つぶれて欲しくない部分が描写され、黒はちゃんと締まってる。 何よりも結果の絵だけ見ると、不自然さが無く通常撮影のように感じられるのが凄い! (以下全てDRO使用)
※ 1000×667ピクセル


d0089024_1420675.jpg

↑ 1350
お台場からのレインボー・ブリッジ付近
しかし…日曜の夜にお台場へ独りで行ってはいけません!
あちこちで情熱的に抱き合ったり、キスしたり、恋人に歌をささげる野郎などが「適度な間隔」を置いてウヨウヨ…
国籍も、日本・韓国・中国・フィリピンetc.
どこへ行っても「邪魔だ!」の冷たい視線が痛かったです(-_-;
※ 1000×667ピクセル


d0089024_1426191.jpg

↑ 1351
フジテレビ付近。しかし自由の女神はいらんだろう! (独り者の八つ当たり)
※ 1000×667ピクセル
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-12-03 14:35

写真雑記帳


by real_gontanopapa