<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

東北や関東山岳部からは、ぼちぼち紅葉便りが聞かれるようになりました。

我が家の回りも、いつの間にか虫も少なくなり、茶色や黄色が目立つようになりました。
ちょっとだけ、忍び寄る秋をスケッチしてみました。

d0089024_2071040.jpg







→ 1238
生憎の曇り空で若干精彩を欠いて残念ですが、蔦も色付き始めました。


d0089024_2092478.jpg






→ 1239
カラスウリも真っ赤!冬には小鳥たちの貴重な食料になります。


d0089024_2010464.jpg

↑ 1240
落葉樹の色付きも美しいですね。

d0089024_201142100.jpg

↑ 1241
かすかに黄色いのも良い味わいです。

d0089024_20125537.jpg

↑ 1242
味わい深い形と色ですね。


d0089024_20144261.jpg







→ 1243
藪の中で見つけました。


d0089024_2016366.jpg







→ 1244
別の房をアップで。木の名前は判りません(^^;
※ ゴンズイ(権萃)という木だと教えていただきました。あこがれねこ さんありがとうございました。\(^^)/


d0089024_2018741.jpg

↑ 1245
蔓性の植物です。

d0089024_20191220.jpg

↑ 1246
足元の何てこと無い雑草も鮮やかに(^^)

d0089024_20201855.jpg

↑ 1247
あまりに地味で、花が咲いてるようには見えない草。 実のような物はゴマ粒ほどの大きさです。
僕の掲示板に何気ない草花などの思いがけない精緻な美しさが溢れる写真を投稿して下さってる、ARさん からオオニシキソウと教えて頂きました。\(^^)/

d0089024_20224041.jpg

↑ 1248
ノコンギク(だと思います)


d0089024_20233659.jpg







→ 1249
ノコンギク… 2
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-10-31 20:26

ヒラタアブなど…

ススキや菊など「秋」を感じさせる草花は幾つもありますが、ツワブキの黄色い花も秋の深まり~冬の前触れ~を思わせます。
蝶などが訪れる事は滅多に無く、ハナアブやヒラタアブといった昆虫が「密かに」吸蜜に来るため、注意していないと気付きませんが、花と昆虫の共生は年間を通して見られます(特にハナアブ系)。

我が家のツワブキに訪れたヒラタアブをメインに、ここ数日のスナップを雑多にアップして更新しておきます(^^;

d0089024_17592430.jpg

↑ 1296
半日陰を好む?我が家のツワブキに日が差した時。

d0089024_1872087.jpg

↑ 1297
こちらはもう日陰に…ツユムシとかのキリギリス系かな

d0089024_189165.jpg

↑ 1298
こちらは裏山のイヌタデで休憩するヒラタアブ

d0089024_18102745.jpg

↑ 1299
同じ場所で、イヌタデやカタバミを行ったり来たり…

d0089024_18123266.jpg

↑ 1230
それにしても大きい眼ですねえ(^^;

d0089024_18131969.jpg

↑ 1231
カタバミニするのかイヌタデにするのか…(^^;

d0089024_18154114.jpg

↑ 1232
昼頃からは曇りだしたのでストロボを使用。

d0089024_18164159.jpg

↑ 1233
これもストロボ使用。

d0089024_182041100.jpg

↑ 1234
秋は美しい雲の日が多いですね(^^) (袖ヶ浦臨海公園から)

d0089024_18224012.jpg

↑ 1235
僕と同じくホウジャクが好きなvegetarianokさんがなかなか出会えなくて申し訳ないのですが、僕は今のところ毎日遇えています(^-^) ※1000×665

d0089024_1826238.jpg

↑ 1236
ホトトギスは背景が煩くなりがちなので、半絞りだけ絞った。 ※1000×665

d0089024_1125576.jpg

↑ 1237
追加 No.1234の反対側(夕日に照らされてる方角)はこうでした。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-10-30 18:31 | 自然

秋色スケッチ

裏山に訪れる昆虫も、気付けば数も種類も減ってきて…植物も茶色系や赤が目立つようになってきました。

春の足音がそうであるように、秋の気配も透明度を増す大空と、足元の小さな雑草などの変化で気付かされます。
決して派手ではなく、むしろ人知れずヒッソリと実を結ぶ小さな草や、木々の実などを、身の回りで探してみました。

