愛のシーズン

今朝も出かける前に裏山を偵察。僅かに花も咲き出してるのに、昆虫の姿が見えないなあ…などと思いながら、一輪だけ咲いている金鶏菊の付近を見ると…おやーっ、体長僅か7~8ミリのヒラタアブが例のアクロバット体勢で「愛の交歓」の真っ最中ではないですか!

万一鳥が居たら…と付けていたタム200-500を外し、180mmマクロに交換。しかしピント幅が激薄だあ!似たり寄ったりの絵柄になっても、滅多に遭遇できないシーンに、つい夢中になり、気付けば260カットほどを撮ってました(^^ゞ

帰宅後あまりに数が多いのもHDを消費するだけなので、目にピントが来てないのを削除し、120枚ほどに整理しました(それでも多すぎる!)これでヒット率5割ですね。なお、今回もすべてクリックで拡大します。


d0089024_20301912.jpg

↑ 0782
これは結合部に主眼を置いて、かつヒラタアブの透明感を出したかったので目には合焦させてません。


d0089024_20324972.jpg

↑ 0783
このように♀は羽根を止めています。この状態で1時間以上飛行するのですから、生物のエネルギー効率って凄いと思います。

d0089024_20341338.jpg

↑ 0784
これは上方向から

d0089024_2035672.jpg

↑ 0785
♀が羽根を止めてる分だけ風の影響も受けやすく、案外フラフラと飛びます。

d0089024_20374311.jpg

↑ 0786
少しでも背景の異なる絵にしようとしましたが、思うようには行かないですね。

d0089024_20393270.jpg

↑ 0787
なんとか「愛の交歓」に相応しいバックを…と無理やり金鶏菊を入れましたが、黄色が簡単に飽和して…

d0089024_20411695.jpg

↑ 0788
ヒラタアブばかりでも怒られそうなので蝶の交尾も(^^ゞ

d0089024_20421787.jpg

↑ 0789
お手伝いの時間も近付き、帰りがけにふと木の枝を見やると、凄腕ハンターのムシヒキアブが目を不気味に輝かせて獲物を物色中。

d0089024_20441949.jpg

↑ 0790
これは21日の撮影。条件が悪くて残念ですが、エナガと思われる鳥の空中交尾の一瞬です。 この画像のみ小サイズ(800×532)です。
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-05-23 20:47 | 昆虫

写真雑記帳


by real_gontanopapa