屏風ヶ浦

千葉県、旭市の刑部岬から銚子の名洗辺りまで、赤土の脆い断崖が太平洋の荒波に打ち砕かれて、断崖絶壁になっている名所があります。
その名も屏風ヶ浦。延々10キロも続く断崖は、場所によっては高さ60メートルにも及び、なかなかの壮観さなのですが、いかんせん「赤土の塊」の岩なので波による浸食が激しいです。

かつては佐貫城というお城があったそうですが、今は遥か沖合に沈んでいるそうです。

で、なんとか浸食を食い止めるべく、テトラポットが延々と設置されていて、これはやむを得ない対処法だとは思いますが、写真を撮ることになると非常に目立っちゃうのが…(^^;

d0089024_1791211.jpg

↑ 3491  ちょうど真ん中あたりから飯岡~茂原方面の眺め。

d0089024_17105235.jpg

↑ 3492  崖の上から同方向を。

d0089024_17103313.jpg

↑ 3493  同じく崖上から銚子方面(足の裏に汗が出てきます)

d0089024_17123233.jpg

↑ 3494  なんとかスケール感を出したくて4枚ステッチで。…しかし失敗作ですね。スケール感は難しいなあ…
ここまでα700 & DT16-105

d0089024_17145448.jpg

↑ 3495  こちらはDSC-WX1のスイングパノラマで。
[PR]
by real_gontanopapa | 2010-01-06 17:17 | 風景

写真雑記帳


by real_gontanopapa