少しの時間でも…

 まだまだ日中など日差しを浴びると、夏と変わらないジリジリした暑さを感じますが、朝夕の陽の低さや空の色合いは、やはり「秋」のそれですね。いろいろと忙しかった数日ですが、ちょっとの空き時間に撮った庭先と裏山での、相も変らぬスナップです(^^;


d0089024_19304481.jpg

↑ 0119
いかにも日本人好みの青と可憐さで、嫌われることが少ないツユクサですが、考えると春から秋まで実に息の長い植物ですね。そんなツユクサには僕の好きなヒラタアブが良く飛来します。



d0089024_19345239.jpg

↑ 0120
地方によっては、これから咲き出すのでしょうが、我が家の彼岸花は当にお彼岸と共にピークを過ぎようとしています。


d0089024_19375934.jpg

↑ 0121
名称不詳の蔦の葉。秋ならではの陽の当たり方ですね。


d0089024_1941564.jpg

↑ 0122
コミスジ?でしょうか。なかなか近付いてくれず、頭上の高い小枝に停まってるのをパチリと…トリミングしてます。

d0089024_19431260.jpg

↑ 0123
韮の花って一見地味ですが、いろんな昆虫が好んで吸蜜にきます。これはシロテンハナムグリでしょうか?


d0089024_19462854.jpg










→ 0124
カマキリに血はないかもしれませんが、「体液」はあるでしょうに、「頭に血が上る」ことはないのでしょうか(^^;


d0089024_19514369.jpg

↑ 0125
これは例の「アゲハとカマキリの死闘」を撮ったのと同じ日の撮影。一輪草のような白い小さな花に向かうヒラタアブを極小サイズにしたようなアブ? …ルリイロナガハナアブに感じが近いです。
[PR]
by real_gontanopapa | 2006-09-24 19:56

写真雑記帳


by real_gontanopapa