カテゴリ:昆虫( 588 )

今日は、昨日までと打って変わって晴天で暖か…風が少々強かったけど、敏感な昆虫たちが一斉に活動を始めました。

しかし、何故か白い大根の花がお気に入りで、こちらとしては花弁の白とびは避けたいし、かと言って昆虫が暗くなるのも困るし…で、一部を除きレタッチしまくってます(^^;


d0089024_1851244.jpg

↑ 0622
アカタテハ(今年初)

d0089024_185353.jpg

↑ 0623
クマバチも数匹がブンブン飛んでました。これも今年初(これは横からの撮影なので比較的簡単)


d0089024_1853551.jpg

↑ 0624
こちらに突進してくるところを正面から。何とかファインダーに収まった(^^;

d0089024_18553670.jpg

↑ 0625
これも正面顔。180mmと長焦点で、おまけにホバリングしないので結構大変です。

d0089024_18565063.jpg

↑ 0626
見かけ通り重いんですね!他の昆虫じゃあこうまで茎が曲がりません。

d0089024_1858616.jpg

↑ 0627
クマバチのお尻も結構可愛いです♪

d0089024_18592161.jpg

↑ 0628
この時期、なかなか花に止まらないベニシジミがハルジョオンに…

d0089024_1902438.jpg

↑ 0629
今年どころか、今迄で初めて遭えたツマキチョウ。飛んでる優雅な姿も撮りたいが、小さく異常に警戒心が強い。しかも期間限定でしか遭えないらしい。


d0089024_1923480.jpg

↑ 0630
真っ黒けのセセリチョウが黄色いタンポポに(写真屋泣かせ)。これも今年初

d0089024_1935048.jpg

↑ 0631
なんとクロアゲハ系までもが\(^^)/ しかし、やはり暗がりを好むし、白い花が好き(^^;

d0089024_196662.jpg

↑ 0632
目を凝らすと蝶以外にもこんな昆虫もひっそりと…

d0089024_1965789.jpg

↑ 0633
寿命の短い昆虫たちは、子孫を残す仕事も急がねば(^^;

d0089024_1981366.jpg

↑ 0634
こちらは「家庭菜園」路地植えのイチゴで吸蜜。

d0089024_1992937.jpg

↑ 0635
庭先のツツジにはこんなのも…立派な角ですねえ!

d0089024_19102759.jpg

↑ 0636
これも庭先で。シャガに吸蜜する蝶は初めて見ました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-04-21 19:14 | 昆虫

今日の裏山

今日も、午前中は日差しがありましたが、午後からは今にも降り出しそうな重い雲が…
しかし、昆虫たちは雨降りの危険を察知するんですね。曇りだしてからは殆ど姿を見かけなくなります。

考えて見れば、場合によっては「身体より大きな水の塊が落ちてくる訳だから、彼らにとっては命がけですよね。 それにしてもどうやって雨を予知するんだろう?自然は偉大です。


d0089024_2153464.jpg

↑ 0611
今年初のアゲハ蝶。(実は数日前に姿だけは見てるのですが、高速で上空を通過) スイセンに止まっています。


d0089024_218693.jpg

↑ 0612
同じアゲハ。大根の花で…

d0089024_2191858.jpg

↑ 0613
こちらは別のアゲハ。大分羽根も傷んでます(ナノハナ)

d0089024_2111944.jpg

↑ 0614
こちらはタンポポで休憩

d0089024_21115630.jpg

↑ 0615
もちろん、まだまだモンシロチョウが圧倒的に多いです。

d0089024_2113910.jpg

↑ 0616
これもモンシロ系。

d0089024_21141275.jpg

↑ 0617
この時期のベニシジミは、なぜか地面など「フォトジェニックじゃない」場所に止まることが多く悩みの種でしたが、珍しく花に止まってくれた。


d0089024_21162391.jpg

↑ 0618
勿論、草陰ではハナバチが健気に活動中。

d0089024_211733100.jpg

↑ 0619
オオイヌノフグリと比べると大きさがわかりやすいです。

d0089024_21215471.jpg

↑ 0620
意地の悪いもので、マクロレンズしか持ってない時に限って、すぐ近くに鳥が現れたりする(-_-; トリミングしてます。(たぶんカケス)


d0089024_21242629.jpg

↑ 0621
ユキヤナギにクサカゲロウ(たぶん)が。目にピントを合わせるか、半透明の羽根にあわせるか…迷ったら中途半端になったかも(^^ゞ
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-04-20 21:27 | 昆虫

