どんな宝石よりも美しい自然の贈り物

雨上がりの晴天や、朝露が残る早朝の草花は、注意深く見ると、今にも落ちそうな雫や、植物の「産毛」にかろうじて留まってる極小の水滴などが千変万化の美しさを魅せてくれます。

d0089024_19264696.jpg

↑ 0657
金鳳花(たぶん)

d0089024_19273179.jpg

↑0658
 同上。人間が「艶」や金属光沢感を感じるのは、物理的に説明すると、見る時のごく僅かな角度の違いで、全反射と無反射が同列するためです。だから、このように水滴のレンズ効果で一部だけが強烈に反射すると、さながら金で出来た花のように感じる事が出来ます。


d0089024_19323122.jpg

↑ 0659
オオイヌノフグリ

d0089024_19325690.jpg

↑ 0660
さすがに ここまでは寄れないのでトリミングしてます。

d0089024_19342551.jpg


↑ 0661
つつじ。 風でゆらゆら揺れて手間取ったが、何とか狙ったシベ先端に合焦できた。

d0089024_19381310.jpg

↑ 0662
雑草(映ってるのはタンポポ)

d0089024_19391279.jpg

↑ 0663
同じくタンポポ。虫を添景に入れることで単調さがなくなった(と、自己満足)

d0089024_19421499.jpg

↑ 0664
ハルジョオン

d0089024_19424288.jpg

↑ 0665
ハルジョオン 2

d0089024_19433930.jpg

↑ 0666
ビオラ(パンジー?)

d0089024_1945572.jpg

↑ 0667
文字通り名も知らぬ雑草。草丈2センチ足らず。もう少しで踏むところでした。

d0089024_19461712.jpg

↑ 0668
ネギボウズ
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-04-27 19:48 | 自然

写真雑記帳


by real_gontanopapa