<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

雨。のち晴れ

今日の午前中は雨。そして午後からは晴れ間が顔を覗かせる…春らしいと言うべきか、目まぐるしく天候が変化した一日でした。

仕方がないから(時間も無いし)水滴でも撮るか…といつもの裏山で何カット化を・・・。

d0089024_023452.jpg

↑ 0540
比較的花弁が小さいスイセンの端っこに小さな昆虫が居ました。

d0089024_0253624.jpg

↑ 0541
タンポポ綿毛(曇天時)

d0089024_0262918.jpg

↑ 0542
ムスカリの天辺でアズチグモ?が…。リサイズで見難いですが、糸を吐き出してます。

d0089024_0285339.jpg

↑ 0543
晴天時のタンポポ綿毛。

d0089024_030283.jpg

↑ 0544
スイセンの花びらにイタドリハムシが…。

d0089024_0305018.jpg

↑ 0545
飛び立つ瞬間を待ちましたが、指の反応が早すぎました。次の瞬間には彼はファインダーから消えていました(-_-;

d0089024_0325217.jpg

↑ 0546
ハルジョオンも蕾のうちは真っ赤ですね。水滴のレンズ効果で本来見えないシベを写せました。

d0089024_0342427.jpg

↑ 0547
この時期は、あらゆる物が輝きを増しますね。

d0089024_0352172.jpg

↑ 0548
去年芽吹いたモミジ、まだ赤ちゃんですね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-03-31 00:37 | 自然

自宅前休耕田にて

今日の千葉県は、初夏並みに暖かかったが、終日強い風が吹き、マクロ撮りはダメだな…と諦めましたが、夕方自宅前休耕田で蛙の初鳴きを聞き、カメラを持って探索に…

蛙は、サンダル履きだったのに気付いて諦め、足元の春を何枚か撮ってきました。

d0089024_2052391.jpg

↑ 0531
カキドオシ…かな? 比較的背丈が低いので強風下なんとかマクロで撮れました。

d0089024_20532065.jpg

↑ 0532
カラスノエンドウも可憐な花を咲かせています。

d0089024_2054386.jpg

↑ 0533
ヘビイチゴ

d0089024_2055779.jpg

↑ 0534
もう実も随分大きくなっています。

d0089024_20555161.jpg

↑ 0535
キツネノボタン…でしょうか? ヘビイチゴに似た花です。

d0089024_20564156.jpg

↑ 0536
ふと足元を見ると、他の花には目もくれず、ひたすらハコベで吸蜜する蜂を発見。

d0089024_20575596.jpg

↑ 0537
ナズナなどが林立する中、なんとかスッキリした背景で飛行を撮れました。ニホンミツバチかなぁ??

d0089024_20593338.jpg

↑ 0538
ツクシは終わりかけていました。小さな虫が(^^)

d0089024_2104259.jpg

↑ 0539
スイバ…でしょうか? 草木も昆虫も一斉に活動を始める嬉しい季節の到来ですね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-03-29 21:04 | 自然

ビロードツリアブなど…

今の時期は、「昨日は居なかったのに…」という出会いの連続ですね。

d0089024_1837746.jpg

↑ 0521
今日の空はこんな色。吹き抜ける風が爽やかに感じられる陽気でした(^-^)

d0089024_18383619.jpg

↑ 0522
大きなスイセンの花陰でカクレンボ(^^)

d0089024_18392563.jpg

↑ 0523
ソラマメも咲き出しました。

d0089024_18433289.jpg
 
↑ 0524
植えっぱなしのビオラ。野生化してそこら中に増えています。

d0089024_18465596.jpg

↑ 0525
初見の蝶。物凄いスピードで飛び、警戒心も強く1歩近付いたら逃げられました。

d0089024_18483424.jpg

↑ 0526
ビロードツリアブ発見! 体長1センチ足らずで非常に見付けにくい。文字通り全身が細かい毛でビロード状に覆われているので合焦感が得にくい!

