みんな懸命に生きている…命の輝き

このところ、時間が空くと毎日のように裏山に出かける。100メートルちょっとの農道がメインのコースで、道沿いの雑草の中と、畑に植えっぱなしになっている少々の花が主な撮影フィールド。

当然、日々「劇的変化」などある筈もないが、目を凝らして雑草の中に身を投じると、そこでは小さな生き物たちの限られた生涯を生き抜き、子孫を残すための美しくも壮絶な生き様が見えてくる。

d0089024_2016563.jpg

↑ 0669
さんざん花に顔を突っ込んで額?に花粉をいっぱいくっつけて(^^)

d0089024_20185699.jpg

↑ 0670
カラスノエンドウの先端で悩んでる? ハムシの仲間かな…

d0089024_20204588.jpg

↑ 0671
強い日差しの中、奇跡的に蒸発せずにいた水滴(1ミリ足らず)と赤い虫。

d0089024_20241056.jpg

↑ 0672
これはどういう風に変わるのかなあ? 一見派手なようでも、掴まっている蔓に色彩が似てますね


d0089024_20255952.jpg

↑ 0673
この日は何度か「イモムシ」に出会いました。 まさに生命始動の季節ですね。

d0089024_20284372.jpg







→ 0674
こちらはカラスノエンドウで…
半透明で美しい緑が印象的



d0089024_2032288.jpg

↑ 0675
菜の花の間を行くヒラタアブ

d0089024_20333155.jpg

↑ 0676
こちらはミツバチ

d0089024_20341211.jpg

↑ 0677
生い茂るカラスノエンドウの中で屈んでいると、スジボソコシブト~やミツバチが盛んに吸蜜をしています。
で、ある花の後ろに回りこんだミツバチを撮ろうと待っても、花の振動が続くだけで一向に出てきません。「そんない良い蜜があったのか…」などと、呑気なことを思いながらシビレを切らして回り込んで見ると…



d0089024_20362798.jpg

↑ 0678 
コハナグモ?と思われる蜘蛛に捕らえられて麻酔?のためか身体を痙攣させてるところでした。 しかし一応毒針も持ってて、身体も大きい相手を瞬時に仕留めるなんて…蜘蛛はやはり凄腕のハンターなのですね。

d0089024_20421168.jpg

↑ 0679
ところで、これは我が家の牡丹。朝方は蕾だったのに昼頃には見事に開花。すると何処からともなくヒラタアブが集まってきて蜜の奪い合いを始めて(^^; そんなに惹き付ける匂いがあるのかと、鼻を近づけてクンクンやるが、かすかに「嫌な」匂いがするのみ。自然って不思議だなあ。

d0089024_20451749.jpg

↑ 0680
お約束の飛翔も(^_^;
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-04-29 20:48

写真雑記帳


by real_gontanopapa