哀しい美しさ…カラスアゲハ

庭先でカラスアゲハを見つけた。一瞬「逃げられては大変!」と焦ったが、良く見ると既に息絶えていた。
しかし、あたかも「標本にしてください」と言わんばかりに、綺麗に羽根を広げた姿勢で、しかも何処にも欠損がない。

このチョウにどんな不運が襲ったのかは知る由もないが、そっと手に持った時の想像以上の軽さに、不思議な感動と切なさを覚えました(^^;

しばらく玄関内に飾っておいたのですが、ふと思い立って本来訪れたかもしれない花などに乗せて撮ってみましたが、生物は「生きててこそ」を実感した…かな?

d0089024_12541620.jpg

↑ 2999  「拾って」から一週間以上経ちますが、色素での着色ではなく、構造色の光の干渉での発色なので、独特の色調が褪せることがないですね。

d0089024_12571240.jpg

↑ 3000  アジサイに乗せてみました。

d0089024_12575459.jpg

↑ 3001  構造色の特徴で、見る角度によって微妙に色調が変わります。

d0089024_1302313.jpg

↑ 3002  ツツジの花を褥に…

d0089024_12585920.jpg

↑ 3003  裏側も(普段横から見える部分)十分美しいです。
[PR]
by real_gontanopapa | 2010-05-17 13:01 | 昆虫