カテゴリ:昆虫( 581 )

 昨日・今日と、絶好の撮影日よりでしたが、あいにくこういう時に限って雑用が一杯。少しだけ裏山を偵察しましたが、ここは地形からか「風の道」になってて、我が家が無風の時でも常に風が吹いている・・という「ありがた涙」が出そうな場所で、今日も花マクロは問題外!

 それでも今年最後になるかもしれないアオスジアゲハに出会えました。羽根も随分傷んでて、それでも精一杯蜜集めして・・出来る限り綺麗に撮ってやろうと思いました。

d0089024_1944194.jpg

↑ 0169
僕が何故アオスジアゲハが好きかというと、このシンプル且つ大胆なストライプの模様が「自然の創作」と思えないぐらいに美しいからです。…最新のモダンアートにも匹敵すると思いませんか!?
ウインドサーフィンの帆(?)やスポーツカイトのデザインでも似合いそうです!



d0089024_19483870.jpg

↑ 0170
しかもこのブルー…透過光で見ると一層美しく、ブルーも微妙に変化してるんですよね。


d0089024_19515583.jpg

↑ 0171
で、花も随分傷んできた百日草の葉上で、セセリチョウが何やら怪しい動きを・・。メスを巡って2匹の雄が恋のサヤアテ中!(僕にはセセリチョウの雌雄を判断する能力はありませんから、「状況」で雌雄を推察しています)


d0089024_19545211.jpg

↑ 0172
まず1匹の♂がアタック!盛んに♀のお尻のあたりを頭?で突付いています。


d0089024_19563483.jpg

↑ 0173
すると、すかさず別の♂も割り込んで「俺だって彼女が好きだよー!」


d0089024_19575268.jpg

↑ 0174
たちまち♀を巡って「取っ組み合い」のバトルが・・(^^ゞ でも、人間と違って「武器」などの卑怯で野蛮な手段は用いないし、ましてや某国のように核兵器もちらつかせないし・・・平和なもんです…昆虫の世界は。 この後メスが急に飛び立ち、2匹の♂も我先に後を追っていずこかへ飛び去りました(^^)


d0089024_2015425.jpg

↑ 0175
帰りがけに見つけた蜘蛛の巣。どうしてこういうパターンが出来たかは不明ですが、蜘蛛の糸は時に思いがけない模様を見せてくれて楽しいですね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-10-09 20:06 | 昆虫
 ただただ気ぜわしく、日々を送って「暑い」だの「寒い」と言ってましたが、気付けば残すところ二月ちょっと・・。思いつくままに他サイトの掲示板等に投稿してきた昆虫たちに感謝を込めて、自分のブログで整理していこうと思います。


d0089024_1934365.jpg

↑ 0163
テントウムシ(2月15日) まだまだ寒さが厳しい時期でも、陽だまりでは葉っぱの下から食べ物を求めて・・。



d0089024_19414646.jpg

↑ 0164
ウリハムシ?(2月22日)


d0089024_19432885.jpg

↑ 0165
やはりこの虫(ヒラタアブ)は活動を始めるのが早いです。オオイヌノフグリに吸蜜・・


d0089024_19464926.jpg

↑ 0166
椿に吸蜜に来たミツバチ(3月11日) 周りの竹を伐採し日当たりが良くなったので、例年来なかったミツバチが来てくれた(^^)

 
d0089024_19522666.jpg

↑ 0167
ミツバチ(3月11日) 椿に来てるなら裏山の梅にも来てるだろう…と。案の定・・(^^)


d0089024_19551288.jpg

↑ 0168
ヒラタアブ(3月11日) 件の裏山で地べたに座り込んでナズナを撮ってると、ヒラタアブが「撮って~♪」とでも言うように吸蜜に来てくれました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-10-07 20:00 | 昆虫

イトトンボ

 期せずしてtshさんとナイルさんのブログでイトトンボがアップされていたので僕も…。ただし今年はイトトンボを撮りに行ってないので、以前に撮ったものの中から再アップですが(^^;

d0089024_21152738.jpg

↑ 0154
草と一体になっている。敵の目を逃れるため?



