無惨(美しいだけに…)

むせかえるような暑い中、裏山の草むらに蜘蛛の糸に引っ掛かってクルクル風に舞う蝶の羽を見かけました。
おそらくはカラスアゲハのそれと思われる断片は、生きていた時と違わぬコバルトブルーが煌めいて、美しくも哀しく寂しい風情さえ感じさせるものでした。

d0089024_9141256.jpg

↑ 3152  非常に強い風のため、クルクル位置が変わって合焦が…

d0089024_9153321.jpg

↑ 3153  生きている時には、なかなかこの角度では写させてくれませんが(^^;

d0089024_91739.jpg

↑ 3154  反対側の模様。
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-07-16 09:18 | 自然

写真雑記帳


by real_gontanopapa