もともと、栽培品種でない野草などに「凛とした気品」を感じてはいましたが、それがもっと「奥深い」ものであることを教えて頂いたのは、掲示板に時々貴重な写真を投稿して、僕の知らない草木などの美しさを教えていただいているARさんです。

d0089024_933271.jpg

↑ 1279
ニャンコの影も長~く伸びるようになってきました(=^o^=)

d0089024_9364680.jpg

↑ 1280
たぶんクサギの実。地上3mほどの高さでこれ以上近づけなかった。

d0089024_9382451.jpg

↑ 1281
夏真っ盛りの頃、あれほど多くの蝶やハチやハナアブが訪れた韮も、今はヒッソリと実を結んで…

d0089024_9403158.jpg

↑ 1282
鬱蒼と茂った竹薮と雑木林の中で、一際目立つ赤い実が…

d0089024_9414217.jpg

↑ 1283
同上アップで…

d0089024_943316.jpg

↑ 1284
上の赤い実の近くで見つけたムラサキシキブ(たぶん) 。

d0089024_9452181.jpg

↑ 1285
これは「ブッシュ」の側に入り込んで透過光で撮って見ました。

d0089024_9474295.jpg

↑ 1286
件の調整池ではタマガヤツリ?が面白い形の実を結んでいました。

d0089024_9485468.jpg

↑ 1287
ミゾソバも今が盛りです。

d0089024_9495641.jpg

↑ 1288
遊歩道脇で見つけました。翌日に再訪したら鳥にでも啄ばまれたのか、もうありませんでした。

d0089024_9521530.jpg

↑ 1289
ゲンノショウコの実。ミコシグサとも言うそうです。 ※ このゲンノショウコの実の面白さや美しさもARさんに教えて頂きました(^^)

d0089024_955049.jpg

↑ 1290
ゲンノショウコの花。

d0089024_9561584.jpg

↑ 1291
はじけて「おみこし状」になる前の様子。

d0089024_9571981.jpg

↑ 1292
葉の紅葉も綺麗です。周り中雑草だらけで…でも、引っこ抜くのも可哀相なので…

d0089024_9595417.jpg

↑ 1293
思わぬ収穫がこれ。低い草丈で、老眼には「薄汚れた泡状の花」が付いてる、みすぼらしい雑草にしか見えなかったのですが…。あいにく風が強くなり精緻な美しさに迫ったアップはブレてしまいましたが、後日に再挑戦です。

d0089024_1023825.jpg

↑ 1294
これも品種名は不明。休耕田の湿地脇に生えてました。


d0089024_1044216.jpg








→ 1295
我が家のクチナシ。もう色付き始めたんですねえ…
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-10-27 10:08
実は10月22日(この前記事)のトンボ飛翔を撮った時に、ホウジャクも数枚撮ったていました。
目的は別だったのですが、ネコがネズミを見ると飛び掛りたくなるように、なかば「習性」で飛んでる昆虫を見ると撮ってしまう自分が居ます(^^ゞ

同じホウジャクとは言っても、季節に合わせて対象となる花も異なってきて、そういう意味ではホウジャクばかりの連続アップでも、更新しないよりは良いか…と勝手な理由をつけて(^^)

d0089024_10225363.jpg

↑ 1266
苦手な花の一つホトトギスを何とか綺麗に撮れないか、朝露に濡れて輝く様をゲット出来ないか…とやって来たのですが。すると…

d0089024_10245710.jpg

↑ 1267
春~夏のソレよりも小ぶりなホウジャクが!

d0089024_10255261.jpg

↑ 1268
「おぉー!まだ居てくれたのか!」と(^-^)

d0089024_1027527.jpg

↑ 1269
しかし、何故ほかの蝶たちのように停まって吸蜜する方法を選ばなかったのか…不思議です。

d0089024_10283465.jpg

↑ 1270
空中静止するために羽根が単なる上下動ではない事が判ります。 ※クリックで1000×665ピクセル

d0089024_10304949.jpg

↑ 1271
眼は顔の真横に付いてて、しかも「鼻先」が長い。よく目標にストローを差し込むことが出来るなあ…と、いつも感心してしまいます(^^) ※クリックで1000×665ピクセル

d0089024_10331025.jpg

↑ 1272
これがオオスカシバだったら…透明な羽根が陽光を反射して美しいのですが(^^; ※クリックで1000×665ピクセル

d0089024_10362385.jpg

↑ 1273
これは翌日(22日)の撮影。サルビアに飛来した。 ※クリックで1000×665ピクセル


d0089024_1037208.jpg

↑ 1274
ホトトギスに飛来したのとは微妙に違う種類かも… ※クリックで1000×665ピクセル


d0089024_10384445.jpg

↑ 1275
この日のホトトギスにはハチ君が…

d0089024_103931100.jpg

↑ 1276
至福のひと時?