d0089024_21175113.jpg

↑ 0155
初めて見たときは、そのあまりの美しさと華奢な身体に感動しました。


d0089024_2123044.jpg

↑ 0156
これは角度の関係で草に停まって見えちゃいますが、羽根をご覧頂くと判るように飛行中です。イトトンボは飛行距離(時間)が極めて短いので、飛翔を撮るのは結構大変です(^^;


d0089024_21253437.jpg

↑ 0157
自然は、何故こんなにも繊細で美しい生き物を創ったんでしょうか・・


d0089024_21265173.jpg






 → 0158
 これは真正面から…。イトトンボの可愛い目を強調して・・。


d0089024_21304385.jpg

↑ 0159
ギリギリに寄って撮ってるんで、完全に平行でないと全体にピントが合わないです(-_-;


d0089024_21321847.jpg

↑ 0160
この場所は普段から木陰で暗いのに、曇天も重なって、厳密にはややブレてます。(苦しい姿勢で撮ってるので)


d0089024_21343672.jpg

↑ 0161
こんなに小さくても、目や足にもちゃんと模様があるんですね(^^)


d0089024_21362851.jpg

↑ 0162
これはどこから見ても「飛んでる」と判って頂ける!
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-10-06 21:41 | 昆虫

トンボの恋

まだ頭痛は完全には治まりきれてはいないのですが、今日はお付き合いの関係でどうしても出かけなくてはならず、どうせなら…と、出かける直前に裏山へ出かけました。

 いつもの花の近くは、畑の持ち主が草刈機でバリバリ除草中で近づけず、全く手入れをせず、セイダカアワダチソウが2m以上も伸びて誰も入れない「要塞」になってる一帯の前でボンヤリ上空を飛ぶトンボを眺めていましたが…


d0089024_20353722.jpg

↑ 0136
僅かに人が入れるような空間(セイダカアワダチソウが倒れてる)にトンボのペアが居るではないですか! しかし還暦も過ぎ視力体力ともに落ちてきた昨今、見つけるのも難しいですが、一度見失うと再発見はもっと苦しいです。


d0089024_20385313.jpg

↑ 0137
因みに少しトリミングしたココに居ます(^^)


d0089024_20413162.jpg

↑ 0138
足場は悪いし、なにせブタクサの真っ只中ですから、背景がうるさいです(-_-;


d0089024_20453388.jpg

↑ 0139
かなり近付いて撮ってるので、2匹にはピントが合いません。


d0089024_20473559.jpg

↑ 0140
こちらはα7Dでの撮影


d0089024_2049759.jpg

↑ 0141
同じような絵柄ばかり続きますが・・


d0089024_20502520.jpg

↑ 0142
こちらは別のカップル。浅はかな僕は、これを見るまでてっきり前を行くのが♂だと勘違いしてましたが、これを見ると♀が♂の頭に尾を付けて引っ張ってるんですね! …たしかにその方が合理的と言うか、自然ですね
・・・いや待てよ!? う~んナイルさん助けて!


d0089024_20545343.jpg

↑ 0143
ほぼ横から撮れて、2匹共にピントが来たカット。


d0089024_2057360.jpg

↑ 0144
この時の上空はこうでした。雲が…もう秋のそれですね。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-28 21:00 | 昆虫
 短い一生を精一杯生きている昆虫たちは、少しでも雨がおさまれば「我先に」吸蜜に、求愛に・・と寸暇を惜しんで頑張ってます。…見習わなくちゃ(^^ゞ

d0089024_17492942.jpg




→ 0109
吸蜜中の♀を見つけしつこく言い寄る♂・・「身につまされるなあ」(^^ゞ



d0089024_1852696.jpg

↑ 0110
熱心さが伝わったのか、求愛成功!でいざハネムーンに。このアングルは横から狙うよりもかなり難しいです。


d0089024_1882958.jpg

↑ 0111
今の時期、なかなか傷んでいない固体には出会えないので、思わず「記念写真ポーズ」で・・。


d0089024_18123049.jpg

↑ 0112
一瞬♂♀のペア?…と思いましたが、よく見ると羽根の先端が違いますね。


d0089024_18145145.jpg







→ 0113
こちらはネギの上で休憩中!?・・実は少し強い風が吹いていて、一生懸命羽根でバランスを取っています(^^)


