定点観察(市原海岸)

夕陽の写真も意外に難しい。雨が降ってたり厚い雲がたれこめててはもちろん話にならないが、「雲ひとつない」スカっとした晴れ…でも写真になりにくい。

ドラマティックな絵になりにくい、というのもあるが、なにより太陽自身が明るすぎて、太陽を「丸い形も判らない」くらいに飛ばして周りのグラデーションを救うか、周りのグラデーションには目をつぶって太陽の形をきれいに出すか(それでも太陽は白いまま)…のどちらかになる。

太陽光の赤みが強く、それを美しく反映する「理想的な形」の雲があり、かつ遠くの地形なども適度に認識できる日は、年に一度あれば良いほうである。

この日もまさに、「二者択一」を迫られる日で、こういう時は無理に太陽を入れないで、「残照」の赤を写したほうが良い結果を得られる…と個人の勝手な思い込み(^^;



d0089024_16525100.jpg

↑ 2339  太陽が貨物船の後ろに沈みきった瞬間。  SAL70300G 300mm

d0089024_16582666.jpg

↑ 2340  同上 70mm

d0089024_16591371.jpg

↑ 2341  同上 300mm

d0089024_1722133.jpg

↑ 2142  釣用桟橋。このように波も穏やかなのに「風が出てきたので閉鎖します」とのこと。

d0089024_1745378.jpg

↑ 2143  到着時には霞んで見えにくかった富士山も少しだけ鮮明に…  DT16105

d0089024_1764724.jpg

↑ 2144  少し寄ってみる。  SAL70300G 250mm

d0089024_1783399.jpg
→ 2145  化学工場から立ち上るスチームも夕日に染まって…
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-09 17:20 | 風景