d0089024_10414440.jpg

↑ 1277
息の長いカタバミに朝露が降りてシットリと…

d0089024_10425012.jpg

↑ 1278
真っ赤に色付いた柿の落ち葉が深まり行く秋を感じさせます。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-10-26 10:49 | 昆虫

トンボの恋 '07

ブログと掲示板と…何かネタはないかと近所を彷徨い歩き、途中すっかり稲も刈り取られ、そこから又稲穂が短く伸びている小さな田んぼに差し掛かりました。

何気なく目をやると、トンボが10数匹飛んでいます。
で、更に目を凝らすとカップルの連結飛行が見えるではないですか! しかし中々「大空を気持ち良さそうに」は飛んでくれない。 背景が稲で煩わしいのは勘弁してもらって(^^;

※ 今回も全ての画像はクリックで1000×665ピクセルサイズ表示になります。

d0089024_23171220.jpg

↑ 1255
このように稲の間を飛行することが多く、スッキリしない絵柄になりました(ピントも合わせにくい)

d0089024_2319292.jpg

↑ 1256
素人目には前も後ろも同じに見える(^^; しかし昆虫界にホモやレズはないだろうなぁ…

d0089024_2321090.jpg

↑ 1257
すると、遠目にも明らかに前後の色合いが異なるペアが通過した!

d0089024_23223285.jpg

↑ 1258
しかし180mm(換算270mm)は合焦範囲激薄です(^^;

d0089024_23245578.jpg

↑ 1259
これは何とか2匹にピントが合ったかも… ここからは、背景を少しでもボカシたくて絞りを開放f:3.5で撮る事に…

d0089024_2326491.jpg

↑ 1260
後ろのトンボにしかピントが合わない(^^;

d0089024_23271139.jpg

↑ 1261
これも後ろだけ…

d0089024_23283782.jpg

↑ 1262
今度は前のだけに(^^; ※50%トリミング後リサイズ

d0089024_2330628.jpg

↑ 1263
これも微妙に後ろにしかピントが合ってない。 ※50%トリミング後リサイズ

d0089024_23313110.jpg

↑ 1264
前から…

d0089024_23372038.jpg

↑ 1265
ほぼ真正面から(^^;  ※50%トリミング後リサイズ
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-10-23 23:42 | 昆虫

東京湾暮色

裏山の昆虫もめっきり数が減り、そろそろ風景でも…とは思っているのですが・・・。

僕の夕景撮影地は、車で自宅からおよそ40分の距離です。「無駄足」が勿体無いので、ギリギリまで空の様子を眺め、「良さそうかな…」と思ったら出かけるわけなのですが…

自然はそう甘くはないです。たいていは、現地に着く頃には雲が厚く覆ってたり、反対に全く雲が無く、東京~横浜上空の濁った空気越しの濁った灰色の中に太陽だけが白っぽくギラ着いてたり…で、すごすご引き返す繰り返しが多いです。

そんな中、昨日は雨上がりと言うことで、空気も洗われかろうじて富士山も望き見ることができましたし、何より夕焼けを「らしく」演出してくれる雲が残っててくれました。
まあ、百点満点中70点ぐらいの気象条件でしたが、更新も滞っていることだし…何枚かをアップします。

パノラマ以外の画像は全てクリックで1000×665ピクセルサイズに拡大します。

d0089024_1182157.jpg

↑ 1245
昔撮ったのと全く同じ絵柄ですが、今回は富士山を入れ込む事が出来ました。

d0089024_11104570.jpg

↑ 1246
判っていた事ではあるのですが、もう少し早い時期に気象条件が合えば、富士山の頂に懸かる夕日がゲットできたのですが…残念!

