SAL70300G (70-300mm F4.5-5.6G SSM)

Gが付く初のレンズがズームというのも、「小心者」っぽい気もしますが、ひと頃の品不足も解消され、入手しやすくなったようで、発注から2日で入手できました。

製品を手にした印象は、TAMRONのA061よりも大きく重いこと。それと、フードが巨大!

肝心の操作性や写りはこれから徐々に検証していこうと思いますが、ざっと判ったことは…

1、さすがにSSMだけあって、AF駆動音は静かです(ほぼ無音)
2、しかしα700のAF性能もあってか、合焦速度は期待してはいけない。
3、解像度はTAMRONよりも若干シャープ(この辺りのニュアンスは微妙)。
4、コントラストはTAMRONより明らかに上回る。
5、ボケが非常に美しい(これが欲しかった最大の理由ですが)
6、最短撮影距離がもう少し短ければ(基本性能が良いだけに)

といった、ところでしょうか。

花も昆虫も少なくなり、ネタ切れ気味なので、これからしばらくレンズレポートまがいの記事を続けようと思います。
なお、撮影は基本的に絞り優先。AF微調整なし、ボケを見るために敢えて背景が煩い被写体もあります。

d0089024_22471337.jpg

↑ 2293  ムラサキシジミ  300mm

d0089024_22484748.jpg

↑ 2295  同上ピクセル等倍 ※ 1068×712ピクセル

d0089024_22505712.jpg

↑ 2296  50%リサイズのみ。 ※ 2136×1424ピクセル  300mm

d0089024_22553027.jpg

↑ 2297  A061では出せなかったボケです。 300mm

d0089024_22563836.jpg

↑ 2298  「リュウノヒゲ」とモミジ。 300mm

d0089024_22591584.jpg

↑ 2299  同じ被写体をTAMRON 90mm MACROで撮影。実はこれを撮った時点ではSAL 70300 が納品されると分からなかったので、撮影目的は別で従って撮影時刻も離れています。

d0089024_2314697.jpg

↑ 2300  こちらはシグマ 24mm F1.8での撮影。
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-12-03 23:18 | カメラ・ レンズ

写真雑記帳


by real_gontanopapa