d0089024_18171556.jpg

↑ 0114
アオドウガネ?でしょうか。甲虫は角度によってはとても美しいですね。


d0089024_18225011.jpg

↑ 0115
ショウジョウバッタ?でしょうか。ネギの上で瞑想中(^^)


d0089024_1839518.jpg

↑ 0116
芙蓉って見かけは豪華なのに虫が来ないなあ…なんて思ってたんですが、ちゃんと来るのが居るんですね(ホシホウジャク)因みにオオスカシバはこの花は見向きもしませんでした。


d0089024_1831877.jpg

↑ 0117
足元の草むらでは雨を避けるようにヤマトシジミ?がひっそりと・・


d0089024_18321390.jpg

↑ 0118
ナミハナアブでしょうか? 乗っているのが韮の実ですから大きさが測られますね。 これを撮ってからハっと気付いて、ナイルさんが同定し易いアングルでも撮らなきゃ…と思ったらサっと飛び去りました(^^;
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-19 18:41 | 昆虫

昨日の続き・・(^^;

 タネが尽きたわけでも、出し惜しみでもないのですが、昨日は「う~ん!?」というのを撮ったので、アップしませんでしたが、せっかく撮ったのだからと…アップしておきます。

d0089024_2241177.jpg

↑ 0100
アゲハチョウが停まる花も季節に従い春先とはすっかり様変わりしてきました。



d0089024_22445284.jpg

↑ 0101
キタテハ・・でしょうか? 歴戦の後が痛々しいですね。


d0089024_22461782.jpg

↑ 0102
これが問題のハテナ?の蝶ですが、ナガサキアゲハではないのでしょうか?「昆虫エクスプローラー」を見ると「そうかな?」とも思えるのですが・・羽根は傷んでないです。


d0089024_22494054.jpg

↑ 0103
どうなんだろう・・


d0089024_22511497.jpg

↑ 0104
もし、そうだったら初見になるので凄く嬉しい!


d0089024_22523664.jpg

↑ 0105
このヒョウモンも随分羽根が傷んでます。


d0089024_22553957.jpg

↑ 0106
モンシロチョウ(多分)もあまりに普通で大騒ぎされない蝶ですが、やはり美しいですね。これでアゲハチョウ位の大きさだったら見事だと思う。


d0089024_225822100.jpg

↑ 0107
韮の花の上では、名称不詳の蛾が…蛾は同じようなのが多くて、僕には同定するのは無理です(^^;


d0089024_22595919.jpg

↑ 0108
最後はマイコアカネ。この日は2匹居ました(^^;
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-18 23:03 | 昆虫
 今日も裏山を偵察(春~秋はほぼ毎日20~30分は日課に)。今にも降りそうな曇天で、かつ木の陰という悪条件ですが、昨日に続きセージから観察を、すると・・

d0089024_190983.jpg

↑ 0094
我が物顔で闊歩?するクマバチをかいくぐって、こんなに小さくて丸っこいハチが…なんか、ハミング♪が聞こえてきそうでした(^^)



d0089024_1935389.jpg

↑ 0095
セージの下では雑草に隠れるようにマユタテアカネ?が。この赤の美しさだけでも驚異的なのに、顔のブルーも凄いです!


d0089024_1965830.jpg

↑ 0096
運の良いことに、今日はホシホウジャクが来てくれました。オオスカシバより若干動きが早いです(ホバリング時間が短い)


d0089024_19103876.jpg

↑ 0097
もう一枚ホウジャクを…


d0089024_19121421.jpg

↑ 0098
「お約束」のオオスカシバも飛来しました。これも色がちょっと変わってます。


d0089024_19144140.jpg

↑ 0099
今日の一押しはコレ! 普段停まってることのほうが多く、なかなか飛ぶタイミングが掴めず、撮ることが出来なかったハナムグリの飛翔を撮ることが出来ました\(^^)/