ここ数日の裏山で

裏山でも雑草の伸びが激しく、日一日と緑の占める割合が増えています。
畑の持ち主が、農道の草を刈らないので、結局僕がこれから定期的に100mほど刈払機で草刈をするようになります。

そんな雑草の真っ只中に身を投じると、小さな昆虫たちの精一杯の生活を垣間見ることができます。

d0089024_0153985.jpg

↑ 0591
タンポポに吸蜜するミツバチ。ピントは今のところ「今年一」かも…。 (この画像はクリックで拡大)


d0089024_0193284.jpg

↑ 0592
オオイヌノフグリは、降雨時は閉じてしまうので、「晴天のにわか雨」のようなタイミングでないと、このような水滴には遭遇しない。


d0089024_0225939.jpg

↑ 0593
ダイコンの花に向かうスジグロ? (これもクリックで拡大)

d0089024_0243016.jpg

↑ 0594
冬眠から目覚めたばかりのアオガエル。本当に久しぶりに姿を見ました。

d0089024_0253253.jpg

↑ 0595
彼の瞳に映った雑木林と青空。

d0089024_027785.jpg

↑ 0596
早くも恋するカップル(クリックで拡大)。

d0089024_0281446.jpg

↑ 0597
この直後逃げられましたがトンボも出現。

d0089024_030518.jpg

↑ 0598
ヒメオドリコソウとハナアブ。色合いを意識して撮りました。

d0089024_0305740.jpg

↑ 0599
こうして見ると、タンポポって実にいろんな昆虫を惹き付けてるんですね。

d0089024_0323970.jpg

↑ 0600
タンポポの黄色に引っ張られ、全体が暗い仕上がりだったので、トーンカーブ補正。

d0089024_0341210.jpg








→ 0601
シダ類も魅力的な形が多いですね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-04-16 00:37 | 昆虫

タンポポに集う

いつもの裏山は、あぜ道がタンポポの盛りです。そんなタンポポに集う昆虫たちのスナップです。尚、別の被写体目当てで180mmしか着けていなかったので、極端に被写界深度が浅くなっています。

d0089024_1585841.jpg

↑ 0569
明らかな失敗作ですが、何となくキュートだったのでアップしちゃいます(^^; …まあ、自分のブログなので誰に遠慮も要らないと開き直って・・・。

d0089024_14553569.jpg

↑ 0570
ヒゲの長いのや

d0089024_14563066.jpg

↑ 0571
やたら剛毛のも…

d0089024_1457740.jpg

↑ 0572
もちろん「お約束」のヒラちゃんも

d0089024_14575724.jpg

↑ 0573
これは今年の初見です

d0089024_14584960.jpg

↑ 0574
ピントの山が掴みにくいです

d0089024_14593785.jpg

↑ 0575
苦労した割には面白みに欠ける(-_-;

d0089024_1505168.jpg

↑ 0576
番外編 1  

d0089024_1514082.jpg

↑ 0577
番外編 2

d0089024_153717.jpg

↑ 0578
番外編 3  (ここから昨日の撮影)

d0089024_1535959.jpg

↑ 0579
番外編 4

d0089024_1542527.jpg

↑ 0580
番外編 5
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-04-09 15:09 | 昆虫

そろそろ始動…

3月に入ったとはいえ、今日は異常に暖かかった。
最近の異常気象を象徴するかのような低気圧の接近で、木々を揺らす「ゴオーッ!」と言う強風と、今にも降り出しそうな重く垂れ込めた雲。

それでも、虫たちは「春の訪れ」を察知して甲斐甲斐しく働き始めてますね(^.^)
曇天でシャッター速度を上げられず、ブレてボツにはなりましたが、キチョウも飛んでました。

d0089024_2153568.jpg

↑ 0474
独特の複眼の縞模様が懐かしいハナアブ

d0089024_21545613.jpg

↑ 0475
こちらはツマグロキンバエ

d0089024_21553655.jpg

↑ 0476
頭デッカチのヒラタアブも…

d0089024_21561385.jpg

↑ 0477
これもヒラタアブ

d0089024_21571443.jpg

↑ 0478
こちらはオオイヌノフグリで吸蜜。いつ見ても羽根の虹色が美しい(^-^)

d0089024_2158541.jpg

↑ 0479
オオイヌノフグリと比べると、小ささが良く判ります

d0089024_21595530.jpg

↑ 0480
人間は未だこれほど精緻な飛行ロボットは作れない!
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-03-05 22:01 | 昆虫
 日中でも陽が当たっている時と、雲が出て陰った時との温度差が激しくなってきました。 関東地方も午後からは、雲がどんどん広がり、あっという間に肌寒くなっちゃいました。

