ゆず

俗に「桃栗3年柿8年、ユズのバカっちょ18年」と言われるが・・

我が家の空き地に鳥が運んだ実から生えた「実生」の柚の木を発見して、草刈の折も気を付けて刈らずに大事に見守ること幾星霜(^^;

とうとう実をつけるようになり(2個)、1個は高すぎて届かなかったが、貴重な1個を収穫できた。  ここまで随分期間がかかったように思う。それだけにとても嬉しいのだが・・

それだけ僕も年を重ねたということで、その意味では嬉しさも半分・・かな・
ともあれ接ぎ木では得られない芳醇な香りが鼻孔をくすぐります(^^)

貴重すぎて何に使うか迷うが、取りあえず白菜の漬物にでも刻み込むか・・・

d0089024_2321784.jpg

↑ 3396  DSC HX90V
[PR]
by real_gontanopapa | 2015-11-17 01:05

写真雑記帳


by real_gontanopapa