サトキマダラヒカゲ(たぶん)

裏山に偵察に行くと、クヌギの切り株で3匹のサトキマダラが乱舞してるように見えた。
例年は雑草が生い茂り、こぼれた種から園芸種の花も適度に咲いて、絶好の昆虫ワールドが出現したのだが、土地の所有者が「心を入れ替えて」 畑を整備したので訪れる昆虫も激減し、寂しいものです。

なお、ヤマキマダラというのも居るらしいのですが、素人では判別は難しそうですし、当地は「山」ではないということでサトキマダラとしておきます…いつもながらのいい加減さで(^^;

d0089024_16205445.jpg

↑ 2916  チョウの眼は今まで「ジャスピンのハズなのに」合焦感が得られず、不思議に感じていましたが、このように眼(複眼)にもビッシリと毛が生えているからというのもありそうです。

これが花粉や雨滴の付着を防ぐためのものなのか、また全部のチョウに共通するのかは判りませんが…

※W120+単眼鏡分解レンズ  1024×768ピクセル(等倍切り出し)

d0089024_16262773.jpg

↑ 2917  別カット

d0089024_16305570.jpg

↑ 2918  これがクヌギの切り株での1シーン

d0089024_1632340.jpg

↑ 2919  全部で3匹居て、クヌギの密にありつけなかった1匹は別のクヌギの枝に…

d0089024_16344363.jpg

↑ 2920  明暗差がありすぎて見にくいですが、蜜が滲み出て来る穴に吸密管を差し込んで…
※EX-FC100

d0089024_16373619.jpg

↑ 2921  昨日の朝方。シダに止まって夜露をしのいでいました。

d0089024_16393999.jpg

↑ 2922  これは桑の木…だったかな?
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-05-14 16:41 | 昆虫