寒い朝(霜シリーズ) 1

撮影日は数日前で、日付もまちまちなのですが、途中Xmasという季節モノイベントもあり、今になっての投稿です。

撮影枚数も多く、また年末で多忙になることもあり、同じようなネタで「しのぐ」ことになりそうです。

d0089024_10451766.jpg

→ 2171
裏山への途中。
冷え込んだ朝の、透明に感じる空気も、立ち上る水蒸気で満たされてるんですね。



d0089024_10472470.jpg

↑ 2172  裏山の畑に到着。 森の木を超え始めた朝日に照らされた部分から徐々に霜が融け、水蒸気が立ち上ります。

d0089024_10505673.jpg

↑ 2173  セイダカアワダチソウからも

d0089024_10522280.jpg

↑ 2174  畑の中ほどにある、忘れられたネギに… 

 
d0089024_10535775.jpg

→ 2175
ビッシリと霜が降りていますが…



d0089024_10573189.jpg

↑ 2176  あっという間に融けてしまいます。

d0089024_10585542.jpg

↑ 2177  ならば水滴を撮ればいいさと…

d0089024_10594810.jpg

↑ 2178  同上

d0089024_110535.jpg

↑ 2179  同上

d0089024_1122673.jpg

↑ 2180


d0089024_1132783.jpg

→ 2181
倒れてないネギには…



d0089024_1161826.jpg

↑ 2182  ちなみに、霜ではなく朝露だと、こういうふうに水滴も少ないです。
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-26 11:08