ホウジャク…今年最後かな?

ホウジャクやオオスカシバは「ホバリング」することで有名ですが、体の一点から伸びる羽の高速上下動だけで体制を保持しているわけで、「完全静止」というわけではないです。
そのため、合焦はしてるのに精彩感が無い(体を覆う針状の毛が解像できない)カットがおおくなります。

今回もストロボを焚いたりしたのですが、シンクロ速度が低速なので(1/125)かえってブレが大きくなったりと…いろいろ苦労させられてます(^^;



d0089024_1339876.jpg

↑ 3353  これは直射日光が当たる場所で、1/5000出せた。 ※TAMRON SP 180mm MACRO   1000×667ピクセル

d0089024_1352337.jpg

↑ 3354  1/1250では解像できません。

d0089024_135884.jpg

↑ 3355  ホトトギスにもようやく飛来してくれた。でも、中途半端に明るいとこんな結果に(-_-;  TAMROn SP 90mm MACRO

d0089024_143664.jpg

↑ 3356  適度に暗いと少し鮮明に… でも絞り込んじゃうと、それでなくとも煩い背景がぁ

d0089024_145141.jpg

↑ 3357

d0089024_1461686.jpg

↑ 3358  TAMRON SP 180mm MACROで。若干背景がスッキリする。

d0089024_1472011.jpg

↑ 3359  でも油断するとやっぱり「ゴースト」がぁ…(-_-;
[PR]
by real_gontanopapa | 2009-10-23 14:09 | 昆虫

写真雑記帳


by real_gontanopapa