テグス鴨のその後

心無い釣り人の捨てたテグスの犠牲になったカモのことは1月25日に記事にしました。

ようやく咳も治まり、午後に時間が出来たので「どうしてるかなあ…」と件のカモの様子を見に行ってきました。まあ、あわよくば他の鳥も居たら…との目論みもあったのですが・・・。


d0089024_222528.jpg

↑ 0421
元気で居ました!(^-^)  これは先を行く2羽の仲間を追いかけたけど、疲れて途中で諦めて止まってしまったところ


d0089024_225389.jpg

↑ 0422
「君の事が心配で様子を見に来たんだ」と心で話しかけたのが通じたのか(^^; 逃げることもなく、じっとカメラを見つめていた。


d0089024_2271834.jpg

↑ 0423
そうこうしている内に、先に行った仲間が引き返して来た(テグス鴨は時々仲間を呼ぶようにクェッ、クェッ!と鳴いていた)


d0089024_2293041.jpg

↑ 0424
脚が悪くないカモ君は、丘に上がってアヒル君?とフザケッコ♪


d0089024_22105044.jpg

↑ 0425
よほどご機嫌だったのか、こんなポーズも見せてくれました(^_^;

d0089024_2212936.jpg

↑ 0426
すると、件のテグス鴨君も丘に登り始めた


d0089024_22132580.jpg

↑ 0427
しかし、岸が崩れるのを防ぐためのゴロゴロした石ころが行く手を阻み、何度も転びそうになりながら必死に進もうとする


d0089024_22153418.jpg

↑ 0428
本当に見てるこちらの胸が苦しくなりそうな悪戦苦闘の末に登り切った!


d0089024_22165849.jpg

↑ 0429
やはり嬉しかったのでしょうか…ほんの一瞬でしたがこのように凛々しい振る舞いも。(登り始めてからここまでで3分もかかってる)


d0089024_22181776.jpg

↑ 0430
でも、歩こうとすると左右で向きが変わっちゃってる脚が…痛ましいなあ(-_-;
それでも一生懸命に「前へ進もうとする」姿には心打たれ、とかく怠惰になりがちな自分を
戒められたようで、恥ずかしながら「清々しい涙」もちょっぴり(^^ゞ

※ しかし、最近exciteは文章の途中から意図しないのに太字になっちゃうのは何故?
[PR]
by real_gontanopapa | 2007-02-16 22:26 |

写真雑記帳


by real_gontanopapa