d0089024_18523548.jpg

↑ 0527
しかも警戒心も強く、なかなか近付かせてくれない(-_-;

d0089024_18534369.jpg

↑ 0528
下の杉の枯葉と比較すると大きさがお判りと思います。(後方はスミレ)

d0089024_18554182.jpg

↑ 0529
上空ではモミジの枝でシジュウカラが可愛い声で鳴いていた。

d0089024_1857342.jpg






→ 0530
我が家のレンギョウも咲きました(^^)
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-03-28 18:59

曇天続き(-_-;

冬に逆戻りしたかのような寒さは一段落したものの、スカーっと晴れない日々が続いていますね。
しかし、生き物たちは季節に敏感に反応し、ひたむきに生きているんですね。

d0089024_1757377.jpg

↑ 0510
ニホンヒゲナガハナバチ…かな?

d0089024_17575398.jpg

↑ 0511
アオキも花が咲き始めました。

d0089024_17584318.jpg

↑ 0512
コケも春に胞子嚢を伸ばして…

d0089024_17595320.jpg

↑ 0513
キチョウもヒラヒラ活動を始めました。

d0089024_1805468.jpg

↑ 0514
黄色カタバミも漸く咲き出しました。

d0089024_1815217.jpg

↑ 0515
もうすっかり花を落とした梅には、メジロに代わってコゲラが…

d0089024_182442.jpg

↑ 0516
庭先の竹薮で囀るウグイス。↑のコゲラも↓のメジロも、ネコとの競争になっちゃうので、シャッターチャンスもなにもあったものじゃないです。なにしろ5~6匹が我先に突進するので…(-_-;


d0089024_185127.jpg

↑ 0517
このヒヨドリは僕のリンゴを待ってるようです(本当はメジロ用なのに…)

d0089024_186084.jpg

↑ 0518
木瓜に飛来したメジロ。案の定この後ニャンコが気付いて…(-_-;

d0089024_1871332.jpg

↑ 0519
シャガの構図で悩んでるとヒラタアブが「撮って~え♪」と(^-^)

d0089024_1883011.jpg

↑ 0520
それでは…と、お約束の構図で撮らせてもらいました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-03-27 18:12 | 自然

曇りのち雨…

関東地方の天候は、昨日から今日にかけて時折強風が吹きつけ、どんよりとした曇り空から雨へと、重苦しい二日間でした。

d0089024_23305910.jpg

↑ 0501
ピーカンの晴天よりも黄色の透明感は出やすく、色飽和も起きにくい(気がする)

d0089024_23323161.jpg

↑ 0502
ユキヤナギ…これも難しい花ですね。

d0089024_23334099.jpg

↑ 0503
天候に関らず働き者のヒラタアブ。…しかし、考えてみれば、これだけ小さな体。一日絶食したら生きて行けないんでしょうね。


d0089024_23353041.jpg

↑ 0504
蜘蛛も徐々に活動を始めました。

d0089024_23374424.jpg

↑ 0505
こちらは別の蜘蛛。糸を張ってるのはナズナ。

d0089024_23385963.jpg

↑ 0506
スノーフレーク。もっと水滴が付いてくれるのを期待したのですが…

d0089024_234362.jpg

↑ 0507
ユキヤナギで雨宿りするスジグロシロチョウ

d0089024_23441165.jpg

↑ 0508
庭先の木瓜。 止まり木に寄生され年々樹勢が弱まってる(-_-;

d0089024_2346472.jpg

↑ 0509
竹の切り口に生えた苔。珊瑚のようです。ピン甘なので晴天時にリベンジしたい。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-03-25 23:50 | 自然

もう一息で春爛漫♪

忙しさもピークを過ぎ、家の周りで「春色」を撮ってみました。

d0089024_2025824.jpg

↑ 0493
ツルニチニチソウ。とても丈夫な花で、「はびこる」というイメージに(^^;

d0089024_2042020.jpg

↑ 0494
良~く見ると小さな昆虫が…アブラムシかな?

d0089024_2052052.jpg

↑ 0495
ナズナも大きく伸びて…

d0089024_2014018.jpg

↑ 0496
ボケにピントを合わせてるところに飛び込んできたので、アングルが今一つですが… ボケはあまり好かれないようです。この後すぐに飛び去りました。


d0089024_2016111.jpg

↑ 0497
我が家のシャガはまだかな?…と眺めてると3センチほどの昆虫が目の前を横切り、シャガの葉に。なんと今年初のトンボはイトトンボでした。
断定は禁忌ですがまだ「羽化」は考え難い季節なのでオツネントンボ…でしょうか?

