SAL50F14 とネコと…

α7D使用時には何故か全く興味を持てなかった、いわゆる「大口径・単焦点」レンズ。
α700は、その大きさと軽快な操作感とで、夕暮れ~夜間の街撮りにも使える「明るいレンズ」が欲しくなった。

APS-Cの場合、焦点距離が1.5倍相当になるので、30~35mmが使いやすいのだが、SONY製35mmは、おいそれと買える価格ではない。

そこで次善の策として、50mm f:1.4を入手した。ヨドバシでα700本体購入時のポイント残もあり、まあまあリーズナブルな価格で購入できたが、やはり換算75mm相当は長すぎるきらいがある。

肝心の「写り味」については、価格が価格なので、過度の期待は出来ないが(もともと「単焦点礼賛派」のいう切れ味云々には根拠が無い)、明るい事に因る高速シャッターと、合焦域からの滑らかなボケ味は、特に高倍率ズームとは一線を画すと思います。

ただし、特に今回α700本体と同時購入のDT16-105が優秀な事も有り、シャープな写りに関しては差は感じられない。


※ 以下すべてクリックで1000×667ピクセル画像になります。


d0089024_852413.jpg

↑ 1261
中央公園で。 大口径の利点の一つ…煩い背景を大きくボカして整理し易い。

d0089024_855355.jpg

↑ 1262
SS 1/250秒が確保できるので、ASの有無に関わらず安心してシャッターが切れる。


d0089024_91430.jpg






→ 1263
被写界深度はさすがに薄く、これぐらい離れても円形の建物にしか合焦していない。


d0089024_925591.jpg

↑ 1264
こういうシーンにもレンズを向ける気持ちが起きる(^^;

d0089024_951186.jpg

↑ 1265
レタッチで暗くしています。

d0089024_953325.jpg

↑ 1266
ボケへの変化が滑らかですね。

d0089024_982516.jpg

↑ 1267
シーンを選ぶレンズですね(^^;

d0089024_995017.jpg

↑ 1268
片目にだけ合焦してます。

d0089024_91112.jpg

↑ 1269
2匹仲良く、屋根から見下ろして…

d0089024_9122016.jpg

↑ 1270
こちらは16-105mmでの撮影。50mmと遜色ない写り味です。

d0089024_9141437.jpg

↑ 1271
これも16-105mm。 ネコは広角レンズが面白い。もう少し寄れればなあ…

d0089024_9161511.jpg

↑ 1272
ミケちゃんのデモンストレーション。我が家の引き戸は全部ささくれ立ってしまいました。斜めの竹の棒は、勝手に戸を開けられるのを防ぐための「しんばり棒」(-_-;
[PR]
by real_gontanopapa | 2008-01-08 09:22 | カメラ・ レンズ

写真雑記帳


by real_gontanopapa