 常々、甲虫の飛翔は蝶やトンボに負けず劣らず美しいと、いつかは撮りたいと思ってたので今回はとても幸せな気分です。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-17 19:21 | 昆虫
この2日間は、天候と時間の都合で撮っていないので、予備のストックから (9/10撮影)

d0089024_18474592.jpg

↑ 0082
韮の花に止まってる蚊です。ある意味ではマクロの中のマクロかも・・。一説では吸血するのはメスだけだとか…



d0089024_18553771.jpg

↑ 0083
体に比して触覚が異様に大きいのは、匂いや温度、炭酸ガス等の微妙な変化を感知するためか…
いずれにしても、流石は自然のなせる業、よく見れば精緻な美しさに驚きます。…もちろん好きにはなれませんが(^^;


d0089024_191411.jpg

↑ 0084
そういえば、去年もこんなのを撮ってました(^^; こちらはミズヒキでの吸蜜。そういえば何故かミズヒキの周りにはいつも蚊がたむろしてます。

 嫌われ者の蚊ですが、これにヒントを得て痛くない極細の注射針が開発されたり、血が固まらない成分から血栓の治療薬を開発できないか研究中・・とか役立ってる部分もあるようで・・


d0089024_1975885.jpg

↑ 0085
上の2枚を撮影した日の空はこうでした。…秋ですね。


d0089024_1994890.jpg

↑ 0086
直射日光下でもぎらつかず、影が柔らかく感じるのは気のせい?


d0089024_19121330.jpg










→ 0087
シソの花も秋を感じさせます。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-14 19:21 | 昆虫
こちらは全てα7DとTAMRON 180mmマクロでの撮影

d0089024_14285958.jpg

↑ 0047  
コスモスの花を挟んでセセリチョウとアリンコが・・。彼らにとってお互いに異次元世界の存在なのかな




d0089024_14314510.jpg

↑ 0048  
ヒョウモンチョウは警戒心が強く、180mm(270mm)でここまで寄れました。



d0089024_143471.jpg

↑  0049  
秋口に入り、心なしか蝶の動きも春先のソレのように速くなってる? 止まらない!



d0089024_14363937.jpg

↑ 0050  
背景の赤いボケは鶏頭です



d0089024_14373381.jpg

↑ 0051  
韮にはこんなハチも…



d0089024_14383763.jpg








→ 0052
里芋の葉陰ではカマキリがじっと獲物を待っていて・・



d0089024_1440749.jpg

↑ 0053  
ノシメトンボ?のタッチダウン
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-10 14:44 | 昆虫

今日出会えた昆虫たち

 千葉県の今日は、晴れそうな雰囲気もあるんだけれど降りそうでもあるし…薄日が差すかと思えば濃い灰色の雲に覆われる・・そんな一日でした。 Sスピードを稼げないので昆虫撮りにはアレですが、過ぎ行く夏を惜しむかのように花を求める虫たちを撮ってみました。

d0089024_20221488.jpg

↑ 0032
アゲハが停まる花にも季節の移ろいが・・








d0089024_202455.jpg

↑ 0033  
セセリチョウ。韮の花で吸蜜中



d0089024_20261657.jpg

↑ 0034  
こちらのセセリチョウは百日草の葉っぱで休憩中(^^)



d0089024_20293227.jpg

↑ 0035  
この子は芙蓉がお気に入り・・かな?



d0089024_20314232.jpg

↑ 0036  
マメヒラタアブはコスモスの上で身だしなみ中(^^)



d0089024_20383158.jpg

↑ 0037  
芙蓉の傍にはアキアカネも・・(ナイルさんからノシメトンボでは、との御指摘を頂いた。そうだと思います)



d0089024_20392612.jpg

↑ 0038  
同じ固体の別アングル(^^;



d0089024_20452546.jpg

↑ 0039  
ベニシジミ



d0089024_20464566.jpg

↑ 0040  
これもベニシジミ



d0089024_20482691.jpg

↑ 0041  
アゲハチョウの乱舞



d0089024_2050522.jpg

↑ 0042  
キタテハ…かな?


d0089024_2052195.jpg

↑ 0043  
こちらはヒメアカタテハ



d0089024_20531167.jpg

↑ 0044  
でも気をつけないとこんなのが息を潜めて待ち構えてるよ!



d0089024_20545756.jpg

↑ 0045  
帰りがけに足元を見ると、草陰でひっそり咲くカタバミにヒラタアブが…



d0089024_20564830.jpg

↑ 0046  
別アングルから・・


こんなに色んな表情を魅せてくれる昆虫たちに会えるのもあと僅かになってきました。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-09 20:59 | 昆虫

写真雑記帳


by real_gontanopapa