d0089024_20195155.jpg

↑ 0498
一瞬飛び立った!と思ったら、昆虫を捕食して違う葉に舞い戻りました。

d0089024_20205116.jpg

↑ 0499
欲張ってここまで近付いたら、次の一瞬に逃げられました。

d0089024_20215328.jpg






→ 0500
半日陰では、イチリンソウが風に揺らいでいました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-03-23 20:25

ネタ仕込み(^^ゞ

3月に入って、何かと雑用に追われ、掲示板に書き込んで下さる方に、失礼にならぬよう迅速に応対するのに手一杯で…気付けばこのブログも前回更新から10日もの空白が!

これではイカンと、無理やり時間を作り急遽手近な「千葉市花の美術館」に行ってきました。

やはり久しぶりに覗くファインダーの感触は良いものですね(^-^) あいにくの強風で屋外でのマクロは無理で、室内の暗い照明の下、三脚は来館者に迷惑になるので、ギリギリ手持ちで頑張ってきましたが、ASがあってもブレが見られたのは歳のせいか…(-_-;

d0089024_12473072.jpg

↑ 0481
前回来た時には無かったように思うのですが…。人形もそうだけど、花のレイアウトも「センス」が感じられないなあ・・・。

d0089024_1250208.jpg

↑ 0482
ヒナゲシ 細い茎に大きな花。ユラユラ揺れて構図取りは難しい。

d0089024_12514743.jpg

↑ 0483
なんとかシベにピントが合った。

d0089024_12534325.jpg

↑ 0484
室内展示のチューリップに窓の日差しが・・・。

d0089024_12544111.jpg

↑ 0485
黄色が飽和したが、今回はこれで良しとすることに(^^ゞ

d0089024_12561923.jpg

↑ 0486
カトレア…かな? この種の花はアップにすると大抵どこかが傷んでる

d0089024_12584286.jpg


↑ 0487
スイセン。綺麗だが昔ながらの品種のような気品を感じない。

d0089024_1303117.jpg

↑ 0488
アナナス…かなあ?

d0089024_1312177.jpg

↑ 0489
帰途に着く直前。陽も傾いてチューリップの陰がコンクリート壁に…

d0089024_1332197.jpg

↑ 0490
美術館脇の池で。さすがに鳥の数はめっきり減ったが、少ないカモメなどをファインダーで追ってると「オメー何やってんだよ!」とハトに眼付けられた(^^ゞ

d0089024_1352880.jpg

↑ 0491
このカモメは顔が痒いのかな(^_^ゞ

d0089024_1361289.jpg

↑ 0492
少し歩いて海岸へ…。カップルが数組居ましたが、…どのカップルなのかなあ(;^。^)
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-03-15 13:09 |

そろそろ始動…

3月に入ったとはいえ、今日は異常に暖かかった。
最近の異常気象を象徴するかのような低気圧の接近で、木々を揺らす「ゴオーッ!」と言う強風と、今にも降り出しそうな重く垂れ込めた雲。

それでも、虫たちは「春の訪れ」を察知して甲斐甲斐しく働き始めてますね(^.^)
曇天でシャッター速度を上げられず、ブレてボツにはなりましたが、キチョウも飛んでました。

d0089024_2153568.jpg

↑ 0474
独特の複眼の縞模様が懐かしいハナアブ

d0089024_21545613.jpg

↑ 0475
こちらはツマグロキンバエ

d0089024_21553655.jpg

↑ 0476
頭デッカチのヒラタアブも…

d0089024_21561385.jpg

↑ 0477
これもヒラタアブ

d0089024_21571443.jpg

↑ 0478
こちらはオオイヌノフグリで吸蜜。いつ見ても羽根の虹色が美しい(^-^)

d0089024_2158541.jpg

↑ 0479
オオイヌノフグリと比べると、小ささが良く判ります

d0089024_21595530.jpg

↑ 0480
人間は未だこれほど精緻な飛行ロボットは作れない!
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-03-05 22:01 | 昆虫

写真雑記帳


by real_gontanopapa