d0089024_111385.jpg

↑ 1247
少しアップで。沈みきった夕日で富士山の陰が上空に伸びています。

d0089024_11142216.jpg

↑ 1248
この地では「お約束」の羽田に向かう旅客機。

d0089024_1116795.jpg

↑ 1249
日も沈みきり、富士の影も出なくなった…

d0089024_11174441.jpg

↑ 1250
東京湾に停泊中の船舶や、作業船の灯かりが目立つようになった。

d0089024_11344974.jpg

↑ 1251
沈みきった残照に映えるタンク群と雲。中央右寄りに富士山。※2枚ステッチによるパノラマ

d0089024_11362282.jpg

↑ 1252
日中は霞んでいた幕張メッセのホテル群も明かりが灯って鮮明に…

d0089024_11375111.jpg

↑ 1253
眠る事の無い工業地帯の人工照明が夜空を薄赤く染めて…

d0089024_11415177.jpg

↑ 1254
↑1253を含む京葉工業地帯~千葉市方面(4枚ステッチ)
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-10-21 11:45 | 風景
暑く賑やかだった裏山にも、さすがに秋の気配が忍び寄り、昆虫の姿もめっきり少なくなり、
木々や草花も成長を止め、次の世代に命を繋ぐ準備を・・・

そんな乙女チックな感傷など吹き飛ばすように、どこから見てたのかバカ居候ネコ共は、僕が「足元にひっそり咲く小さな花や実でも…」と抜き足差し足でカメラ担いで出かけても、気付けば「俺たちだって遊んじゃうもんね♪」とばかりたむろしています。

d0089024_1916105.jpg

↑ 1230
周りで「たむろ」してるだけならまだ良いのですが…(やや判り難いですが左側にチビたんの魔手を逃れたアゲハが)

d0089024_1920562.jpg

↑ 1231
チャトランとブラッキー(伯父さんと甥っ子)

d0089024_1923415.jpg

↑ 1232
ミズヒキ。開いた花も見事に上下で紅白に分かれてるんですね! …知らなかった(^^;

d0089024_1926696.jpg

↑ 1233
イヌタデ。アカマンマとも言いますが、僕はこの花が大好きです! 不思議な郷愁とある種の色気を感じます。

d0089024_1932439.jpg

↑ 1234
ツマグロオオヨコバイ? 臭木の花で

d0089024_19341638.jpg

↑ 1235
もう居ないだろう…と思っていただけに思わず撮ってしまいました(^^;

d0089024_19352915.jpg

↑ 1236
もう一枚。 バックを選ばないと茶色が目立つようになりました。

d0089024_19372420.jpg

↑ 1237
ヤマトシジミ?は真上から撮らないと、なかなかブルーの美しい羽根を撮らせてもらえない。

d0089024_1939037.jpg

↑ 1238
先ほどツマグロオオヨコバイ?が居たクサギに満身創痍のカラスアゲハが…

d0089024_1940164.jpg

↑ 1239
カタバミとヒラタアブ

d0089024_19411664.jpg

↑ 1240
今年は今まで撮れなかったヒメアカタテハの飛翔が2度撮れた\(^^)/ 1000×665

d0089024_19431449.jpg

↑ 1241
ツマグロヒョウモンが盛んに地面で何かをやってます。

d0089024_19442939.jpg

↑ 1242
想像するに次世代に生命を繋ぐ大切な作業をしているのかも…。場所を変えては何度も繰り返していました。

d0089024_19464932.jpg

↑ 1243
これから卵を作るカップルも(^-^)

d0089024_19481290.jpg

↑ 1244
イヌタデの開花…これぐらいのマクロになると「無風」は存在せず。ピント合わせが大変です。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-10-14 19:52 | 昆虫
どういう状況で、どういう子ネコなのかは…あえて触れずにアップします(=^o^=)

d0089024_023143.jpg






→ 1223
好奇心の塊の時期です。


d0089024_0263383.jpg

↑ 1224
落ちているのは八重桜の枯葉。 ※1000×665

d0089024_0284452.jpg

↑ 1225 ※1000×665

d0089024_029156.jpg

↑ 1226 ※1000×665

d0089024_0294963.jpg

↑ 1227

d0089024_0302024.jpg

↑ 1228
裏山への上り坂の途中。名も知らぬキノコが…

d0089024_0313539.jpg

↑ 1229
カラスウリの葉。 …秋真っ盛りですね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-10-12 00:34 | ネコ
いつまでも暑い!…などと不満を言ってのはつい先日までのこと。さすがに朝夕の冷え込みは秋の深まりを感じさせるように…

気付けば、懐かしく甘い金木犀の香りが漂う季節になったんですね(部屋の窓際に植えられています)。

天気予報では午後からは曇る…ということだが、午前中はまさに抜けるような秋空!
「どーせ何も居ないだろう…」と、タカをくくりながら裏山へ。

すると、遠目にも百日草の周りを高速で飛行するモスグリーンの昆虫が!!
哀しい性で、「パブロフの犬」のように、撮りまくりました!(200カット以上)…もう病気ですね(^^;
…同じ場所で、同じ被写体を何百枚と撮っても使い道がないのに…