 裏山には、もはやハナアブとヒラタアブ、アカタテハ…ぐらいしか見れなくなりました。ナイルさんのようにツボを押さえた解説文をつける能力は素よりなく、同じようなショットの羅列ですが「自分のブログで好きにして何が悪い!」と開き直ることにして(^^; 今日撮った中から何枚かをアップしておきます。


d0089024_17234930.jpg

↑ 0212
この時期、何が辛いって、被写体が枯渇することもそうなんですが、枯れ草の茶色が目立って背景処理が面倒なことです。



d0089024_17255840.jpg

↑ 0213
必然的にアップが多くなります


d0089024_17265828.jpg

↑ 0214
老眼なので、一瞬小型の蜂?と思ったのですが、黒いヒラタアブでした。


d0089024_17324864.jpg

↑ 0215
かろうじて残ったキバナコスモスには久しぶりに見るミツバチが…がんばってるんだね(^^)


d0089024_17344030.jpg




→ 0216
御近所の柿、この種類は一箇所に数個の実が固まってなります


d0089024_1737095.jpg






→  0217
カラスウリも今が盛りです


d0089024_173915.jpg

↑ 0218
足元ではテントウムシがひっそりと。雑草をどければスッキリ写るのは判ってるのですが、可哀想なので・・・。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-11-18 17:42 | 昆虫

旅立ち・・・

 今日も昨日に引き続き、荒れ模様だった天気のせいで庭じゅうに散らかった落ち葉を掃除。秋の風情を乗せて漂う煙を見やりながら、ふとツワブキを見ると、何と!小さいホシホウジャクが飛来してるではないですか!

 しかし、あいにく手元にカメラはないし、ヒマを持て余して「早く掃除が終わらないか」と待機していたネコ共がウロウロしてるし…で、今まで撮ってない「ツワブキとホシホウジャクの取り合わせ」は撮れず終いでした(^_^;

 「もう居ないだろうな」なんて思いながら裏山へ行くと、すっかり茶色が多くなった一面に、ポツリポツリと咲く名残の花に、いくつかの昆虫が来ていました。 お互い元気で、また来年も会いたいね!

d0089024_2164558.jpg

↑  0183
百日草にアズチグモが、と思ってカメラを向けると「おやー!?」普段「巣」を張らない蜘蛛なのに糸を出してる!



d0089024_219583.jpg

↑  0184
そうです。例の「糸を風に乗せて飛び立つ」準備をしていたのです。でも、そういう状況と言うことは、風が強いということで・・・。ピントが定まりません! もっと悔しいのは、「今だ!」と、飛び立つ瞬間にシャッターを切ったのですが、無反応!バッファーが一杯でした(-_-;
 でも、写真にこそ撮れませんでしたが、その一瞬に立ち会えたのですから幸せです。


d0089024_21201456.jpg

↑  0185
ホシホウジャクです。時期を外して、仲間と会う確立も少なく孤独で・・・だけど精一杯生きて…。


d0089024_21244247.jpg

↑  0186
多分今年最後のホシホウジャク君だから…何枚かアップしちゃおう(^^)


d0089024_21262254.jpg

↑  0187
羽の運動が単なる上下動じゃないことが良く判ります。


d0089024_21282712.jpg

↑  0188
これはサルビアで吸蜜。


d0089024_2130245.jpg

↑  0189
キチョウも居ました!
d0089024_2132063.jpg

↑  0190
そしてヒメアカタテハも・・・今年会えた昆虫たちにありがとう!来年もよろしくね(^^)
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-10-26 21:33 | 昆虫
 昨日・今日と、絶好の撮影日よりでしたが、あいにくこういう時に限って雑用が一杯。少しだけ裏山を偵察しましたが、ここは地形からか「風の道」になってて、我が家が無風の時でも常に風が吹いている・・という「ありがた涙」が出そうな場所で、今日も花マクロは問題外!

