徐々に秋も深まり・・

 裏山に咲く花も少なくなり、必然的に昆虫たちも減ってきてるように感じます。でも、そんな状況ゆえか、健気に頑張ってる昆虫たちを見つけると、思わず「頑張れ!」とエールの一つも送りたくなるのは、人間の勝手な感傷なのでしょうね。

d0089024_15145478.jpg






→0145
鬱蒼とした木陰の中、一瞬白い帯がヒラヒラしたと思ったら、傍の墓石に停まったのがこれ。これはホタルガで間違いないと思いますが…(^^; それにしても実に美しくて立派な触角ですね。



d0089024_15191069.jpg






→0146
別アングルで。この立派な触覚も、真っ赤な頭部も、そして鮮やかな羽根のラインも・・みんな理由があってのことなんでしょうが…


d0089024_15234079.jpg






→0147
紫蘇の花ではバッタ君が休憩中


d0089024_15265888.jpg

↑ 0148
夕べから降ったり止んだりしている雨。里芋の葉。


d0089024_15293617.jpg

↑ 0149
何の花もそうですが、紫蘇も美しいですね(^^)


d0089024_1533571.jpg

↑ 0150
今年は例年に比べ極端に少なかったアオスジアゲハ。まるで「残された時間は少ない・・」とでも言ってるかのように気ぜわしく飛び回っていました。


d0089024_15401046.jpg

↑ 0151
足元にはこんなのも・・。生きていた時と遜色ない虹色の輝きが、かえって命の儚さを感じさせます。


d0089024_1543388.jpg







→ 0152
 むかご。…秋なんですねえ


d0089024_15462454.jpg

↑ 0153
このアゲハはご覧のように羽根がボロボロでした。厳しい生存競争を生き抜いてきたのでしょうか…。こんな身体になって尚、精一杯生き続ける姿は美しくも哀しいですが、同時に「大切な何か」を教えてもらってる気もします。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-10-01 15:52

写真雑記帳


by real_gontanopapa