まあ、ここは自分のブログなので、本人が納得してれば良いという事で(^^;
※ α7Dの欠点の一つの露出暴れで、超アンダーなカットもあり、RAW現像増感で多少荒れてるカットが含まれます。

d0089024_22374953.jpg

↑ 1211
オオスカシバの魅力はなんと言っても、この透明な羽根ですね! それとホウジャクの茶色と違うモスグリーンも良い感じです。光を反射した虹色が美しいですね(^^)

d0089024_22421516.jpg

↑ 1212
心なしか、春先の頃よりチョコマカと忙しなく動くような気がします。

d0089024_2246596.jpg

↑ 1213
もう少し絞った方が良かったかも…でもSSとの兼ね合いもあるしなぁ ※1000×665ピクセル

d0089024_22472724.jpg

↑ 1214
オオスカシバのお腹側は白っぽいので、花の色を反射しています。 ※1000×665ピクセル

d0089024_22491418.jpg

↑ 1215
いつも不思議に思うのは、真ん中の赤い帯。どうしてなんだろう? ※1000×665ピクセル

d0089024_22511675.jpg

↑ 1216
正面顔も(^-^)  ※1000×665ピクセル

d0089024_22535152.jpg

↑ 1217
正面顔2  ※1000×665ピクセル

d0089024_22551769.jpg

↑ 1218
花の色合いでも印象が随分変わりますね。

d0089024_2256399.jpg

↑ 1219
僕はこのカマキリの存在には気付いていたので、「あ~やられちゃうか!」と思ったのですが、カマキリを花の下に追いやってしまいました。偉いぞオオスカシバ\(^^)/

d0089024_22581619.jpg

↑ 1220
もちろんオオスカシバだけでなく、ヒラタアブや…

d0089024_2259969.jpg

↑ 1221
モンキチョウも飛来しました。

d0089024_2301652.jpg

↑ 1222
オオスカシバが引き上げて、僕も帰ろうとしたら…ホシホウジャクも来ました\(^^)/ ※1000×665ピクセル
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-10-07 23:04 | 昆虫
9月27日に突然ADSL不調に陥り(急病と同じで、サービス終了後の夕方に勃発)、いろいろとあったがOCNの新規IDを郵送で送ってもらうまでは接続不可!

掲示板もある事だし…と、FOMA使用で臨時にmopera(申し込み等不要)経由で凌ぐつもりだたが、メールチェックと、ブログ・掲示板チェックだけでも、アレヨアレヨという間にパケット料金は加算され、なんと29、30の二日間だけで79,000円以上の物凄い金額に! (因みに「普段」の僕のパケット料金は0~500円程度)

このまま通知が届くまでの1週間以上moperaを続けたら、最新の高性能PCが買えちゃう計算はおバカな僕にでも出来るよー! …で、「じっと我慢の子」で居ました(^^ゞ

で、特段に変わった写真があるでもないのですが、月も改まって無更新なのも腹立たしいので、相変わらずの家周りスナップでの更新です。

d0089024_14113752.jpg

↑ 1198
シジミチョウの仲間

d0089024_14125973.jpg

↑ 1199
ツユクサって息の長い植物ですね。

d0089024_14142589.jpg

↑ 1200
連結飛行で疲れた?トンボカップルも一休み(^^)

d0089024_14164597.jpg

↑ 1201
9月29日は雨模様の一日でした(コスモス)

d0089024_14185323.jpg

↑ 1202
優雅に飛ぶアゲハに混じってセセリチョウもひっそりと…。 ※1000×665ピクセル

d0089024_14204422.jpg

↑ 1203
名前は判りませんが、足元にヒッソリと咲いていました(花は米粒大)。

d0089024_14231858.jpg

↑ 1204
この蝶は非常に警戒心が強かったです。

d0089024_14242074.jpg

↑ 1205
カタバミも息が長いです。

d0089024_1425584.jpg

↑ 1206
クマバチが元気なのもあと少しですね。

d0089024_14255814.jpg

↑ 1207
クマバチ 2


d0089024_142733.jpg






→ 1208
この草は風に揺れてピントが定まりにくかったです。


d0089024_14284282.jpg

↑ 1209
コスモスも敏感に揺れますね(^^;

d0089024_14294049.jpg

↑ 1210
トンボも婚姻色で赤みが強くなってきたのかな?
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-10-06 14:31 | 昆虫