 それでも今年最後になるかもしれないアオスジアゲハに出会えました。羽根も随分傷んでて、それでも精一杯蜜集めして・・出来る限り綺麗に撮ってやろうと思いました。

d0089024_1944194.jpg

↑ 0169
僕が何故アオスジアゲハが好きかというと、このシンプル且つ大胆なストライプの模様が「自然の創作」と思えないぐらいに美しいからです。…最新のモダンアートにも匹敵すると思いませんか!?
ウインドサーフィンの帆(?)やスポーツカイトのデザインでも似合いそうです!



d0089024_19483870.jpg

↑ 0170
しかもこのブルー…透過光で見ると一層美しく、ブルーも微妙に変化してるんですよね。


d0089024_19515583.jpg

↑ 0171
で、花も随分傷んできた百日草の葉上で、セセリチョウが何やら怪しい動きを・・。メスを巡って2匹の雄が恋のサヤアテ中!(僕にはセセリチョウの雌雄を判断する能力はありませんから、「状況」で雌雄を推察しています)


d0089024_19545211.jpg

↑ 0172
まず1匹の♂がアタック!盛んに♀のお尻のあたりを頭?で突付いています。


d0089024_19563483.jpg

↑ 0173
すると、すかさず別の♂も割り込んで「俺だって彼女が好きだよー!」


d0089024_19575268.jpg

↑ 0174
たちまち♀を巡って「取っ組み合い」のバトルが・・(^^ゞ でも、人間と違って「武器」などの卑怯で野蛮な手段は用いないし、ましてや某国のように核兵器もちらつかせないし・・・平和なもんです…昆虫の世界は。 この後メスが急に飛び立ち、2匹の♂も我先に後を追っていずこかへ飛び去りました(^^)


d0089024_2015425.jpg

↑ 0175
帰りがけに見つけた蜘蛛の巣。どうしてこういうパターンが出来たかは不明ですが、蜘蛛の糸は時に思いがけない模様を見せてくれて楽しいですね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-10-09 20:06 | 昆虫
 ただただ気ぜわしく、日々を送って「暑い」だの「寒い」と言ってましたが、気付けば残すところ二月ちょっと・・。思いつくままに他サイトの掲示板等に投稿してきた昆虫たちに感謝を込めて、自分のブログで整理していこうと思います。


d0089024_1934365.jpg

↑ 0163
テントウムシ(2月15日) まだまだ寒さが厳しい時期でも、陽だまりでは葉っぱの下から食べ物を求めて・・。



d0089024_19414646.jpg

↑ 0164
ウリハムシ?(2月22日)


d0089024_19432885.jpg

↑ 0165
やはりこの虫(ヒラタアブ)は活動を始めるのが早いです。オオイヌノフグリに吸蜜・・


d0089024_19464926.jpg

↑ 0166
椿に吸蜜に来たミツバチ(3月11日) 周りの竹を伐採し日当たりが良くなったので、例年来なかったミツバチが来てくれた(^^)

 
d0089024_19522666.jpg

↑ 0167
ミツバチ(3月11日) 椿に来てるなら裏山の梅にも来てるだろう…と。案の定・・(^^)


d0089024_19551288.jpg

↑ 0168
ヒラタアブ(3月11日) 件の裏山で地べたに座り込んでナズナを撮ってると、ヒラタアブが「撮って~♪」とでも言うように吸蜜に来てくれました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-10-07 20:00 | 昆虫

イトトンボ

 期せずしてtshさんとナイルさんのブログでイトトンボがアップされていたので僕も…。ただし今年はイトトンボを撮りに行ってないので、以前に撮ったものの中から再アップですが(^^;

d0089024_21152738.jpg

↑ 0154
草と一体になっている。敵の目を逃れるため?



d0089024_21175113.jpg

↑ 0155
初めて見たときは、そのあまりの美しさと華奢な身体に感動しました。


d0089024_2123044.jpg

↑ 0156
これは角度の関係で草に停まって見えちゃいますが、羽根をご覧頂くと判るように飛行中です。イトトンボは飛行距離(時間)が極めて短いので、飛翔を撮るのは結構大変です(^^;


d0089024_21253437.jpg

↑ 0157
自然は、何故こんなにも繊細で美しい生き物を創ったんでしょうか・・


d0089024_21265173.jpg






 → 0158
 これは真正面から…。イトトンボの可愛い目を強調して・・。


d0089024_21304385.jpg

↑ 0159
ギリギリに寄って撮ってるんで、完全に平行でないと全体にピントが合わないです(-_-;


d0089024_21321847.jpg

↑ 0160
この場所は普段から木陰で暗いのに、曇天も重なって、厳密にはややブレてます。(苦しい姿勢で撮ってるので)


d0089024_21343672.jpg

↑ 0161
こんなに小さくても、目や足にもちゃんと模様があるんですね(^^)


d0089024_21362851.jpg

↑ 0162
これはどこから見ても「飛んでる」と判って頂ける!
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-10-06 21:41 | 昆虫

写真雑記帳


by real_gontanopapa